話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕だけが蘇生魔法を使える!

AW

5.恐怖の思い

「今日、あたしは2つの発見をしたわ」

「そうなんだ。僕は3つ発見したけどね!」

「何よ?」

「な・い・しょ!」

 ルーミィの料理が美味しいこと、ルーミィが意外と泣き虫なこと、ルーミィが僕を好きなこと!!

「まぁ、言うほどのことじゃないな!」

「あたしは言うほどのことよ!1つは、ロトのソウルジャッジの数値が驚異的な理由!あんな奇跡を起こせるんだもん。ある意味当然の数字よ。魂が煌めいてるんだわ!」

「持ち上げ過ぎでしょ!魂はそうかもしれないけど、頭の中は腐ってるかもよ!?」

「心も身体も魂に従う。あたしのスキルは表層を見る力はないけど、深層を正確に映すわ。魂を誤魔化すことは誰にもできない」

「よく分かんないけど、気持ち悪いからあんまり誉めないで!」

「ふふっ。もう1つはね、ソウルジャッジが万能じゃないってこと。-25の人があんなに純粋な涙を流すなんてね。数字だけじゃ分からないんだって気付いたわ」

「さっきの話と思いっきり矛盾してるよ?」

「甘いわね!矛盾してるように思えて、していないんだから!」

「よく分からん!てか、どうでもいいし!
 それより、何でクエスト掲示板の貼り紙を剥がさなかったの?」

「あぁ、午前中より午後の方が依頼が多いと思うの。審査は大変になるけど、選択肢が少ないと悪人を蘇生させちゃうかもしれないでしょ?だからね、今日はずっと貼りっぱなしにして、明日の朝早くギルドにチェックしに行くよ!」

「自称秘書様、了解しました!」

 慇懃無礼な態度で敬礼をした僕に、ぬいぐるみが飛んできた。もしかして、今日はこの部屋で寝る訳じゃないよね?その前にお風呂に入りたいんだけど……。

「お風呂に入りたいんだけど、昔みたいに一緒に入ったりするの?」

「ばか!ばか!ばか!!」

 うはっ!ぬいぐるみが大量に飛んできた。
 投げたら可哀想でしょ!?

「因みに、僕の寝る部屋は……?」

「本当はあたしの部屋の隅っこで寝てもらうつもりだったけど、変なこと言ったから、もう知らない!玄関で寝ればいいわ!」

『ただいま~!』

「パパだ!お帰りなさ~い!!」

 お、ルーミィのお父さん帰宅!
 お母さんみたいに敵に回しちゃダメだ。何とか味方につけて、ルーミィを諦めさせないと。



 ★☆★



『そうか。ロト君はそんな奇跡の力を持っていたんだね。ルーミィ、絶対に離れちゃダメだぞ。トイレ以外はずっと一緒にいなさい』

 待て!待て待て待て!!いろいろ突っ込みたくなるでしょ!いや、物理的な意味じゃない!!

『パパは分かってくれると思ったわ。ルーミィの旅を私たちで祝福しましょうね!』

「パパはいつもあたしの味方だもん!」

「あの~!ルーミィちゃんは泣き虫だから毎晩ホームシックで泣き続けますよ?」

『ロト君。ルーミィは君に置いて行かれたら、毎晩どころか毎日ずっと泣き続けるはずだよ。後生だから連れていっておくれ』

「パパがいいこと言った!その通りよ!」

 ルーミィが拍手している。ルーミィママとパパがハイタッチしている。なんだこの親子は!しょうがない。合宿中に精一杯嫌われるように頑張ろう……不本意だけど、最後の手段だ。

「分かりました!ルーミィ、トイレ以外はずっと一緒だよ!お風呂もベッドもね!!」



 ★☆★



 で、どうしてこうなった……。

「あんまりジロジロ見ないでよ!」

「お風呂が狭いんだから仕方ないでしょ!」

「……」

「……」

 タオルを巻いているとは言っても、12歳の男女が一緒にお風呂はいろいろ恥ずかしい……空気が重すぎる!もしかしたら、僕はルーミィパパの罠に掛かったのかもしれない……悪あがきしてやる!

