2度目の人生を、楽しく生きる

皐月 遊

35話 「感謝 」

突然剣魔学園の校門に転移させられた俺達は、グレンの言った通りそのまま解散となった。

俺は現在セレナとクリスとアリスの4人で王都を歩いていた。

「入学試験、思ったより疲れましたね…」

「そうだな、でも僕達全員合格できて良かったじゃないか」

「そうですね! 」

「明日からは楽しい学園生活が始まるんだね!」

「……………」

セレナとクリスとアリスが楽しそうにはしゃいでいる中、ただ1人、何も話さずに3人の後ろをトボトボ歩いている奴がいる。

…………俺だ。

「ねぇルージュ。 さっきまで元気だったじゃない、なんで今元気ないの?」

「そうですよ、何かあったんですか?」

「ほら、僕達に話してみろ」

3人が振り向いてそう言ってくる。

皆急に元気が無くなった俺を心配してくれているんだ、それは素直に嬉しい。

だが……皆が思っているような複雑な問題じゃない、俺が今元気がないのはもっと単純な問題だ。

「ま、まさかどこか怪我してるの?」

「何⁉︎ それは大変だ! ルージュ! 遠慮せずに言ってみろ!」

「い、いや…違うんだ」

「隠し事は良くないですよルージュさん! セレナさんは回復魔法が使えるんですから!」

「そうだよルージュ! 怪我くらい治せるよ!」

「いや……だからな…単純に…」

言いづらい、とても言いづらいが……皆が心配しているので言うしかない。

3人はこんなに元気なのに、俺がこんな事を言うのは凄く恥ずかしいが……

「あの……魔術を使いすぎたせいで…ちょっと…いや、かなりダルいんだよね今」

そう、俺は今単純に疲れているのだ。 昼頃から試験が始まり、今は夕方、その間俺は常に魔術を使っていた。

しかも中級魔法や複合魔術など、威力や消費魔力の大きい魔術ばかりをだ。

あの部屋にいた時は疲れは感じなかった、だが校門に転移させられた途端、安心したせいか疲れがドッときたのだ。

ぶっちゃけ立ってるだけでキツイ。

「えっと……それはつまり魔力切れって事?」

「まぁ…そうだな」

「とりあえず…どこかに座りますか?」

「そうしてもらえると助かる」

「ちょうどこの先に公園があったはずだ、そこに行こう」

クリスの提案で公園に行く事になった。

公園に行く際、3人は歩くペースを落とし、俺に合わせてくれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「あー…やっと座れる…」

公園に着き、ベンチが見えた途端、俺は速攻ベンチに座った。

うわ何これ、座るってこんなに癒される事だったのか。

「…なんかおじさんみたいだよ? 」

「ははは…もっと魔力増やさなきゃダメだなー」

俺がそう呟くと、3人は驚いた表情をしていた。

何か変な事を言っただろうか?

「る、ルージュさん…それ以上魔力を増やすんですか…?」

「できる事なら増やしたいな、そうすれば使える魔術が増えるし」

「今の魔力で満足してないとは……流石だな」

「その内私よりも魔力が多くなりそう……」

「気を抜いてるとすぐに抜かすからな。 ……なぁアリス、ちょっと聞きたいんだけどさ」

「はい? なんですか?」

アリスが首を傾げる。

多分この4人の中で1番頭が良いのはアリスだ、俺はアリスに質問する事にした。

「あのさ、すぐに魔力を回復する方法ってないのか?」

「え?」

「魔力を回復するには休むのが1番ってのは分かるんだけどさ、もし戦闘中に魔力が切れた場合、どうすればいいんだ?」

俺はずっとこれが知りたかった、魔力が切れたのでもう戦えません。 では迂闊に魔力を使えない。

しかも俺は移動手段に魔力を使う事が多い為、方法があるなら知っておきたいのだ。

「一応…あるにはあります」

「本当か⁉︎ どうすればいいんだ?」

「えぇと…”マギの実”という木の実があるんですが、それを食べれば魔力が回復すると聞きました」

なるほど、木の実か。 

ならそれを常に2、3個持っていれば……

「ですが……」

アリスが言いづらそうにしている。

「なんだ?」

「マギの実は、強制的に魔力を回復させるので、身体への負担が大きいんです。 
なので”子供は食べてはいけない、大人でも1つ食べたら2週間は食べてはいけない”という決まりがあるんです」

