引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

引きこもり虫と大晦日1

 寒い。

「コタツが恋しい」
「大掃除が終わったら入れるから我慢」

 まこちゃんに窘められました。はい分かっています。使用人さんも家族と年を越したいだろうと言うことでいつも十二月二十九日から三が日はずっとすっからかんです。と言ってもそこまで使用人多くも無いけど。

 私は書庫とトイレにお風呂。華ちゃんはリビングと客室と洗面所。まこちゃんが玄関と台所。まこちゃんだけが少ないって? 面積的に玄関は廊下も含まれてるし台所も油とか洗剤で汚れ塗れになるしで一番苦労するのよ。
 で、父さんはと言うと

「父さん湿布持ってきたよ」
「すまん……今起き上が……ぐおぉ!!」

 張り切って書斎の片付けをしてたらギックリやりました。年もあるけどその余計な肉どうかした方が良いよ。そもそも何であんたから美形が産まれてくんのさ。

「凛音……全部、に出てるぞ」

 すまんね表情なくて。
 書斎はほぼ書類や書庫から取り出してきた本ばかりだったからすぐに片付いたし私の部屋も書庫も何とか綺麗になった。

「音。終わったなら華と一緒に行ってきて」
「おっけー」

 どこに行くのかって? そりゃあ勿論

「なんで迷路になってんだよ」

 前にお話ししたことがあっただろう。そう。六条家はとにっかく広いのである! 小さい頃はかくれんぼしてここどこ状態になったよ。六歳くらいね。
 でもね、それでカオスになるのが大掃除。

「……まず兄さん達はどこだ」

 書庫以外で沢山の書籍を見たことが無いし、無駄なものとかも無い家だけど物の位置がずれただけで迷路化する家って凄いと思う。
 とりあえず

「リビングを探すよ華ちゃん」
「イエッサー」

 えーっと玄関入って突き当たりを右に行った所がリビングだから。

「音ちゃんそこって階段じゃない?」
「え? あ、もう一個先か」
「え、でも行き止まりだよ?」
「……」
「……」

 迷った

「どっかしらの部屋に入ろう。全部の部屋に特徴あるし」

 という訳で左手にあったドアノブを掴む。

「……」
「……ここ麗ちゃんの部屋じゃない?」

 麗子姉さんの部屋は二階――あ、ちなみに三階建てね――あのさ〜

「いつの間に二階にあがってきたの?」
「あいちゃぁん! れいちゃぁん! まさちゃぁん!よ しちゃぁん!」

 華ちゃん、近所迷惑だから叫ばない。喚かない。

「六条家怖いよぉぉ!!」
「人様の家でそういうこと言わないの」
「まあからくり屋敷だから仕方ないわぁ」

 まーたそんなことを言って……ちょっと待て今の声華ちゃんじゃ無いな。
 この無駄にエロいようなAVに出てそうな感じの艶のある声って

「愛子姉さん」「愛ちゃん!」

 はもっちまったぜ。皆さんお忘れでは無いですよね? そう。六条家長女にしてその温厚な顔立ちからは想像出来ない程のドS・六条愛子様でございます。

「ごめんねぇ? 二人の声は聞こえたんだけどすぐに消えちゃったから探すのに時間かかっちゃってぇ」

 間延びした声だけどそれがイラつかないから姉さんは凄い。ちなみに吉宗兄さんに空手とか教えたのもこの人ね。

「他の三人はどうしたの?」
「家を四分割にしてお掃除してるのよぉ。GPSがあるから持ち場から離れることが無いのぉ。二人は私のゾーンだったのねぇ」

 家でGPS使うなよ。GPSって外で使うものだし室内完備してんのかあんたら。

「家が広いから特注で作ってもらったのぉ」

 すげえ

「あ、そうだぁ私の所も手伝って欲しいけど凛音ちゃんは正宗ちゃんのところへ行ってあげてぇ。書庫の掃除してるのだけれどいらない本とかはあげるからあなたが必要でしょぉ?」

 なんと! うちの書庫は小さ過ぎて父さんが本を買ってくれないことが多かったから大歓迎です。
 さてでは早速。

「どこ?」
「呼ぶわよぉ」

 姉さんが電話して――これこそ家電いえでん――正宗兄さんに迎えに来てもらった。

「助かったよ凛音。膨大過ぎて床にまで置く始末だよ」
「……ここまで凄いとは思わなかった」

 ひっろっ!! 首を九十度に向けないと頂上まで見えないし。ついでに言うと兄さんと話すのも首疲れるし。あんた今何センチだよ。また伸びただろ。

「とりあえず半分はやったんだけど必要の無くなった本があれね」
「あれ……百冊超えてると思います」
「数えたら百一冊だったよ」
「百一匹のわんちゃんか」

 半分やってあれとは。何回か往復しなきゃいけないパターンじゃん。あ、でもうちにあるものも。

「重複してるやつは古本屋に売ろうよ。その仕分けしてもいい?」
「うん。お願い」

 えーっとこれはある。これは無いこれはある。ないあるないないあるあるある……あ、これ新刊出たんだ。今回はどんなお話かな〜? 官能小説はどう考えたって麗子姉さんだな。もらうけど。

 数時間後。

「凛音お疲れ様。そろそろお昼らしいからご飯食べようか」
「……迷路」
「うちで食べてけば良いよ」

 おお太っ腹。では遠慮なく。



「凛音ちゅわ〜ん! 相変わらず可愛らしいでちゅね〜♡」
「痛い。おばさん痛い」
「おばさんじゃなくて冬桜子とうこって呼んで?」
「お母さん凛音窒息するから離してあげて」

 煤汚れた麗子姉さんが手を洗いながら促す。六条冬桜小さん四十二歳。ザ・美魔女です。
 二十歳で正宗兄さん産んだ強者です。シミも皺もありません。どうしたらそうなるの?
 後、娘と息子大好き。チルドレンコンプレックス。チルコン?

「うどんで良いぃ?」
「うん良いよ……蕎麦は?」
「それは夜」

 昼にうどん食って夜に蕎麦食うの? 相変わらずここの食生活がよく分からんわ。 

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く