「ルーミィ……」

「な……何よ?」

「本当は男の子でしょ?」

「失礼ね!何でよ!そんなわけないでしょ!」

「ほら、だって……僕の方が胸がでかい」


 その日は、ほっぺに紅葉マークを付けたまま、ルーミィのベッドの隅っこでぬいぐるみたちの中に埋もれて寝た。大いなる代償と共に、新たに1つの発見が加えられた。ルーミィはちっぱい。



 ★☆★



 翌朝、紅葉と一緒にお互いの羞恥心も和らいだ僕たちは、ギルドへと急いだ。昨日のお昼から今朝まで貼りっぱなしになっていた蘇生依頼の確認のためだ。

『ルーミィちゃんおはよ!たくさん依頼が来てるわよ?1日1件でしょ、どうするつもり?』

 僕たちは受付で8枚の依頼書を見ながら呆然としている。想定していたと言っても、いざ命を比べるとなるとプレッシャーで胸が押し潰される。ルーミィは最初から潰れているけど。

「とりあえず、クエストは一旦停止にしておきます。8件はこなせないので、慎重に選びますね……」

『仕方ないわよね。それと……昨日の依頼報酬が振り込まれているわ。50万リルって……間違いじゃない!?因みに、ギルドが手数料で5%頂く決まりなんだけど、あなたたちの依頼からは頂かないわ。これはマスターの指示よ。』

「分かりました!ありがとうございます」

 50万リル(5000万円)……貰い過ぎだから返そうって話をしたらルーミィに怒られた。あちらが付けた命の価値を、こちらで下げるなんて失礼だって。確かにそうなのかもしれない。僕たちのお金の使い途が、彼らに報いる唯一の方法だということで、受け取ることにした。



「あたしは、やっぱり書類審査だけで判断してはいけないと思う。時間はあるから全部の依頼者を訪ねて話を聴きましょう」

「労苦はいとわないけどさ、話を聴くと断りにくくなるし、逆に期待もさせちゃわない?」

「そこは説明するしかないわ。場合によっては新しいルールも付け足さないとね。死後2日以内とか、依頼者は家族に限るとか」

「そうだね、細かいところは優秀な自称秘書様に任せるよ。僕は胸を触るだけ」

 やば、言い方が悪かった!
 気付かれた?
 セーフ!
 良かった!!



 ★☆★



 僕たちは、ギルドに来てもらったり、こちらから訪問したりして、夕方までかけて全ての依頼者の面接を終えた。

 既に僕たちの結論は出ている。僕とルーミィの判断基準は全く違うんだけど、結論は偶然に一致した!

 ・魔物に殺された男性冒険者の蘇生
 ・魔物に殺された男性冒険者の蘇生
 ・魔物に殺された男性冒険者の蘇生
 ・自殺した男性の蘇生
 ・馬車に轢かれて死んだお婆さんの蘇生
 ・変な物を食べて死んだペット(猫)の蘇生
 ・強盗に殺された女の子の蘇生と犯人探し
 ・地層で見つかった怪しい化石の復元


「で、これだよね?」

 僕は1枚の依頼書を手に取り、改めて詳細を確認してみる。他の依頼については、ギルド側で断ってくれるらしい。やっぱり本格的に1日2回以上蘇生魔法が使えるか検証しないとね!


【蘇生依頼書】

 蘇生対象:ラール
 蘇生理由:蘇生と殺人犯探し
 種族:人
 性別:女
 年齢:15
 死因:強盗殺人(刺殺)
 時期:1日前
 職業:食堂の店員
 業績:お店の人気者
 報酬:お金、○物品、○その他
 メモ:
 依頼者の関係:両親


「ラールさんが無念すぎるし、犯人だって許せない、絶対に見つけ出して罪を償わせる!」

 義憤に燃えるルーミィに萌える僕。でも、自宅を訪問して話を聴いたとき、僕も泣いちゃったんだよね。

「よし、行こう!」



 ★☆★



 ラールさんのご両親が出迎えてくれた。僕たちと話をしたときからずっと泣き続けているようだ。

 因みに、ラールさん一家はフィーネで食堂を営んでいる。低所得者や冒険者を対象に、利益を求めずに低料金で料理を提供している。椅子やテーブルは全て簡単な手作りだった。

 ラールさんはそこの看板娘。長く綺麗な赤い髪に元気一杯の笑顔で、町中にファンがいるそうだ。僕の父さんも常連客らしい。父さんの弱味を1つ手に入れた。

「先に、報酬の件を……」

 ルーミィが言いにくそうに切り出した。秘書の仕事をしてるじゃん。僕なら無料にしちゃうな。

「見ての通り、私たちには十分なお金がありません。ですので、店が存続する限りですが、無料券を。こんなので釣り合うなんて思っていません!ごめんなさい、ごめんなさい!」

