話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕だけが蘇生魔法を使える!

AW

11.愛情の報い【挿絵】

「3時間で3件も依頼が入ったのか」

「依頼の貼り紙は一旦外しておくわね」

「皆さん、ギルドの会議室を貸してもらえるそうです。移動しましょう!」


 不思議なこともあるもんだ。
 僕たちがギルドを歩いていると、握手を3回、サインも2回せがまれた。いつの間に有名人になったんだ?
 たまりかねたラールさんが、会議室を借りたいと受付のお姉さんに申し出たんだ。

「なによ!ロトってば、アイドルにでもなったつもり?鼻の下伸ばしちゃって……イヤらしい!」

『変態さんは変態さんだもん、ね!』

「何でだよ!僕は悪くないでしょ!?それより、アイドルはこっちだから!」

 僕はそう言うと、受付で渡された3枚の依頼書のうちの1枚をテーブルに置いた。
 空調魔法のせいか、紙はひらひらと回転しながら飛び、テーブルに着地する。
 その途端、14の眼が、食い入るようにある一点を捉えて離さない。


【蘇生依頼書】

 蘇生対象:クーデリア
 蘇生理由:クーちゃん愛!
 種族:人
 性別:女
 年齢:14
 死因:信じたくないけど、自殺?(毒物)
 時期:1日前
 職業:アイドル
 業績:俺たちのハートを奪ったこと!
 報酬:お金、物品、○その他
 メモ:
 依頼者の関係:クーちゃんファンクラブ


「なにこれ……ふざけてるよね!!」

『変態さんを越える変態さんだよ……』

 怒れるルーミィとラールさん。ドン引くアネットさん、フローラさんとレオナさん。無関心はミールとアーシアさん。1人喜ぶ、僕。

 世の中、ものの見方や感じ方は十人十色。だからこその多数決、数の論理。しかし、真の民主主義は少数意見の尊重にこそ重きを置くべきだ。

 このタイミングしかない。僕は勝負に出る。
 伏せていた他の依頼書2枚を裏返リバーす。


【蘇生依頼書】

 蘇生対象:チョコ
 蘇生理由:可哀想だから
 種族:犬
 性別:雄
 年齢:8
 死因:溺死(お風呂で溺れた)
 時期:今朝
 職業:飼い犬
 業績:毎日快便
 報酬:○お金、物品、その他
 メモ:
 依頼者の関係:ご主人様


【蘇生依頼書】

 蘇生対象:チュチュ
 蘇生理由:実験のため
 種族:ネズミ
 性別:女
 年齢:1
 死因:食べすぎ
 時期:1日前
 職業:実験用ペット
 業績:便秘薬の開発推進
 報酬:○お金、物品、その他
 メモ:
 依頼者の関係:市立病院実験課


「どうする?」

 勝ち誇った僕の顔を、ぬるい風が撫でていく。それは空調ではなく、僕以外……女性7人のため息だったのかもしれない。



 ★☆★



 会議室は異様な熱気に包まれていた。
 詰めかけたファンたちとルーミィとの溝が埋まる気配がない。見ている僕たちも疲れる。

『本当に俺の嫁が……クーちゃんが生き返るの?嘘だったら戦争だよ?』

「もしかしたら……クーデリアさんの自殺って、あなた方のいきすぎた行動のせいじゃないかしら?」

『俺たちの愛こそが、クー様を生き返す幸運を招いたのは間違いないって!』

「そんなわけないわ!あなた方がそんな態度だと、生き返ったとしてもまた死んじゃうわよ!」


 溝なんて、強引に埋めちゃえばいいさ。

「報酬についてなんだけど、僕から提案しても良いですか?」

『あぁ?金は嫌だぞ?小遣いはコンサート代で使い果たす予定なんだから。それ以外なら何でも構わないぞ!』

「何でも?なら丁度良かった。蘇生できたら、クーデリアさんは僕の彼女にするから、あなたたちは近づかないでください」

「「なっ!?」」
『『はぁ!?』』

 僕はルーミィたちに「任せておけ」と目で合図を送る。しぶしぶ引き下がる女性陣。

「本当に、心からファンを自称するなら、彼女の命と彼女の愛、天秤にかけてください」

『『……』』

「生き返らなければ、2度とクーデリアさんの笑顔を見れないんですよ?さぁ、決断を!!」

『くそっ、分かった……それでいい!』



 ★☆★



 僕たちは、クーデリアさんが眠っている自宅に来ている。突然の訪問で混乱するご両親に、ルーミィが落ち着いて説明をしている。なんかごめん、今回は流れで報酬がなくなるよ……。

