話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

引きこもり虫と文化祭2

 さあやってまいりました文化祭。一日目は言う事無し。ただ写真撮られて――女子はミーハー女子に、男子は面白半分又はガチのゲイに。私は来んなオーラを佐藤くんと見せつけてやった――予想以上に売り上げが伸びて品切れになって急いで次の分を発注したり。

 今のところうちは出し物の中で二位らしい。凄い凄い。メンタルはやられてるけどね。

「皆お疲れ様。明日羞恥心に勝って一位を目指そう」
「「「お――!!」」」

 おー……あ、そうだ。私の衣装は執事さん。無表情でまこちゃんと華ちゃんの間の子だからまあ端正な顔立ちはしてるのでクラスの女子から

「死神のくせに何でイケメンなのよ」
「死神じゃなくて女でも無かったら……うぐぅぅぅ!」

 死神っていうかね。生まれつきなの。仕方ないでしょ。ん? 何月海……

「ちょっと」
「な、何よしにが……根尾!」
「……君みたいな美人な人を他の野郎に見せたくない」

 その女子は思いっきり鼻血を出して緊急搬送。保健室にね。てかこれキザ野郎が『星色夜空』で真理を口説いた言葉。まあ親友を前にして見事玉砕されたんだけどね。はっ、ざまあ。
 あ、それはさておきこれは月海がニヤニヤしながら何か口説けと言われたから咄嗟に思いついた言葉ね。

「さあさあ女生徒さん。今なら無料でイケメン凛音の生ボイスが聞けますよ!」

 クラスメイトは少したじろいだ後、私が風柳の指示通りに座って少し足を――股を?――開いて流し目を送ってみたら我先にと寄ってきた。

 で、それを麗子姉さんに言うと大爆笑。「酒のつまみに出来るわ」とかほざいてた。勿論三家の女には効きませんぜ。

 そして待ちに待った(?)二日目。一般公開なのでチケットさえ持っていれば入れる。家族はいらないけど神宮寺さんは必要。友達? いないっつってんだろーが。

 皆が来るのは午後。神宮寺さんがお仕事終わりにって話し合ったら私達のシフトど真ん中。月海だな。これやったの絶対月海だな。

 余談を言うと私のこのイケメン――なのか?――顔は生徒のお母さんだけに留まらず他校の生徒や受験のために見学に来ている方々までもを釘付けに。
 頼む離れてくれ。このまんまじゃばあさんになっても姉さん達にからかわれる。
 そして神は無情にも何だかよく分からないハーレム状態の中で家族を連れてきてしまった。

「あっはっはっは! ウケる! あの凛音がイケメン扱いとか……待ち受けにして大学で知らせるわ!!」
「んなことしたら殺す。ねえ何で華ちゃんとかもいんの?」
「仲間外れは嫌だから」
「そうよ音。私達だってからかいたい……じゃなくて妹の大事な高校生活を見てみたいのよ」
「黙れオネエ」
「オネエじゃないから! 月海が着せてくれただけだから!」
「いや、お前はオネエだ真」

 言い忘れてたけどまこちゃんは何故か女装癖があって吉宗兄さんとデートしてる。心底嫌そうだけどね兄さんは。でもこれがまた似合ってんだわ。
 私達もしかして性別逆にされたんじゃない? って今では思うぐらい。

「とりあえず食ったら出てけ」
「凛音ちゃんストレス溜まり過ぎて軽くメンタルやられちゃってるわねぇ」
「凛音。食ったらって言うんだったら中に入らせて? 後その黒いオーラをどうにかして」
「久しぶりだねこんなに感情表してるの。こういう時って六条家より怖くなる前兆じゃない?」

 好き勝手言ってくれるね平和主義を名乗る平和破壊者。ああここは教室前の廊下です。お客さんが並んでて彼らはもう少しかかりそうです。

「かーえーれ。かーえーれ」
「心の声をぶちまけない」
「つか職場に戻れや妹」

 風柳と月海が来ました。え? 今佐藤くんともう一個の班――八人体制で行っております――四人のみ? あ、やべ恨み買う。

「風柳も月海もよくお似合いで」
「そりゃあ私が衣装担当ですから~? どんないかつい人でも華麗な女の子にしてみせますわ~。というわけで神宮寺さんカモン!」
「え?」

 今まで空気になってた神宮寺さんに火の粉が飛び散る。凄いよ。桃李兄さん並の空気だったよ。

「かっわい~女の子にしてあげるからカモン。そして男にチヤホヤされるが良いさ。リア充が……」
「君達ストレス抱えてるんだね」

 ごめんよ神宮寺さん。学生は学生なりに頑張ってんだわ。

「じゃあそろそろ戻ります。恨み買ったら私色んな意味でめちゃくちゃにされそうなので」
「されちゃえ~貞操奪われてきちゃえ~」
「死ね」

 麗子姉さんにトレイをぶん投げる。見事にキャッチアンドリリース。だからってバレーボール形式でやんないでくれ。キャッチが大変だわ。

「なあ根尾」
「何?」
「男三人のうちどれがどれだ?」
「ごめん。五人いるんだわ。コスプレ染みた人が私の兄、それに引っ付かれてるのが吉宗兄さん、のほほんと一番年長が正宗兄さん、一番まともなのが神宮寺さん。後空気に溶け込んでたけど影が薄いのが桃李兄さん」
「……とりあえず神宮寺さんがまともってことは覚えとく」

