引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~

雪桃

引きこもり虫の登校

「凛音おはよう! 今日から新学期よ、早く起き」
「言われなくても起きてるよ月海。遅刻したことなんて無いでしょ私」

 今日は私達の通う豊泉ほうせん高校の一学期が始まる日である。前に説明したけど、私と月海、そして風柳は今年で十七歳になるため高校二年に進級した。

 私はどこでも良かったのだけれどお嬢様だか金持ちの学校というものを何故か御子柴双子が嫌がり別に誰も反対はしなかったので普通の公立を受験した。

「ねえねえ今日の学食何かな? 肉とか出ないかな」
「風柳、まだ朝ごはんすら食べてないでしょ。
 凛音~早く~食いしん坊がうるさくなるから~」

 分かってるよ。ここの制服は面倒なの。ワイシャツの上にセーターを着るかブレザーを着るか……今日は比較的暖かいからセーターにしようかな。暑いのは苦手だし。

「お腹空いたね月海」
「あんた大食漢なのに何でそんなシュッっとしてんのよ。双子の姉からしたら羨ましい限りだわ」
「僕はたくさん食べるけどスナック菓子とかは滅多に食べないし油物はあまり選ばないようにしてるよ。鶏肉とかはコラーゲンも多いし肌に良いよね」
「女子か!!」

 そりゃあまあ女子力の高い月海の片割れとして産まれてくれば風柳もそうなるでしょ。
 御子柴家は代々ファッションデザイナーとして海外からも依頼が来るほど。噂によると予約が三年待ちだとか。

 そんな家庭で育ってきた――特に月海は麗子姉さんとグルになってよく私を着せ替え人形にしている。しかも本を読んでいる時に限って。

「二人とも朝ごはん食べてないって。家で食べる気満々だったの?」
「「勿論」」

 出たよ。双子のシンクロ。
 事前に言ってくれるだけ良いって使用人は言ってるけどそもそもそっちにもメイドらしき人がいるだろうが。

「凛音は今日もお弁当? 学食食べてみたいとか無いの?」
「月海。凛音が読書以外反応しないこと知ってるでしょ? 学食なんてもの興味がないんだよ」

 言い方に悪意があるぞ風柳。それにうちの使用人の料理は美味しいんだぞ(華ちゃんが言ってたし)。
 ってこんなことしてる場合じゃない。嫌だけど書庫から抜け出さないと。

「おはよう華ちゃん。華ちゃんは明日から高校生だね」
「おはよう音ちゃん。うん、早く皆と一緒に学校行きたいな~」

 華ちゃんは十人兄弟姉妹の中で一番の末っ子であるため、シスコンの的にもなっている。
 とか言ってるうちに月海と風柳が撫で始めちゃってるし……おーい二人ともご飯は~?







 なんやかんやで学校到着。
 全く、洗面所を月海に占領されて歯磨きが出来なかったから遅刻しそうになったよ。身支度くらい自宅でやれ。

「わった~した~ちの~クラスは……凛音――! 二組だって――!!」

 三人とも一緒か。多分親のコネが何割か入ってんだろうけどそこはもう無視しよう。

「下駄箱下駄箱……これは私に対しての侮辱か先生方よ」

 月海の場所は一番上。五段あるけど月海の身長だと四段がぎりぎり届くところだからね。

「月海。僕と交換しよう。双子だから支障は無いと思う」
「風柳……それは姉に対する侮辱と捉えていいか?」
「え?」

 あ~あ~プロレス――月海が一方的に――始まっちゃったよ。どうせ替えてもらうくせに。

「げっ……死神見ちまったよ」

 すぐ頭上で声がしたから見てみると恐らくクラスの男子――そんなのいちいち確認するわけが無い――が私を見ていた。それも汚らわしいものを見る目で。

「チッ。何でてめえと同じクラスになんなきゃいけねえんだよ。死神はさっさと死ねや」

 いや死神じゃねーぞ私は。それと同じクラスになったのも私が望んだわけじゃないし。
 ああでもクラスメイトなのか

「おはよう」
「あ? 話しかけてくんなよ死神。てめえなんか生きる価値もねえんだよ、死ね」

 そこかしこから嘲笑が聞こえてきた。

「くすくす……あの男子・・可哀想。さっさと死ねば良いのにね死神」
「ほんとほんと~御子柴家の二人も迷惑だよねあんな奴……」
「ねえちょっと」

 玄関口に響き渡るくらいの声が背後から聞こえた。

「勝手なことばっか言ってさ。あんた達誰かをいじめて満足したいだけでしょ。それと私は別に凛音を友達とは思ってないわ」
「はぁ~? じゃあ何で付き合ってんだよ」
「勘違いすんじゃないわよ。私は凛音を家族だと思ってるわ。家族を侮辱する奴は許さないわよ」
「月海。私じゃなくて“私達”でしょ」

肩に手を置かれて見ると右隣には風柳が、左隣には月海がいる。

「今度凛音を侮辱するような真似をしたらどうなるか分かってんでしょうね?
 言っとくけど親の力無しでもあんた達を堕落させることくらい造作ないから覚悟しておきなさいよ。
 行こ、凛音」

 シーンと玄関が静まりかえる。
 うおぅ!? 急に引っ張られたら転ぶよ月海。いつの間にか下駄箱も交換してるし。結局替えてんじゃん。

「凛音、今度絡まれたらちゃんと言いなさいよ。踵落とし食らわしてやるから。それか六条家に言うから」
「別に私は気にしないけど。六条家には言っちゃダメだよ。返り討ちが怖いから」
「あいつらは一度恐怖を味わうべきなの。あ~あ最悪……あんな奴らと一年過ごさなきゃいけないなんて」
「ごめん」

 表情は動かせないけど私も感情はあるからね。やっぱり父さんに言って通信教育とかにしてもらおうかな。

「何であんたが謝んのよ。それよりあんた学校やめようとか思ってないでしょうね?」

 思ってました。はい。エスパーか?

「良い? 私は家族と学校に行きたいの。あんたがやめるんだったら私もやめるからね」
「じゃあ僕も」
「あんたはいらん」

 あ、まだ喧嘩は続行なのね。
 家族ね~。二年も話していなかったのに未だに仲が良いのはやっぱり家族だからなのかな?
 とりあえず今は教室行って速攻読書だ。

「引きこもり姫の恋愛事情~恋愛?そんなことより読書させてください!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く