引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

引きこもり虫と修学旅行2

 作戦その一は失敗に終わった。健人くんが隣に――っていうか通路を分けた先にいる女子と会話してしまったからだ。

「めんどくせえ! メンタル豆腐かあのチャラ男は」
「月海。聞こえるよ」

 飛行機を降りた私達は早速班行動……とは行かずまずは沖縄戦争についてを聞くことが一日目の予定だった。
 ここで作戦その二 気持ちを共感しよう!
 何これ作戦じゃないじゃん。

「奥田さんは涙脆いと聞くわ。沖縄の人達には申し訳ないけどそういう資料館へ行けば奥田さんは涙し、健人くんがそれを優しく守る。超良い発想じゃない?」
「地元の方には多大な迷惑だけどね」
「すみません!」

 でもこうでもしないとあの二人くっつかないよね。
 全く自分の気持ちを正直に話さないとかほんとチキンじゃないの? 私なんてもう一線越えた……これは別に良いんだよ!

 話を聞き終わり資料館も見たけれど結果は散々だった。

「わ、私、同情を軽々しく向けちゃいけないと思ったんです。だから泣きません! 泣くよりすべきことをします!」
「あ、ああうん。良い心構えだね?」

 変なフラグを作るな――!! その綺麗な心が今はうざったくて仕方ないわ。
 というわけで早速緊急会議。

「どうすんのこれ。一日目でこんだけ進展無いとは思わなかったわよ」
「いっそのこと健人くんに告白しろって言っちゃえば良いと思うんだけど……」
「言った。そしたら『あいつとは幼馴染みでいたいんだ。壊れるのが怖いからあいつが俺のこと好きになるまで待つ』と」
「あぁぁ!! ぶっ殺してえ!!」
「落ち着いて月海」

 うん。でもこれを言ったら十中八九――いや私達は抜くから十中五六?――とにかく全員リア充滅びろ状態になるだろうな。だって皆独身だし。

「肝試しとかもあるそうだからまだチャンスはあるよ。修学旅行で実らせなくてもきっかけさえ作れれば良いんだから」
「風柳……それは私が役立たずと言いたいのか?」
「え? いや違……」

 出た月海の思い込み。バスの中でようやる……ちょ、月海やるなら私巻き込まないで窓に押し付けられるから!









 某ホテル到着。帰ってきたのは――お邪魔したのは?――午後四時頃なので皆ヘトヘトだ。三人部屋なのでここは流石に男女バラバラ。
 そしてここでも作戦その三 恋バナでくっつけよう!

 私は寝ても……ダメですね。お風呂上がりでもう後点呼取るだけだしいいじゃん。

「奥田さんは好きな人いないの?」
「え!?」

 最初から超剛速球だな。まあ恋バナっつってんだけどさ。

「い、いえあの……お、お二人は?」
「私はいない。でも凛音はいるよ」
「え!?」
「何か?」
「い、いえ滅相もございません」

 こんな死神に好きな人なんかいるはず無いと? 好きかどうかは分からないが一線を越えることを許せる男性はいるぞ。

「もうエッチもしちゃったもんねぇ」
「エ……っ! い、痛かったですか?」
「ちょっとね。てか何で私の話になってんの?」
「良いじゃん面白いし。ほら続き」

 おい月海お前趣旨忘れてるだろ。

「透さんのはとりあえず犯罪級のでかさだった。後はいっぱいイイとこ突かれたから体が言う事聞かなくなって結局透さんの体にしがみつきながら喘いでるしかなくて……何やってんの月海」
「録音」

 やめろや!!

「い、いいとこってその……じ、ジースポットなるところですか?」
「そんなもん……ん? ってひゃあ!?」
「え、そんな声初めて聞いた。で、何で表情は変わんねえんだよ」

 やめろっつってんだろーが! ちょっとどこ触ってんの! いくら一緒に風呂入ってるからって胸を揉むな!

「奥田さん。こいつの胸を揉んで」
「……はい?」
「私はそのジースポを探すから」
「おい何やっとんだ月海!」

 私は何だかよく分からないスカーフ? ハンカチ? で手首を縛られた。いつ縛った!?

「ほら早く〜。でないと奥田さんにもやっちゃうよ〜?」

 変態親父か! お、奥田さんも乗らない! ほどいてよ。

「す、すみません根尾さん。私も女の子の体には興味がありまして」

 あんたも変態かい! ちょ……浴衣を脱がさないで。あんたには着エロ萌えというのが分かんないのか……わかんなくて良い! ぬ〜が〜さ〜な〜い〜で〜!!

「……っうん」
「小さいのに柔らかい」

 喧嘩売ってんのかこら。ちょ、やめ、先端つままないで!

「や、めて。お腹が……疼くから」
「凛音が悶えてる。これ動画にして鑑賞会しよ……」
「月海が作った服全部ビリビリにするけど」
「やだな〜冗談じゃないですか凛音様〜。お腹が疼くんだっけ。じゃあ早速拝見致しましょう」

 脱がすな! そっちは女子でもアウトだから!

「白無地パンツって男を誘ってんのかい嬢ちゃん?」
「誰だお前」

 今の私は帯で辛うじてお腹の部分は隠れてる状態。大事な部分は丸見え。足を広げられて自分でもひくついてるのが分かってしまう。

「官能とかでよく言うけどヒクヒクってこんな感じなんだ。ねえねえ指入れてもいい?」
「だめにきまっ……て!?」

 月海が人差し指をグイグイ挿れてくる。

「超締まってるよ。こんなに敏感だったのあんた?」
「うっ……さい。月海だってきっと、こうな……っんああ!!」
「ちょ、しーしー!」

 隣に友達がいるからって。なら中断してくれ!

「ここがそうなんだ〜きもちい? きもちい?」
「っんんう〜〜」 
「よしよし。こんな可愛い凛音初めて見た〜イキそう? ねえねえイキそう?」

 私は堪らずコクコク頷く。この頃キャラ崩壊が凄いけどそれ私のせいじゃないよね。

「奥田さんもっと激しくしてあげて」
「は、はい!」

 モミモミ、グチュグチュ、ギュー

「ふ……――――!!」
「かぁわいい凛音。奥田さんもそう思わない?」
「え、あ、はい。エッチって気持ち良さそうですね」
「ねー。じゃあ次は……」
「寝てますかー?」

見回りの先生の声が聞こえてきた。
急いで月海が浴衣を着せる。プロかあんたは。

「早く寝なさいな。電気消しますよ」
「はーい。おやすみ先生!」
「おやすみなさい」

 な、何とかバレずに済んだ……ところで私何で弄られたんだっけ?


 結局作戦失敗

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く