話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

死霊術師は笑わない

神城玖謡

1話

 どこかにある、地下室。暗い部屋の中では、数本の蝋燭のみが光源となっていた。

 カッカッカッカッ──

 僅かに反響するのは、軽石をぶつけるような音。

 揺れる炎は、風が吹いている訳でもないのに揺れている。

 床に描かれているのは、円や幾何学模様が重なった陣。

 その部屋の主は、白衣を着た男だった。


「ようやくだ……」


 男は、絵で描いたような無表情をしており、その声もまた感情を含まない。ただただ仕事をやり切ったような、そんな色があった。


「かれこれ……30年か」


 男はそっと手元の白いモノを持ち上げる。


「君が死んでから、30年。ようやく完成したよ」


 白いモノ──小さな頭蓋骨を、大事そうに抱き抱えた。


「さあ──復活だ」


 男が、陣の中央にその頭蓋骨を置く。そして詠唱を始めた。


『錆色の土より還りし骨よ──黒青の冥界より還りし魂よ──』


 同時に、部屋の気温が下がり始める。蝋燭の炎が、寒々しい青色に変わっていく。


『──新たなる肉を得、虚ろなる眼球に光あれ──』


 陣がひときわ妖しく輝き、凍てつく疾風が渦巻き、蝋燭の炎が消える。


『──さあ──目覚めよ──』

「そこまでだ!」

「!?」


 いよいよ術式が発動されるかと思われたその瞬間、銀色の鎧兜で武装した集団が、突如として部屋に入って来たのである。


「貴様ら、ここをどこだと──」

死霊術師ネクロマンサーアガミ・アディクト! 禁術である死霊術ネクロマンシーを研究していた罪により、A級犯とし、即死刑を執行する!」

「なっ──!?」


 驚く男を無視し、銀色の武装集団は一斉に攻撃を始めた。




 それは、瞬く間に終わった。

 妖しくも美しく輝く陣は、それを描いた男の血によって汚れ、その豊富な魔力を吸い取った。

 そして禍々しい色に変わったと思えば、一気に光を強くする。

 銀色の武装集団もこれは予想外だったようで、退避ー! と叫ぶ間に、部屋は紫色の光に飲み込まれた。


 その日、ある魔法学者と数人の聖騎士団員の命が終わり、新たな命が始まった。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く