 お母さんが泣き崩れてしまった。お父さんが彼女を運ぶようにして、クーデリアさんの部屋まで案内してくれた。
 ファンクラブの皆さま方は、さすがに外で待機だ。アイドルってのは、意外と身近なんだね。


 これがアイドルの部屋……クーデリアさんの部屋はとても質素だった。白を基調にした清楚な空間の中に、机とベッドがあるだけ。
 机には家族写真……仲良し家族なんだね、ならどうして自殺なんか……。

 ベッドで眠るクーデリアさんを見る。布団が掛けられていないので、全身が見える。白いひらひらの服から覗く手足が緑色に腫れている。
 金色の髪は輝きを失い、整った顔は穏やかに微笑んでいるようにも見える。苦痛から解放された幸せを噛みしめているかのように……。

 嗚咽を堪えながら、お母さんがルーミィの説明通りに上半身をはだけさせていく。すごく目のやり場に困るシーンだ。服が脱がされ、ピンクの下着まで外され、綺麗な胸が露出する。さすが……アイドル!

 僕はクーデリアさんの胸元にそっと左手をかざす。透き通るような蒼白い肌……その、なかなか立派な膨らみに優しく触れる。まだ柔らかみが感じられる。だいぶ慣れてきたけど、少し緊張する。

 雑念を振り払い、魔力を練り上げる。僕の心臓から涌き出てくる熱い力を感じ取る。目を閉じて集中力を高める。力の塊をゆっくりと、心臓から左手の掌に集めていく……。

 そっと目を開き、輝く左手を見つめる。銀色の光が溢れて出てくる。いつもより気合いを入れているためか、眩しいほどの輝きだ。
 魂を絞り出すように、詠唱を叫ぶ!

「この者の美しき魂に再び聖なる力を与える!
 天より還れ、レイジング・スピリット!!」


 激しい光の奔流がクーデリアさんの身体を包み込み、身体が光を纏って輝きを放つ!白く透明感のある綺麗な肌、輝く金色の髪が眩しい。
 僕は、残念な気持ちを抑えて胸の感触とさよならをする。そして、服を上半身に被せてあげる。なんて紳士なんだ!自分で自分を誉めたい。

 やがて……うっすらと両目を開けるクーデリアさん。彼女は無言で僕を見つめる。僕も、笑顔で見つめかえす。頬は紅く上気し、目には涙が浮かんでいる。

「落ち着いてくださいね。あなたは僕の蘇生魔法で生き返りました。奇跡は2度は起きません。命を……命を大切にしてください」

「クーは……生きてる?もう2度と死なないわ!だから、あなたの彼女にしてくださいっ!!」

「「えっ!?」」



 ★☆★



 初めてだった。ルーミィが泣かなかったことが。クーデリアさんが放った一言が、ルーミィの感涙を吹き飛ばしたみたいだ。
 ご両親やラールさんたちが泣き止み、落ち着くのを待って、クーデリアさんから理由を聞き出した。


「アイドルは楽しいけど、好きでもない男に付きまとわれるのが辛かったの。ファンには感謝してるわよ?でも……クーはね、自由な恋愛がしたいの。それが叶わなくても、公認の彼氏が居れば他の人が近づかないでしょ?それがあなた……ロトくんだったら、クーは最高に嬉しい!」

 ははは……あれだ。仮の彼氏になってくれというやつだ。アイドルは自分の身辺を守れるから助かるし、仮の彼氏はアイドルと付き合えて夢みたい。なるほど!恋人契約、一理ある。
 危なかった……自分がモテるなんて勘違いするところだったよ。寂しいけど、人助けだと思って頑張ろう!

 僕とクーデリアさんの熱い説得が効を奏し、もう自殺をしない代わりに僕とクーデリアさんが仮に・・交際することになった。ルーミィも、ラールさんも、なぜかアネットさんも不機嫌だ。

「クーって呼んでね、ロトくん!」

 クーデリアさんが僕の腕にしがみついてくる。将来的にだけど、アネットさんとラールさんに迫りそうな包容力が僕を癒してくれる。

↓クーデリア(awa様作)
<a href="//18730.mitemin.net/i208984/" target="_blank"><img src="//18730.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i208984/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>

「泥棒ネコ!ロトから離れなさい!」

「ロト君には、私たちという彼女がいるの!」

『私もね!変態さんは渡さないからね!』

「えっと……僕の意思は?」

「『関係ない!』」

 女性4人の視線がバチバチと音が聞こえるほどぶつかり合っている。クーデリアさんは、それでも僕の腕を離そうとしない……。

 思い描いていたハーレムとは何かが違う……ライオンの群れの中に投げ入れられたウサギのような?ハーレムって、こっちが現実か!!



