引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

引きこもり虫とイチャラブ?

「神宮寺さん」
「はい?」

 唇を合わせる。

「……」
「黙ってないであなたからもなさってください」

 今は女嫌いを克服しようとしてるんですから。
 あ、すみません。急にこんなことして。はい。ネタ切れです。思春期真っ只中だからやましいことしか頭に残ってきません。助けて。

 が、私に向けて放った作者の心情です。知るか。
 それで今は神宮寺さんのお宅に上がらせてもらい、絶賛特訓中ですよ。

「君は恥じらいを持ってないの?」
「持ってますよ。でもキスの一つや二つにどうして恥じらわなきゃならんのです」
「……うん」

 黙らないでくださいこっちも困ります。前なんかあなた私が息詰まる程の激しいキスしたでしょ?
 さあ。さあするのです。え、ビッチ? いいえ私は決めたのです。訪問したら絶対神宮寺さんからキスさせると。キスさせてから読書すると。だからさっさとしろ――!!

「……はあ」

 は〜や〜く〜

 ちゅ。

 小さく音を立てて強く唇を押し当てられる。そのまま舌をねじ込まれ……え、何故? まあ良いけどさ。

 ちゅ……ちゅく……

「……はあ」

 吐息が漏れる。息詰まってくるよこのキス。
 時計をじっと見たまま一分。ようやく解放してくれました。

「凛音さん。この決まりやめない?」
「どうして?」
「一回すると今みたいに止まらなくなる。君が嫌になっちゃうよ?」

 別に嫌にはなりませんよ。だって興味な……ゲフンゲフン!

「嫌にはなりません。それより苦手なものを克服させた方が良いでしょう?」
「そう、かな? じゃあ」

 うん? またキスするの?
 で、結局それから押し倒されて吸われまくりだった。













「音ちゃん今日神宮寺さんとイチャイチャした?」

 湯船に浸かりながら華ちゃんが言う。急だね。

「したけど。読書もちゃんとしました」
「うんそこは聞いてない。女嫌いだから奥手っぽいけどそこはちゃんとしてるの?」

 失礼だぞ華ちゃん。後一人しかしたことないから違いは分かりません。
 ていうかどこでそんなの知った……あ、学校か。

「華ちゃんこそどうなの。佐藤くんから最近健くんの様子がおかしいって言われてるんだけど」
「え? 私は普通に一緒にご飯食べたり移動教室も行ったりしてるよ?」
「何か華ちゃんの話になると途端に顔を真っ赤にさせちゃうんだって。何もしてない?」
「するわけないじゃん。お咎めが恐ろしいから」

 だよね。佐藤くんには今度そう伝えておこ。
 あ、そうそう私スマホを買ってもらいました。家族の連絡先と、万が一に備えての佐藤くんの連絡先、それと神宮寺さんの。これだけでまあ結構ぎっしり。

 えーと……華ちゃん曰くいじめは無くなってるようです。でも環境の変化もあって、熱を出してるかもしれません。もしそうなら御見舞に行きますので教えてください。と、華ちゃんからの伝言です。

 送信。うぉ! すぐに返信来た。成程、この既読とかがついたら見たってことか。

『熱は無いらしい。大したことでは無いからほっといてくれと言われた。妹さんに謝っといてくれ』

 もう測ったのね。それで無事なら良いんだけど。
 そういえばこの前月海から『星色夜空』の公式スタンプだかをもらったな。
 使ってみよう。











 Limeの着信音がなる……凛音さん?

『執筆お疲れ様です。締切もありますでしょうが体調を崩さないように適度な睡眠を。おやすみなさい』

 と、書かれた後に『星色夜空』の真理と亜美が仲良くベッドで寝ているスタンプを送ってきた。
 彼女がこんなことをするなんて誰かに言われたのかな? 自分の意志だったら嬉しいのだけど。まあ仕方ないよね。
 おやすみ。凛音さん。







「音ちゃん音ちゃん神宮寺さんから返信来た?」
「来たけど……え、何で知ってんの? 私華ちゃんに見せてないよね」
「だって音ちゃん環先輩のメールが終わっても打ってたもん」

 バレてたか。まあやましいことは言ってないけどね。にしてもスタンプは楽しいわ。拒否するやつとかないかな? それか仮病に使えるや……

「音ちゃん心出まくりだよ?」
「……さーせん」

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く