引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

引きこもり虫の旅行〜前編〜

「凛音――!! 今年こそは逃がさん!」

 来てしまったか。もう今は健康そのものだし仮病も使えん。

「二年よ! 二年もあなたのいない旅行を耐えなければならなかった私達の思いを知らなかったでしょうね!?」
「そんなに私重要視されてないでしょ」
「されてます! 家族がいないのを喜ぶような奴がここにいると思ってるの!?」

 すいません思っていません。でも何もそこまで感情的にならなくても。
 あ、皆さんどうもご無沙汰してます凛音です。説明しますとね。三家もとい六条家は別荘を持っているのです。凄いよね。そこに夏休みの二日を兄弟姉妹で過ごすことになっております。
 前も言いましたけど私が他の人達とほとんどコミュニケーションを取っていなかったように旅行も風邪で行けませんでした。これはガチの風邪です。夏風邪怖い……え? 学校は? そんなの逃げるか風邪かです。

 まあ高一の頃は興味本位でいじめてくる奴が多数でしたので月海達を極力遠ざけた方が良いとも考えました。で、本題に入りましょう。

「今年こそ連れてくからね! そうと決まれば水着買いに行くわよ!」
「え、スク水で良いじゃ……」
「駄目」

 え――。







 折角の休みなのに。てか何で華ちゃんと麗子姉さんまで付いて来てんの? たかが水着買いに来ただけじゃん。

「音ちゃんほんとに興味なさ過ぎるよ。良い? 海に遊びに行くのにスク水なんてそんなのコスプレイヤーしか今時やらないんだよ」

 コスプレイヤーなんていつ覚えた。あ、学校か。

「凛音は肉付いてないからあまり露出は控えた方がいいね。特に胸とあばらの部分」

 うっさい黙れ。

「えーでもビキニとか着せてみたいよ。神宮寺さんだって喜ぶんじゃない?」

 その言い方人によっては変態発言だよ……え?

「神宮寺さん呼ぶの?」
「当たり前じゃん何言ってんの凛音」

 どこが当たり前? ねえどこが? メールでも教えてくれなかったよねあの人。

「あ、じゃあ凛華。キャミソールは? お腹と胸は隠れるし神宮寺さんも露出はあまり得意じゃないんじゃない?」
「あ、そっか。やましいこともまだしてないんでしょ?」

 ギクリ。キスのことを話したら絶対からかわれる系だわ。ここは静かにしてよう。

「じゃあ凛音。まずはこれ着て」

 ピンクのキャミソールにめっちゃ短いパンツ。寒そう。クーラーガンガンの所で着るものやない。
 まあ良いや。

「……どう?」
「ピンク似合わないね凛音」
「悪かったね」
「じゃあ水色は?」

 はいはい着てみますよ。

「どうよ」
「びっみょ〜〜う」

 黙れ怒るぞ……あれ。

「でもそうするともう無いんじゃ」

 青もピンクも駄目なら後は紫とか黒だけどそうするとがっつりエロ下……ゲフンゲフン大人っぽい水着になるぞ。 

「麗ちゃんの水着もね〜。私達はサイズ合わないし」
「愛ちゃんの水着は? 緑色だし露出少ないし」
「じゃあ愛子姉さんはどうすんの?」
「愛ちゃんと正ちゃんは仕事で夜来んの。聞いてなかったな」

 聞いてるも何もそんな話し合いをしていたのかい。
全くそれなら私も夜にさせてくれよ。ぷんすかぷんすか。







 後日。神宮寺さんと、正宗兄さん愛子姉さん以外の面々で静岡に向かう。あ、そうそう言い忘れてた。

 私達標準語で話してるけど家は京都です。何で訛ってないかって? 作者が東京の人だか……

「凛音、誰に向かって言ってんの?」
「何でもない」

 まあいつかは訛ります。それで何時間か車に揺られ到着。

 水着にお着替えしましていざ浜辺へ。うわ、人多いよ。

「お待たせ〜準備出来た?」
「出来たけど……麗子、露出が強くないか?」
「これくらいが良いのよ吉宗」

 麗子姉さんは真っ黒のビキニ。布の面積少ない。吉宗兄さんはそんな実の姉に呆れてる。

「可愛いね凛華。黄色が似合ってる」
「ありがとまこちゃん。まこちゃんもスタイルいいね」

 はいそこー兄妹でイチャイチャしない。華ちゃんを誘惑しないように私が試着したようなものの黄色バージョンを着ている。パッション系が似合うんだよね。

「ねえ風柳〜お姉さんに綺麗だねって言ってくれないの?」
「はいはい綺麗綺麗」
「桃李ちゃぁぁん!!!!」
「大丈夫だよ。月海が可愛いから風柳も照れてるんだよ」
「兄ちゃん変なこと言わないで」

 月海もビキニみたいだけどおへその手前までと、決していやらしくないくらいまでのフリル水玉。毎年質問されてるから風柳ももう飽きたんだろうね。
 ねえ風柳。だから何で大食いなのにそんな痩せてんの? 後桃李兄さんめっちゃお久しぶりです。かまってやらなくてすいません。
 これで愛子姉さんと正宗兄さんがいればよかったのに。

「……凛音さん」
「あ、はい何でしょう神宮寺さん」
「その……可愛らしいですねその水着。似合ってます」

 私の水着は緑色で植物が描いてあるワンピース。愛子姉さんワンピース好きだよね。でもこれパンツが食い込む。

「どうもです。神宮寺さんも急なお誘いすみません」

 そう。神宮寺さんも行くと言ってたけどそれはまだ了承も取っていなくてほぼ前日に連絡した(らしい)。それでよく嫌な顔せずに来てくれたな。

「凛音さんと外出なんて滅多に無いし、僕も暇だったので。それに誘ってくれてお礼を言わなければいけないのは僕の方ですよ……おかげで珍しい水着姿も見れたし」

 最後聞き取れなかった。何で急に小さな声になったの?

「お二人さ〜ん? イチャイチャなら遠くでやってください〜い?」

 月海がにやけながら真ん中に入る。神宮寺さんそんな慌てなくても。

「まだまだ時間はあるからね。さあ。たっくさん遊びまくるよ!!」
「「「お――!!」」」
「……おー」

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く