 ★☆★



『ギャア~っ!俺の嫁が穢れていく!!』

『猿野郎!悪魔!クーちゃんに触れるな!』

『エンジェルウイングだかなんだか知らんが、戦争だ!もう、戦争しかない!!』


 結婚式のように腕を組みながら出てきた僕を、ファンクラブの方々が散々に罵る。ある意味、魔物より怖い。クーデリアさんが泣きそうな顔でしがみついてくる。

 そうだった!自分の命を絶つほど、解放されて笑顔で死ねるほど辛かったんだ。今こそ、僕が何とかしなければ!でも、何を言えば……?

「黙れ!!クーの気持ちも理解しようとしない奴なんて、もうファンなんかじゃない!
 あなた方がクーを好きなのは分かるけど、愛情ってのは……本人が辛いときにこそ、優しく見守って、応援して、励ましてあげるものでしょ!!
 あなた方は、それができたの?クーが自分の命を絶つほど辛かったときに、それをしてあげたの?僕なら、絶対に!どんなことがあっても!クーを守るから、守ってみせるから!!」

『……』

「クーデリアさん、泣かないで……あなたがどれだけ辛かったのか、魂に触れられた僕には分かっているつもりだよ」

「ロトくん……クーって呼ばなきゃイヤよ。私は、あなたのことを心から愛しています」

 勿論、演技だよね。返さなきゃ。

「僕も、クーを愛している!幸せにするから、ずっと、ずっと一緒にいようね!!」

「はいっ!!」

 そう言って、目を瞑り僕に唇を差し出してきた。アイドルだけど、女優もいける演技だね……。

 僕もそっと唇を重ねる。柔らかい。
 もし幸せに味があるなら、この唇と同じかもしれない。

 前方からは男性の悲鳴が、後方からは女性の溜め息が聞こえる。時が止まったかのような長い沈黙が続く。



 やがて、決意を帯びた声が沈黙を破り捨てた。

『クーちゃん……クーちゃんが幸せなら俺も幸せだよ!クーちゃんに彼氏ができても俺たちはファンを止めないから!だから、アイドル止めないで……笑顔を見せて!』

『俺が間違ってた……クーちゃんの気持ちも分かろうとしないで。悔しいけど、少年に任せる。でも、ファンは止めない!ファンとして応援し続けるからね!』

 穏やかな風が殺伐とした空気を吹き流していく。みんながクーちゃんの味方だ。本当に良かったよ。




 しかし、平穏な空気は長くは続かなかった。
 突如として現れた魔物たちに、ファンクラブ会員が一瞬にして狩られてしまったからだ。


『あなた!仕事中に抜け出して油を売ってんじゃないわよ!クーちゃん、主人が迷惑かけたね!ごめんね!あたしも応援してるから頑張ろう!』

『またクーちゃん追いかけて!自分の歳を考えなさいよ!あと、鏡も見なさいね?あなたがクーちゃんと釣り合うわけないでしょ!あなたには私で充分よ!』

 魔物の名を妻と言う。
 ファンクラブ会員たちは、愛情たっぷりのゲンコツを貰い、颯爽と去っていった。振り返り様に眩しい笑顔で手を振っている。クーデリアさんが振りかえす。妻はゲンコツを繰り返す。



「あぁ~!あたしもロトにあんなに熱い告白をされたいな~!クーちゃん、ずるいな!」

「私もです。でも、ロト君はルーミィとクーちゃん同様に私も愛してくださいね?」

『ちょっと待った!あからさまに私を認めてない発言だよね!?クーは認めるのに、私はダメなの?』

「アネットは歳が離れすぎだからよ!」

『ひど~い!私はまだ16歳なんだけど!』

「「えっ!?」」

「なら、ぎりぎりセーフね!ロト君の正妻と側妻は12~16歳って決まってるから!定員は5名よ!」

「ちょっ!?僕の意思は?」

「『関係ない!』」


 落ち着け自分。
 ルーミィは可愛い幼馴染みだ。ラールさんは可愛いお姉さんだ。アネットさんは変態友達?クーは仮の彼女だ。ついでにミールはペットみたいなもの。

 そう、僕にはまだ彼女はいない!3人とはキスしてるけど、あれは愛情表現と演技なんだ。そう、まだ僕は生きている。大丈夫だ!


 エンジェルウイングの拠点に帰還した僕たちの中に、なぜかクーデリアさんが混じっている。
 その後、クーデリアさんとエンジェルウイングの正式契約が成立したらしい。クラン専属アイドル……なんだそりゃ。どうやら、護衛をする代わりに売上げの一部を貰うそうな。まぁ、クランの看板娘?宣伝にもなるし、すごく可愛いからいっか!!

「僕だけが蘇生魔法を使える!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く