引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

閑話 双子様

 僕の姉は一言で言うならば特徴のありすぎる女だ。
金髪でナチュラルメイクなのにそれが一層美人な顔を引き立たせて。後は身長がとても低い。兄弟姉妹の中で一番低い。それが地雷だそうで踏んだ直後に爆発する質の悪いやつだ。

「……っ。ふぐ、ぬぅぅ」
「なにしてんの月海。自動販売機の前でぴょんぴょん跳ねて」
「そこまで実況してんなら分かるだろうが! 今日こそ自力でアイスティーを買うんじゃぁぁ!」

 アイスティーは一番上。月海は背伸びしてやっと真ん中ギリギリだから無理なのに。

「無理しすぎると腕つるよ。僕が取ってあげるから」
「ぶっ飛ばすぞ片割れ風情が!」

 いやそりゃ片割れですが。早く戻らないと凛音を待たせているわけだし。
 ポチッ。

「「あ」」

 ジャンプして届いた先にあったのはアセロラジュース。月海が一番嫌いな飲み物だ。

「「……」」
「飲め」
「断る」

 そのいらないものは弟に押し付ける癖どうにかしようよ。

「凛音なら飲んでくれるんじゃないか?」
「いや。あいつには何十回と渡したせいでもう飲んでくれなくなった」

 金の無駄遣い。

「風柳! お前に服作ってやるから飲め!」
「だからやだって。服はもうタンスに収まりきらないくらい入ってるからいらない」

 ちなみにその内店で買ったやつは僅か五着くらいだ。後は兄ちゃん達のお下がり。
 流石にこれ以上無駄遣いをしたくなかったのか――悔しがりながら――僕に押させた。最初からそうしてれば良いのに。






「やっぱりバレンタインも近づいてる訳だしダークブラウンにピンクのハート型刺繍が良いと思うの。勿論脇腹辺りに大きく一箇所だけね。後はワンピースの丈なんだけど」

 月海の部屋は型紙やら布やらでもうどこがベッドだかも分からない状態だ。まあいつものことだけど。ただ不思議なことが一つ。何で僕に女性服の質問すんの? 麗姉とかいるじゃん。

「皆忙しいの。それに風柳だってファッションに疎くは無いでしょ? 食事の次くらいには」
「まあね」
「ねえお願いアドバイスして。今度何か奢るから」
「うーん。ダークブラウンでも良いけどそうするとピンクが少し地味になるんじゃない? どちらかと言うと白生地に赤に近いピンクとか」
「それも考えたんだけどそうすると凛音が更に細くなることが判明した」

 あ、凛音に着させるのね。納得。ん? でも

「白って確か着膨れするんだよね。黒だと更に痩せて見えない?」
「私もそう思ったよ。そしたら顔の色白さ増しちゃってさぁ。悪い方向に」

 ふむふむ。要するに月海はバレンタインで凛音が病弱に見えないようにしようと。

「あ、ついでにエロさ増してね」
「……」

 言うと思った自分を殴りたい。ていうかワンピースって言ってる時点でもうアウトだったね。

「チョコ塗れになった体を神宮寺さんが隅々まで舐めとって凛音の精神は熱くそしてエロさ全開の火照りのせいで神宮寺さんの理性は崩壊。そしてリア充が爆発すれば良い」
「脱線してる脱線してる」

 前に一度彼氏を作る気は無いのかと聞いたら今はまだいらないと言っていた。だけどやっぱりラブラブ――あの二人にはあまりラブラブ要素無いけど――は見てて不快に思うらしく帰ってきた後は桃李兄ちゃんに八つ当たりしてる。

「ねえ風柳」
「なに?」
「お前の身長を寄越せ」
「急」

 これも月海と僕の日常茶飯事。もし会話がすぐに途切れて話題が無くなってもこうやって自分の願望を急に話し出す。

「何で御子柴家の女は身長が低いんだ。男はこーんなに大きくなったのに」
「まあでも女の子がバスケ選手みたいに百八十越えとかも怖いよ」
「それな」

 これにて話題終了。

「そういえば明日は唐揚げ定食と肉うどんとチキンカレーらしいよ」
「うっわ凛音が嫌がりそ。凛音の分の食券買っといた?」
「うん。一番重い定食」
「鬼畜〜」

 そんな月海もどこか楽しそうだ。やっぱり二年も凛音と会話をしてこなかったことが大分ショックだったんだろう。こう見えて結構繊細だからな。

「……よし」
「ん?」
「とにかくこれをさっさとあの子に着させることを目標にしよう。そのためには太らせないと」

 路線変更? 凛音を太らせて何でも着れるようにしようというわけか。

「きっと凛音のクローゼットなんて小物入ってないんだしアクセサリーも作っちゃお。よーし頑張るぞー」

 頑張れ。僕の姉さん。

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く