話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

美人に転生したけれど、悪役令嬢の私に彼は振り向いてくれなかった

魔法少女どま子

告白もさせてくれない

 夕焼け。生徒のはしゃぐ声がそこかしこに聞こえる。 

 校内放送のアナウンスが、用のない生徒は早々に帰宅してほしいと催促してきた。私は思わず舌打ちする。こちとらさっさと帰りたいんだっつーの。 

 明日から夏休み。たぶん先生たちも忙しいんだろう。今日ばかりはいつもの吹奏楽の騒音も聞こえないし、野球部がグラウンドで走っている姿も見られない。きっとみんな、明日からの楽しい日々を思い描きながら帰途に着いたんだろう。 

 なのに私は…… 
 ため息をついて、私は自分の席に額を当てた。 

 ――放課後、教室で待ってて。 

 勇気を振り絞って翼くんに告げたのはつい二時間前のことだ。午後の授業が始まる前に、こっそり耳打ちした。確かに返事もあったし、聞こえなかったということはないはずだ。 
 来ないってことは、そういうことかな…… 
 六時限目が終わってから、もう一時間が経つ。翼くんは野球部だけれど、彼らが今日活動していないことは窓の外を覗けばわかる。 

 告白して、振られればそれまでだと思っていた。けれど、まさか告白すらさせてくれないなんて…… 
 憂鬱な思いを振りほどき、私は鞄を手にとってから立ち上がった。明日から楽しい夏休みだ。暗いことは忘れてしまおう。 
 教室を出て、とぼとぼと廊下を歩く。 

「前からずっと好きでした――付き合ってください、翼くん」 
  
 そんな声が聞こえてきたのは、私の教室から数歩先、別のクラスからだった。 
 ちょっと待って。翼くんって、まさか…… 
 高鳴る鼓動を感じる。かあっと顔が熱くなる。 
 私は無意識のうちに、その教室のドアに耳を摺り寄せていた。 

「ありがとう。俺もずっと、君のことが好きだった……」 
「……ほんと?」 
「ああ。いますっげー嬉しいよ」 
「でも大丈夫? 翼くん、葵ちゃんにも呼ばれてなかった?」 
「うん……いまから謝ってくるよ。だって……」 

 思わず私は数歩遠ざかった。 
 この声は、間違いなく翼くんと、クラスメイトの茜ちゃんだ。まさか茜ちゃんも翼くんを呼び出していたなんて…… 
 いや、と私は思った。重要なのはそこじゃない。翼くんはなんと言った? 好きなのは茜ちゃんで、私のことは…… 

 気づいたとき、私は走り出していた。途中先生とすれ違ったけれど、構わず全力で疾走した。 
 明日から夏休みだ。暗いことは、忘れてしまおう――

「美人に転生したけれど、悪役令嬢の私に彼は振り向いてくれなかった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く