話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕だけが蘇生魔法を使える!

AW

13.三人の憂い

 目が見えない。
 口が利けない。

 それがどれだけ辛いことなのか知っている人がいたら、今すぐに名乗り出てほしい!

 きっと君とは親友になれるから。
 親友枠で、1回だけなら蘇生してあげるよ。



 闇に閉ざされた沈黙世界の中で僕は目が覚めた。遅れて、頭とお腹と腰に痛みが襲う。でも、我慢できるレベルだ。
 感覚が研ぎ澄まされる。頑丈に結われた目隠し、猿ぐつわ……何も見えない、何も喋れないのはこのせいか。

 脚は自由だ。ゆっくり後退し、背中に縛られた手でまさぐり周囲を探る。

 慎重に1mほど下がると、手が何かに触れた。
 壁だ……布……タオル?カーテン?

(ゴンッ!)

 突然の打撃で吹っ飛ばされた……。
 鉄球の振り子のような物が後頭部を強打した。振り子時計の中に入り込んだのか、魔物の巣か……とにかくあっちは危険だ。


 身体を反転し、再びゆっくりと後退する。

 2mほど下がった所で、手が何かに触れる。
 柔らかい2つの膨らみ……まさか!?
 半信半疑を確信に近づけるため、意識を手に集中していく……蘇生魔法を使うとき以上に。

(んっ……)

 声!?
 僕の手は、さらに激しくまさぐる。

(あっ……んっ!)

 やっぱり、ラールさんだ!
 この感触は忘れない、絶対にラールさんだ!


 前から歩み寄る殺気を感じた瞬間、壁が胸にぶつかった!いや、これは壁じゃない……微かに感じる柔らかさ……ルーミィだ!

 人間サンドイッチ……どういう状況だ!?
 もしかして、これは夢なのか?
 落ち着いて記憶を辿るんだ……手は休めずに。



 ★☆★



 昨日は……聖騎士を蘇生させた。名前は忘れた。そして、ツインテールの吸血姫を泣かせた。グスカだったか。拠点に戻って食事を済ませた。ハンバーグだった。なぜか聖騎士と一緒にお風呂に入った。ひたすら股間を自慢してきた……骨に還れ。いつも通り、ルーミィとラールさんとお休みのキスをして、手を繋いで寝た。よし、ここまでは普通だ。いや、普通じゃないか。

 いつも通り、ダークエルフのアネットさん乱入で目が覚めた。いつも通り、起きたら隣に裸の妖精ミールがいた。いや、花の妖精か。そのあと、女子の楽しげな枕投げを眺める。普通の朝だ。

 ラールさんが、グスカ戦に行けなくて寂しかったからデートしたいって言ってきた。ルーミィも、聖騎士蘇生のときに連れていってくれなかったからとお詫びデートを要求してきた。返事をする前に連れ出されていた。よくある話だ。

 まだ記憶には続きがある。
 確か、何軒か食べ歩きをしたあと、路地裏にさしかかった所で事件が起きたんだ……。



 それは、空から舞い降りた妖精だった。陽光を背に、ひらひら羽ばたく純白の天使。まさに幸運の象徴、ケサラン・パサランだった!

 3人は必死に追いかけた!身長の差……いや、執念の差で僕が競り勝った!勝者に与えられるのは称賛だと信じていた。しかし、違った!


『動くな!!』
『武器を捨てて両手を頭に乗せろ!』
『膝をついて座れ!』

 えっ!?見回すが、周りには誰もいない。
 僕たちに言ってる……。
 両手を頭に乗せた状態で、詰め寄る警備兵の手を振りほどき、叫ぶ!自分の正義を信じて!!

「僕たちは、何もしていない!!」

『白々しい!窃盗の現行犯で逮捕する!!』

「ふざけないで!あたしたちが何を……」

 全員の目が僕の頭の上に注がれる。
 苦労して捕まえたケサラン・パサラン……もしや、君には既にご主人様がいたのかっ!?

 警備兵は無情にも僕から天使を奪い取り、そして無造作に広げた。

「「あっ……」」

『お前たち3人を、パンツ泥棒及びパンツ被りの現行犯で逮捕する!異論は認めんぞ!!』


 確か、このあとに一悶着あったんだ。
 僕たちの“勘違い”を、言い逃れだと言い張る警備兵たちが、無理矢理ルーミィとラールさんを羽交い締めにした瞬間、僕のリミッターが外れた。
 路地裏乱闘事件の犯人は僕たちだった。気づいたら乱戦になっていた。3人vs5人……結果は予想できた。そこで記憶が途切れている……。


 それにしても、普通ここまでするか?
 目隠し、猿ぐつわ、後ろ手に束縛……。
 留置場か拘置所か分からないけど、多分3人まとめて投げ込まれた。ミールがいれば助かったのに、今日は妖精会議があるとか言って飛んでいっちゃったし。