「頭を上げてください、立ってください!
 ラールさんに生き返ってもらって、明日の朝ご馳走になろうかな。僕にとってはそれだけで本当に嬉しいので!」

 1食の料理と人の命、か。昨日の50万リルとは真逆の報酬になっちゃったね。でも、横でルーミィが頷いてくれてる。これでいいんだね。


 僕はラールさんの部屋に案内された。ルーミィの部屋とは違い、質素な部屋だった。でも、とても好感がもてる癒される空間。

 ベッドに横たわるラールさんを見る。輝きを失った赤い髪、元気を失った表情を見ていると、無性に悲しみが込み上げてくる。

 蘇生魔法の説明はルーミィがしていたようで、上半身は完全に裸だ。自分で作った俺ルールだけど、正直、目のやり場に困る。

 僕はラールさんの胸元にそっと左手をかざす。中サイズで形の良い胸には、ナイフが刺さったらしい傷がある……そこに優しく触れる……冷たい。恥ずかしいけど真顔を貫く。興奮はしない。

 魔力を練り上げる。僕の心臓、魂のあるところ……熱い力が湧き出ている。目を閉じて力を感じとる。熱い力を……優しく動かしていく。力は、心臓……肩……肘を通って、左手の掌に集まる!

 ゆっくり目を開いて左手を見つめる。銀色に輝く聖なる光が溢れてくる。朗々と、厳かに、しかし全く効果のない詠唱を叫ぶ!

「……この者の魂に、聖なる銀の光を与えん!
 天より還れ、レイジング・スピリット!!」


 激しい光の奔流がラールさんの身体を包み込む!身体が光を纏う!傷が塞がっていく……皮膚が色を取り戻していき、やがて……うっすらと両目が開く。と、その瞬間、彼女の悲鳴が上がる!

『きゃーっ!!!』

 確かに僕の手はまだ彼女の胸に置かれたままだけど、歴とした医療行為で強制わいせつではないんだよ、多分。

 よく見ると彼女の意識はまだ殺された瞬間にあるのが分かった。僕は落ち着いて手を離し、声をかける。


「ラールさん、落ち着いてください。あなたは死んでいません!生きています!!」

 ラールさんはしばらくベッドの中で呆然としていたが、やがて僕と視線が合うと、泣きながら抱き付いてきた。

「えっ!?」

 柔らかい!なにこれ!!


「大丈夫です、大丈夫です!
 安心してください、安心してください!
 生きています!あなたは、生きています!!」

 僕は優しく背中と頭を撫でてあげる。
 年下の、しかも12歳の男の子に撫でられるとか、なかなかレアな体験でしょ!

 やっとのことで落ち着きを取り戻した彼女にシャツを着てもらい、僕はご両親に引き渡すべく後ろを振り返る。

 ご両親も、ルーミィも、鼻水を垂らしながら泣いていた。ラールさんがベッドから降りて、ご両親に抱き付く。ご両親も号泣しながら受け止める。ルーミィも一緒に抱き合って泣いている。



 2時間以上経って、やっと皆が落ち着きを取り戻した。本当に良かった。

 その後、ラールさんの口から強盗犯人の正体と、その日に何があったのかが告げられた。

 食堂の仕事を終えて帰ろうとしたラールさんを、常連客の3人が待ち伏せしていた。彼女は軽く挨拶をして立ち去ろうとしたが、力付くで引き倒された。その後、強引にいたずらをされそうになり、彼女は必死に抵抗した。想像を絶する恐怖と戦ったんだと思う。話をしながら身体はひたすら震えていた。気付いたら胸を刺されていて、痛みと恐怖と呼吸困難とで声もあげられず、意識が遠退いていったらしい。幸いなことに、彼女の身は汚されていなかった!話を聞き終わると、改めて皆が泣いていた。僕も貰い泣きしてしまった。


「辛いことを思い出させてしまってすみません。僕は犯人たちを絶対に許せません。捕まえましょう!」

 その夜、市長やギルドマスターの協力を得て、ランクB冒険者の3人が捕縛され、牢獄送りとなった。ラールさんの心の中に残された恐怖は、誰かが時間を掛けて癒してくれるだろう。


『ロト君……生き返らせてくれてありがとう。この2つめの命、あなたに捧げます!』

「えっ!」

「僕だけが蘇生魔法を使える!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く