引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

引きこもり虫と入学式

「お~とちゃん! 見て見て可愛い?」
「ああ可愛い可愛い」

 華ちゃんそれ今日で何回目? 5時に叩き起こされてこっちはいい迷惑だよ。
 今日は新一年生の入学式。家族の私やまこちゃん。月海達も来るらしい。
 六条家は就職活動真っ最中だから来れないらしいけど。

「高校に入ったら~まず友達作って、勉強もたくさんして、彼氏も欲しいな~」

 華ちゃん、生憎だけど彼氏は私以外のお兄さんお姉さんが許さないよ。いや、私は別に妹がどうでもいいんじゃなくて恋愛に興味が無いだけだけど。

「おっはよう根尾さーん! 凛華、入学おめでとう」
「おめでとう」
「ありがとうるーちゃん、ふうちゃん」
「桃李兄さんは?」
「大学に用があるから後で来るって」

 大変だな~大学生。
 華ちゃんは私がいじめ(?)られてることを知ってるけどこの子も強い子だから多分一人でも行けると思うけど……流石に妹がいじめられるのは姉からしても複雑だし。

「月海、これからは私じゃなくて華ちゃん見ててくれない? 私のせいでいじめられるのはちょっと……」
「ああ、大丈夫じゃない? 中学の頃もあんたの妹だっていじめられそうになった時も数人の男子を病院に送ったって言うよ」

 何してんの華ちゃん!?

「着いたよ」

 キラキラしてんね~華ちゃんの目。多分もう何言っても記憶に残んないだろうな。
 一年はそのまま指定されたクラスへ。保護者は体育館へ。だから華ちゃんとはしばしのお別れ。






「ただいまより、第七十五回豊泉高校入学式を行います。皆様ご起立ください」

 始まった。眠気に耐えないと。
 校長の話。PTA会長の話。ああ眠い。寝るな月海。

「それではこれより生徒呼名に移ります」

 来た! これが終われば帰れる!! 起きろ月海。

「……三十一番、根尾凛華」
「はい!」

 途端にざわめく保護者席。まあ二年に私という死神がいるから無理ないよね。
 それに動じない華ちゃんも凄い。
 全員が呼ばれ、式も終了した。私達は華ちゃんのいる三組へと向かった。






「初めまして。三組の担任をする飯島いいじまと言います。これから一年よろしくお願いします」

 いかにも元気な感じですね。多分この人なら華ちゃんを任せられるだろうな。 
 ……もしかしてこれもコネとかじゃ無いだろうね。にしてもさっきから私を見る目が敵対心剥き出しなんですけど。

 で、それに乗っかっちゃうのが月海なんだよな~月海睨んじゃだめ。

「それではプリントをお渡しいたしましたのでこれで終わりです。さようなら」

 早い早い。すぐに終わったね。結局桃李兄さん来なかったけど。





「凛華の入学を祝って……かんぱーい!」
「「「かんぱーい!!」」」

 ……かんぱーい。大学生は結構忙しいのによくまた十人で集まれたね。
 まあ華ちゃんのお祝いなら我慢するけど私読書したいんだよな~。

「今日も合わせてだけど昨日はどうだった? 三人とも同じクラス?」
「同じクラスだよ麗ちゃん。後性懲りもなくまだ凛音をいじめる奴がいたからとりあえず恥かかせておいた」
「流石私の弟子のるなちゃ~ん」

 いつ師弟関係結んだのさ。

「「へえ。いじめね~?」」

 あ、やばい。正宗兄さんと愛子姉さんがいるの忘れてた。

「凛音、誰にいじめられたんだ」
「凛音ちゃん、どんないじめにあったの」

 ちょ、怖い。二人ともその笑顔取り除いて。年中無表情の私より怖い顔してるから。

「正宗、愛子、今は凛華の祝いなんだからそういうのは……」
「いい吉宗ちゃん? こういうのは若いうちから摘んどかないといけないのぉ、地獄を与えてやらなければいけないのよぉ。だから教えなさい凛音ちゃん」

 いややだよ。別に気にしてないんだし。おじさんこの人達止めて――!!

「それより折角十人揃ったんだからさ、教えてよ凛音」
「何を?」
「み・あ・い♡」

 ハートをつけるんじゃない。麗子姉さん恋バナ好きだもんね。

「何が聞きたいの?」
「イケメンだった?」
「うん」
「愛想尽かされなかった?」
「うん」
「……今度会う?」
「うん」

 何か時が止まった。え、何で? 見合い成功させろっつったのあんたらじゃん。

「その人の写メは無いの?」
「あるよるーちゃん。隠し撮りしてたから」

 盗撮なんてどこで覚えたの華ちゃん。まあよく綺麗に撮れてるもんですね。

「超イケメンじゃん! 彼氏にしたい!」
「ダメよ麗子ちゃん。凛音ちゃんのなんだからぁ」

 物みたいに言うのやめなよ愛子姉さん。


 そういえば小説家ってことは本もたくさんあるのかな? 楽しみだなあ神宮寺さんの自宅。

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く