「ん……んっ!!」

 その後しばらく、僕たち3人は人間サンドイッチ状態でコミュニケーションを取った。意外と「あ・う・ん」のみで伝わるもんだ。

 多分だけど、ラールさんは「ロト君、大丈夫ですか?私たちは警備兵に檻の中に放り込まれました。大人しく待っていれば誤解が解けて解放されますよ、もう少し頑張りましょう!」って言ってる。
 ルーミィは「あんたがパンツを被ったから捕まったじゃない!あたしの縄を早くほどきなさい、ここから抜け出すわよ!」って言ってる。

 そろそろラールさんを解放しよう。生きてここを出られても、ルーミィに殺されそうだから。


 1時間かけてルーミィの縄をなんとかほどき終わったとき、コツコツと石畳を歩く数人の足音が聞こえてきた。ルーミィが見つかる!でも、自分でなんとかするはずだ……。

『このガキ共が例の魔法使いか?』

『左様で御座います、ボス』

『よくやった!すぐに準備をしろ』

「待ちなさい!あなた、あたしをエンジェルウイングのリーダー、ルーミィと知っての狼藉?」

 えっ……ルーミィ、何してくれてんの!?

『おいっ!ガキが1匹……』

「聞いてるわけ?仕方ないわ、交渉よ!!」



 ★☆★



 相変わらず僕は檻の中の人。目隠しと猿ぐつわをされた状態で、誰かの遺体と向き合っている。

 これが、ルーミィが交渉した結果だ。
 こちらは蘇生し秘密を守る。相手は僕たちの命を保証する。こんな条件、信用できるかっ!!絶対に死人に口なしの対象でしょ。

 でも、どうすれば助かるんだ?
 この状況では逃げられないし、遺体を人質にとるのも意味不明だ。生き返った人に懇願するしかないのか……天使か悪魔か分からないけど。助けて、ケサラン・パサラン!!


 まず、左手を置く位置を探る。
 これは……骨じゃないな……細いけど、脚?もっと上にいこう……これはおへそか……もっと上だ……あれ?またおへそがある……さっきのは何だったんだ?まぁ、気にするな……もっと上に……あっ、女性だ……女の子と言い直そう……この辺か。うん、ベストフィット!

 目隠しのお陰でいつもより集中できそうだ。毎回目隠しさせられたら嫌だな……おっと、雑念は振り払え。
 左手に意識を集中していく……僕の身体に眠る勇者の魂を感じとる。温かい力。それを練り上げ、左手から解放する!!

『こ……これは……』

 今頃、檻の中は銀色の光に満ち溢れているだろうね。猿ぐつわがあるから詠唱サービスはカットしますよ。天使か悪魔か分からないけど、清らかな魂を取り戻し、僕たちを救って下さい……天より還れ、レイジング・スピリット!!


 左手が胸の鼓動を感じとる。温かさ、柔らかさが次第に僕へと伝わる。蘇生は成功しただろう。記念に左手を数回握りしめ、解放する。うん、相変わらず美味しい役だ。

『キャッ!!貴方は何者なの!?あれ?私は……生きてる!?生きてるわ!!』

 僕が生き返らせたんだよ、お礼に命を保証して下さいよ、と言いたい。猿ぐつわめ……。

「こんにちは。あたしはクラン“エンジェルウイング”のリーダー、ルーミィよ。貴女はこの人、神の使いロトにより蘇生されたわ。でも、よく見なさい!貴女の父の所業を!神の使い、貴女の命の恩人に何をしているのかを!!」

 隣で号泣する父らしき人を無視してルーミィが女の子に迫る。神の使いとか嘘をついてるけど、今はスルーしよう。

『父様……』

「あたしたちを今すぐに解放しなさい!」

『畏まりまり……』
『ならん!!』

「むっか~!この、罰当たり!!無礼者!!くず人間!!分らず屋!!禿げ!!ロリ巨乳!!」

『くっ!……約束は守ろう。おい、馬車で2時間走ってからこいつらを解放してやれ』

『ボス……口封じしなくても良いので?』

『構わん!連れていけ!!』

 ルーミィさん……後半はどうでも良かったよね……。最後なんて醜い嫉妬だし。でも、助かったよ。ありがとう!



 ★☆★



 きっちり2時間後……馬車から草むらに投げ出されるようにして僕たちは解放された。散々なデートだったよ……。

「とりあえず、ルーミィありがとう。帰ろうか」

「惚れ直したでしょ!!」

「さぁ……」

「ロト君……いくら愛し合っているからって、1時間以上は揉みすぎよ……」

 あ、人間サンドイッチの時か。あれはああいう対話じゃなかったの?

「ちょっと、ロト!今の、どういうことか詳しく聞かせてくれない?」

「今日1日が勘違いの連続だったということだよ!さぁ……早く帰ってサンドイッチでも食べようか!!」


 結局、建物からケサラン・パサランを放り投げた女性も、警備兵さえも“ボス”とグルだったらしい。怒りを通り越して嘆くしかない。騙される方がいけないのだから。
 しかし、彼らの正体は分からないまま、一連の事件は僕たちの黒歴史として闇に葬られていった。

「僕だけが蘇生魔法を使える!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く