話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

死霊術師は笑わない

神城玖謡

7話

「こいつ、一体なんなんだよ……」


 すっかり怯え切った様子のクレイ。1人の女がその背中に手を回し、一旦その輪から外れて行った。


「……しかし、まいったな。ただのアンデッドってなら倒して終わりだったんだが……」

「そうよね、まさか知性があるだなんて……」

「…………おい」


 うんうんと首を傾げ、悩む2人にアガミが声をかける。


「どうしたの?」

「いつ、に、なった……なわ、ほどいて、くれる……?」

「ごめんね……少なくともあなたの、その……正体が分かるまでは……」


 その答えを聞き、今度はアガミが頭を抱える。無論、手は縛られているが。


(どうする……ここで死霊術師ネクロマンサーである事を伝えた場合、細かい説明が難しいぞ。……それに、そもそも死霊術師とバレた時点で命を狙われるか)


 忘れてはいけないのが、死霊術とは禁術であり、一切の研究、修得、使用が禁じられている。

 しかし国によって研究されている場合があり、死霊術師は意外といる。
 いるのだが、それは極秘なものであり、所属する死霊術師も細かく管理されるのである。

 よって一般的には、死霊術師はただのA級犯罪者なのだ。


「なあ、お前自身、どうしてそうなったのか知らないのか……?」

(きた……)


 そしてついに予想通りの質問だ。

 アガミはどう答えたものか、一瞬考え────


「しりょうじゅ、つし、の、じっけんに……」

「……!?」


 己が死霊術の被害者である事にしたのだ。 


「そんな……なんでこんな子供を……!」

「落ち着け、ミレーア……なあ、その死霊術師について、なにか分からないか?」

「なまえ、わか、らない……いし、もった、アン……デッド、つくる、じっけん……」

「そいつがそう言っていたのか?」


 この姿が上手いこと作用した。小さな子供であるから、作文能力が低いだろうと一つずつ訊いてくる上、分からないと言ってもそれを信じる。

 アガミは内心で冷ややかな視線を送りながら、コクリと首を振る。


「そいつは……どうした? どうしてキミは1人でここにいた?」

「────きし、はいって、きて、ころされ、た。そのすき、……にげ、た」


 完璧なシナリオだった。

 これでアガミは、この少女は被害者であり、動物の生き肉を与える限り無害である、そんな存在になったのである。

 もっともこれは一時しのぎでしかない。この先どうするか、考えなければならなかった。


 そうこうする内に、残りの2人が帰ってきた。


 ギルと、ミレーアと呼ばれた女が事情を説明し、クレイは疑わしそうな目でアガミを見たが、その他3人とも少女を憐れんでいた為、なにも言えずにいた。


「とりあえず、これからどうするか考えるしかあるまい」

「まさか、街に連れて行く訳にもいかないし……」

「おいおい、その……聖騎士にコイツを渡せば解決だろ?!」


 クレイに、3人の冷たい目が向けられる。


「馬鹿なの? 聖騎士は、人間至上主義なのよ? さっさと殺されて終わりに決まってるじゃない……」


 ミレーアは吐き出す様にそう言った。


「けどよう、このままじゃラチあかねえぞ!」


 しかしクレイが言うことにも一理ある。

 気に縛り付けられた少女は、影を落とす面々をつまらなさそうに眺めながら、自身、そうやって生き延びるかを考えていた……。

「死霊術師は笑わない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く