 出来れば吉宗兄さんも覚えといてあげて。あの人がクールになったのあのキャラが濃すぎる末っ子に産まれたからもあるから。
 順番回ってくんのはや! じゃない、皆あの美男美女オーラに負けたのか。だよね。皆悪くて中の上顔だもんね。分かるよその気持ち。え? お前もそのうちの一人? まっさか~……女の私はそうじゃないんだよ。男だからそうなってんだよ。

「神宮寺さんに女装させるまでここから立ち去らない!!」
「焼きそばぶっかけてやろーか」
「何で喫茶で屋台のもの出してんの?」

 仕方ないでしょ食べたいもの提案したら唐揚げとかたこ焼きとか居酒屋喫茶になったんだよ。

「凛音ちゃんお酒はぁ?」
「あると思うなら一旦警察行きな愛子姉さん」

 それか精神科に行きな。神宮寺さんはもう相手しなくて良いからね……

「吉宗ちゃ~ん。まこ、お腹空いちゃった~あーんして♡」
「凛音、凛華。こいつどうにかし……」
「「無理」」

 即答。

「働けっつってんだろーが凛音――!!」

 そんなパニックが起こりましてシフトが終わった後は早々に終わるまで出禁にされました。その間私達は別行動することに。最初からそうしてくれよ鬼畜兄弟ども。
 何の気を利かせてるのか私は神宮寺さんと二人きりで回ることに。吉宗兄さん後で塩送ってあげる。

「……何か慌ただしい感じだったね」
「面目ない。あの兄弟がいなければもっと大人しいです」

 私は衣装のまんまなので端から見ればイケメン二人が廊下を歩いていることになる。手なんて繋いだらやばい噂が流れるわ。

「凛音さん。意外と男装似合うんだね」
「……褒め言葉?」
「一応?」

 疑問形?

「疲れましたね。神宮寺さん行きたい所は?」
「特に無いけど。君は……無いよね」
「ご名答。ではこちらに」

 神宮寺さんをある場所へ誘導する。








 ちゅ。ちゅく、じゅる……ちゅううう!

「……っふぅ。あむ、はあ……っん!」

 ここは最上階――五階――の端っこ。教科準備室? で普段もあんまり使われてない。なんてったって人が五人入れるかも分からない程の……何でそんなの作った。不順異性交遊を促してんのか? 実際進行形でやっておるが。

 喧騒が離れ、とにかく静か。昨年は出し物も抽選で出来なくて暇だったからここで一日中本を読んでた。

「凛音。苦しくない?」
「大丈夫……ですっ」

 激しいキスで若干腰が震えてるけどまあそれだけだし。神宮寺さんはこの頃二人きりの時は私を『凛音』と呼ぶ。私も神宮寺さんを『透さん』と呼ぶ。だからこれからは透さんと呼ばせてもらおう。その方が作者も楽ゲフンゲフン!!

 透さんは女嫌いだけど思春期の頃にそういう体験が無かったせいで知らず知らずの内に欲求不満な体になったっぽい。あくまで“っぽい”だけど。

「今何時くらいだろう。そろそろ戻らないと心配するかな?」
「メールで『先に皆帰ってるから時間ギリギリまでイチャついてろ。そしてリア充爆ぜろ』と月海から届きました」
「申し訳ない」

 赤面しながら私を足の間に挟む。五時に終わるけど四時三十分からは片付けも始めてしまう。今は四時だ。

「もう少ししますか?」
「……じゃあ」

 透さんの舌が容赦なく私の口腔内を舐め尽くす。少し逃げては追いかけられ絡められ吸われる。
 下半身が何だかひどく疼く。私はそれを透さんに伝えてみる。口頭じゃないよ。透さんの手持ち無沙汰の手をその疼いてる部分にあてがってるの。ビッチって言わないでね。痛くなるまで我慢してたの。

「んっ……んん! んぅぅぅぅ!!」

 Gスポット? 的なものを素早く見つけられ押される。ビクビクして仕方ない。

「ん、ん、ん! ひょお、りゅしゃ……」

 キスのせいで舌が回んない。挿入もどんどん速くなっていく。あ、やばい。そろそろ限界……っ!

「――――っ!!」

 目の前がスパークする。透さんの指を否応なく締め付けてるのが分かる。口を放され喘ぎながら下を見るとまああられも無い姿に。男装ってことはズボンだからパンツと一緒に脱げて大事な部分は丸見え……何か漏らしたみたい。床に液体があるしそれを自分が出したものと思いたく無いんだけど。
 てか透さん見ないで。流石に恥ずかしさもあるから。

「気持ちよかった?」
「……あい」

 呂律が回りません! そんな蒸気した色っぽい顔でこっち見ないでください。

「透さんには何も奉仕してませんけど……十分で出来るかな?」
「しなくていいよ。我慢出来なくなる」

 再度軽くキスしてから透さんは帰り支度を始める。
 私はとにかく腰を落ち着ける。ガクガクしてるから。こんな中で行ったら月海と風柳にはバレる。能面顔でもバレる。

「本当は君が落ち着くまでと言いたいんだけど生憎無理だね。それじゃあ凛音。また今度」
「はい。お気を付けて」

 さてと。私も片付けに行きますか。その前に。
 くちゅ……。
 名残が残ってる中は指をしめる。何か指以上のものが欲しいな。
 そう思う自分が何故か無性に怖くなった。

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く