「……もし、1日に複数個食べた場合は?」

「えーと……後日尋常でない程の疲労が来るらしいです。 噂では、命に関わるかもしれないと…」

「い、命…⁉︎」

「だからルージュさん、マギの実には気をつけて下さいね」

「お、おう。 二個はダメなんだろ?」

二個がダメなら別に一個でも……

「一個でも、子供の内はダメですからね‼︎」

「はっ、はい…」

アリスに釘を刺されてしまった。 

それにしてもマギの実か……未成年が食べたらダメとか、なんかアルコールみたいだな。

「魔力とかの話をする前に、ルージュはちゃんと知識をつけないとね」

「うっ……」

セレナに痛い所を疲れてしまった。

そうだ、明日から勉強が始まるんだ。

学校に通う以上、勉強も頑張らなくては……

「なんだ、ルージュは勉強が苦手なのか?」

「…あぁ、問題を理解するのが難しくてな…」

「意外です、ルージュさんにも苦手なものってあるんですね」

「そりゃあるだろ……」

「もし分からない時は、遠慮せずに聞いてくださいね? 私、勉強には自信があるので!」

「おぉ、頼むな」

流石はアリスだ、とても頼りになる。

きっと育ちも良いんだろうな。

「さて…休憩したお陰で大分調子良くなってきたぞ」

「本当? 良かったー」

「んで、これからどっか行くのか?」

「どうしましょう…」

「もう夕方だしな…僕ら子供がうろついていい時間ではないだろう」

「そうだな」

皆が立ち上がり、荷物を確認する。

確かに10歳が街をうろつくのは危ないな。

10歳……なんだよな、こいつらも。

「…………」

「どうしました?」

「なんだ? ジッと見て…」

3人が不思議そうな顔をする。

10歳にしては立派すぎる、日本で10歳といったら、はしゃいだり、親にべったりとくっついている年齢だ。

この世界の人々は大人びた性格なのだろう、やはり日本とは違うんだなと思い知らされる。

「…いや、何でもない。 んじゃ解散するか?」

「ですね」

「では、また明日な。 同じクラスになれるといいな」

最後に軽く挨拶をして、皆公園で別れる。 

俺とセレナは同じ部屋だから方向は同じだけどな。

「今日、いろんな人と出会ったね」

道を歩きながら、セレナが言った。

「そうだな」

そうだ、セレナにとっては今日は初めての事だらけだったんだ。

アリスとクリスに出会い、初対面のフィリアと共闘し、知らない大人とも会話した。

ずっと人が怖いと言っていたセレナがだ。

「私、上手く話せてたかな…?」

「あぁ、何も心配する必要はないぞ。 アリスもクリスもいい奴だろ?」

「うん…フィリアも、皆私がエルフなのに…」

「皆がエルフの事を嫌ってる訳じゃないんだよ、それは今日分かっただろ? 
セレナは今日自分の力で友達を作ったんだ、それはすごい事だよ」

セレナは今日、3人も友達を作った。 ドーラ村にいた時のセレナとは違うんだ。

「ルージュのおかげだよ」

「何がだ?」

「ルージュがあの日、私を変えてくれたから、今日アリス達に会えた。 だから、ありがとう」

セレナが俺をジッと見て、そう言ってくる。

感謝されるのは嬉しい、だが……

「感謝するのは俺もだよ」

「え…?」

「俺さ、ずっと友達が欲しかったんだ、実際、セレナに説得されるまで剣魔学園に行くか行かないかで迷ってた」

あの頃の俺は、自信がなかった。

友達を作ろうとしても相手にされず、信じていた奴らには裏切られ、親にも嫌われた。

異世界に来て、ディノスに「剣魔学園に入学しないか?」と言われた時も、またイジメられるかもしれないと思っていた。

だがその思いは変わった。

「セレナに出会って、友達になって、剣魔学園に入学する為に一緒に修行して強くなった。 だから王都でクリス達に会えたんだ」

「……………」

「あの日セレナに会わなかったら、俺は今でも孤独だったはずだ。 だからあの日、俺と友達になってくれてありがとう」

「……救われたのは、私だけじゃなかったんだね」

「あぁ、おかげで今は毎日が楽しいよ」

「ふふっ…私もだよ」

俺の最初の友達が、セレナで良かった。

そして、この世界に来れて…本当に良かったと思う。

明日からは学園生活が始まる。 

向こうの世界とは違い……この世界では……楽しく、自由に生きてやる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二章  少年期 剣魔学園 入学編


「2度目の人生を、楽しく生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く