話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

引きこもり虫の日常

 私は勉強はどちらかと言えば得意な方だ。特に本を読んでいるから国語の試験はよく学年でも一、二位を争うほど。

 嫌いでは無いがまあ好きでもない。興味が無いから。
 だがなあ先生方よ。私は死神と言われようが虫けらを見るような目を向けられようが気にはしないが……教科書を没収すんな!!

「お前は文を読み始めると話を聞かないからな。正当なことだ」

 正当じゃねーよ! 教科書見ずにどう勉強しろと言うんだ。それに授業はちゃんと聞いてるから!

「聞きます。だから返してください」
「口答えするな根尾。死神のくせに」

 死神関係なくない? てか口答えってこれが?
 しかもこんなことしてたらまた

「せ・ん・せ? 生徒の私物奪って何するの?」

 ああほら始まっちゃった。そういえばこの先生はまだ月海の恐怖を知らないんだっけ。

「なんだ御子柴。死神が真面目に受けないから罰を与えているだけだ」

 いや、いつ真面目に受けてなかったか聞きたいんだけど。

「だからって人の物奪うんだ~へえ~ふ~ん?」
「な、なんだ御子柴……席に着きなさい! 死神をどうしようと」
「死神死神うるさいんだよ!! 凛音にはちゃんと根尾って名字があんだろうが、ちゃんと呼べやこの薄らハゲ!!」

 ああ言っちゃった。先生の顔が真っ赤になってる。

「あ、後で職員室に来い、御子柴!!」
「その前に教科書返せやハゲ!!」

 無理矢理奪い取って――取り返して?――私に手渡した。先生私の方睨まないでよ。






「チッ。あのハゲ説教長いんだよ。折角今日は麗ちゃんとファションショー出来ると思ったのにさ」

 放課後。呼び出された月海は三十分くらい長々と説教されたらしい。彼女自身は全く反省してないけど。

 後は華ちゃんを待って帰るだけだけど。高一ってこんなにホームルーム長かったっけ?

「もしかして凛華さ、上級生に絡まれてるかもね」
「行ってみよっか」

 教室に着くと室内には居た。居たのだが……

「ね~え~根尾さ~ん。あなた死神の妹なんだって~?」

 やっぱ絡まれてんじゃねーか!! しかもクラスメイトに!

「死神? 誰のことでしょうか。私の姉は根尾凛音という名前ですが」
「その人、死神って呼ばれてんだよ~? ねえ、無表情のお姉ちゃんもあんたがいじめられてるって知ったら悲しむかな? 何でも言う事聞いてくれそうだよね~。そしたら私の奴隷にしちゃおうかな~?」

 別に感情が無いわけじゃないんだけど。
 奴隷になる気もないし。でも華ちゃんがいじめられてるのは。

「……お生憎様ですが皆さん」
「あ?」
「私はあなた達のような無能な方にかまっているほど暇では無いんです。分かったらさっさとそこどいてください。目が汚れます」

 いじめ組もそれを傍観していた他のクラスメイトも固まった。まあそりゃそうだよね。立場が圧倒的に不利な状況でそんなこと言うんだもん。

「私の姉は本にしか興味のない無表情女ですけどあなた達なんかよりよっぽど社会に役立つ人です。あなた達なんかより」
「な、なめてんじゃねえぞ死神の妹が!!」

 華ちゃんに振り下ろされた手は空を切った。そして先日の月海同様、華ちゃんは手首を掴みそのままメリメリと音をさせながら床に叩き潰した。
 凄いな私の妹。

「私のこと見くびらないでくださいね。それと姉を次から死神呼ばわりしたら地獄を見せてあげますから。覚悟しておいてくださいね……あ、音ちゃん! 迎えに来てくれたの? ありがとう!」
「ああうん。帰ろう華ちゃん」

 これ以上ここにいたら私が何されるか分からん。
 月海は麗子姉さんを師匠って呼んでたけど華ちゃんもそうなの?







「そういえばさ、凛音」
「何月海。書庫にまで来て」

 私にも一応部屋はあるが書庫に入り浸る方が良い。だってここ本がいっぱいあんだもん。

「前に神宮寺さんのお宅に行って、この次も行く気なんでしょ?」
「うん。そうだけど」
「ずっとお邪魔も良くないと思うからさ、今度誘ってみてよ、根尾家に」

 ええ~ってそれ絶対神宮寺さんを生で見たいからでしょう? 嘘つけてないよその顔。

「お願い! 見てみたいのあのイケメンを!」
「……分かった。今度聞いてみるよ」
「ほんと!? わーい、凛音大好き~!!」

 現金なやつめ。

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く