引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

小説家さんのご家族さん

 天龍寺琴音。
 神宮寺透の母と琴音の母が姉妹であり従兄妹同士である。両親からチヤホヤされて生きてきたため自分の願いはなんでも叶うと思ってしまいこれまで親の力を使って女王生活をしてきたらしい。

「……で、そのまま神宮寺さんは自分の婚約者だと勝手に決めつけて音は私の透様を奪う泥棒猫と思ってる。完璧に痛い子だね」

 躊躇いもなくまこちゃんが毒を吐く。大学生になってからも相変わらず女装――ていうか毎日やってるから証明写真見せないと男共がナンパしてくるって吉宗兄さん言ってた。
 声変わりしても少し低い女声だから仕方ないよね。でも男としては気にしてるそう。

「ねえねえ六条の力で何とかなんないの?」
「そうしてあげたいんだけど天龍寺は六条とも肩を並べる程の実力者なんだ。迂闊に手を出すと返り討ちに会う」

 えー。でも神宮寺が互角くらいなら親戚の天龍寺だって並外れたものじゃないよね。六条でも太刀打ち出来ないとなると手強い相手なんだな。中身薄っぺらな女王だけど。

「神宮寺さんから連絡とか来てないの?」
「仕事が忙しいんだって。今新入社員とかもあるし」
「なら直談判だな。次の休みに行くよ凛音」
「う……え、月海も行くの?」

 当たり前と言わんばかりの顔をすんじゃない。

「もしそこにあの女王がいたとしたらいくらあんたに味方の神宮寺さんでも窘められないでしょ。私がいればあいつなんてボコボコにしてやるわよ。だから存分にイチャつきなさい。そして私にリア充へのストレスを倍増させなさい」
「趣旨が違ってきてるぞ月海」

 という訳で月海と共に透さん宅へ行くことに。











 予想が外れ、女王様はいなかった。だけど私は違う意味で緊張することになってしまった。

「あなたが凛音ちゃんね。初めまして。挨拶が遅れてごめんなさいね」

 そういう貴婦人様はまあ美魔女。六条母さんとも良い勝負です。月海は隣でお茶飲んでるし透さんは執筆が今日締切だからそれが終わったら来るって言ってたしこの人の相手ってやっぱ私がしなきゃいけないんだよね?

「初めまして。改めまして根尾凛音です。こちらこそ申し訳ありません。本当はこちらから出向くべきだったのですが」
「あらあら良いのよ。なんてったって私の娘になる子だもの。そんな畏まんなくたって気軽にお義母さんと呼んでちょうだい」
「はあ」

 もうお分かりでしょう。この美魔女様は透さんのお母様であり私の義理の母――まだか。結婚してないし――であることさんである。

 いや一線越えたんなら挨拶行けよと思うじゃん普通。でもこの人と今日はいないけど義父様はラブラブで透さんに仕事全部投げ出して海外旅行に行ってしまわれた。
 それで帰ってきた途端に私に会いたいと透さんに我が儘を言って待ってたそう。

「まさか透があんなに欲求不満だとは思わなかったわ。ごめんなさいね凛音さん。まだ高校生なのに処女を奪ってしまって」
「いえ……え?」

 待て何でこの美魔女――じゃなかった琴子さんは知っているんだ? おいこら月海。お茶を吹き出すんじゃない。迷惑だろうが。私にも。

「ああ何で知ってるのかって? そりゃあもうあの子の内面は全て松崎に聞いているもの。いつ執筆してるとかちゃんとご飯は食べているとかちゃんと自慰・・はしているのとか」

あれ? もしかしてもしかしなくてもこの人かなりの変態? 息子の自慰まで聞いちゃうの?

「勿論聞くわよ。だってあの子の女性嫌いは尋常じゃ無いくらいなんだからもう楽しくて楽しくて」
「鬼……てか何でさっきっから心読まれてんですか」
「分かりやすいわよあなた。目は口程に物を言うってね? 月海ちゃんはあなたを弄りたくて堪らないらしいわね。何だか息が合いそう」
「ですよね琴子さん。良かったら連絡取り合いませんか? 凛音が息子さんを欲しがったらいつでも連絡します」
「あら良いわね。ところであなたその容姿凄い素敵ね。スッピンはどうなの? それナチュラル? 金髪は?」
「あ、これはですね。私の義姉あねの麗子という人が教えてくれたことでして……」

 はい空気になりましたー。ちょっと自分で言うのもあれなんだけど私一応主人公なんだけどなー。正直読書以外でももしかしたら琴子さんとのお喋りが趣味になりそうな予感してたんだけどなー。
 絶対この人虐めてきそう。性的な意味で。

「凛音」

 あ、透さん終わったんですか……って髪ボサボサ。ちょっとやつれてるし。何で色気が出てるのかはこの際無視しよう。

「お待たせ凛音。来てくれたのにほっといてごめんね」
「いえ。お仕事の方が大事です。それよりちゃんと休息取ってますか? 折角の美形が台無しですよ」
「美形?」
「やだ凛音ちゃん息子を美形って呼んでくれるの!? こんな読書にしか興味の無い男のことを」
「すいません琴子さんそれ私も当てはまってます」

 後さっきまで“さん”呼びだったよね? この人人見知り一切しないタイプ?

「母さん。頼むから凛音を巻き込まないで。そのグイグイ来る感じで女の人が逃げていくのは僕にとっては嬉しいんだけど凛音がいなくなるのだけは困る」

 ああ確かにこれが……ゲホンゲホン!! こちらの方が姑だったら話すのに疲れるだろうな。私の場合は月海がいるからまだ平気だけど。

「あらあら透がそんなこと言うなんて。天変地異が起きても言わないと思っていたのに」
「「そんなに?」」

 透さんと私の声が重なる。本当にこの人息子を何だと思ってんだ。

「今度は父さんも連れてきて一緒にお話しましょうか。きっと喜ぶわぁ。孫が出来るんだもの」
「母さん気が早い」
「そうでもないかもよ神宮寺さん。こいつタフだから精子とかすぐに受け入れて」
「月海」

 下ネタは止めなさい。もしかしたら低年齢も見てるかもしんないんだから。

「じゃあ凛音ちゃん。私は月海ちゃんとお喋りしてるから透とイチャイチャしてきなさいな」
「話終わっても先に帰ってるから……リア充滅びろ」

 それ口癖なの月海? ってあぁあぁ追い出すなよぉ。私と透さんは顔を見合わせて溜息を吐いた後とりあえず部屋に向かった。

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く