話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

チャット始めたら、危ない女が現れた。

片山樹

もしも〇〇だったら……。番外編

 チャットシリーズが典型的ラブコメだったらの巻

「ねぇー、ゆーくん、私達愛し合ってるわよね?」

「愛し合って……。う〜ん。なんか誤解があると思うんだけど」

「ん? なにかな?」

「ちょっと、あんたたち! 二人で何、いちゃいちゃしてんのよ!」

「あらあら、ここでようやく登場ね。負けヒロインさん」

「ま、負けヒロインってなによ!」

「あら、あなた? もしかして知らなかった? 人気投票ランキングで私が一番だったの。そして貴方は私に負けたっていうわけ。わかったかしら?」

「ケッ、何よ、その人気投票って! 大体、それとこれとは別よ!」

「あらぁ〜、負け犬がわんわんと吠えてるわ。本当にうるさい」

「ケッ! 何よ! あんた!」

「何よとは何よ!」

「このやんのかぁ〜」

「やってやろうじゃない!」

「おいおい、お前ら落ち着けって」

「ゆーくんは黙ってて!」
「ゆーは黙ってて!」

「あ、はい。わかりました」


「中々、貴方やるじゃない。次は絶対に負けないんだから」

「ふっ、そんなことを言っている貴方もなかなかよ。だけど私も貴方には負けられないわ。次こそは」

「なんだかんだ言って、二人は仲良しだよね」

「仲良くなんかないわ!」
「仲良くなんかないわよ」

「ほら、息ぴったりじゃん」



 ヤンデレガールズ(チャットver)

「ねぇー、渚君」

「ん? どうした? 真弓?」

「貴方を監禁したいから手を貸してくれない?」

「お前何言ってんの? 頭大丈夫か?」

「最近、貴方は疲れてるでしょ? だから貴方を癒してあげようと思ってるの」

「寧ろ疲れが溜まるよ!」

「疲れてるでしょ?」

「いや、疲れてねぇーよ」

「いや、疲れてるって。それに憑かれてるよ。変な女に。ほんっと、目障りだよねぇ〜。渚君の後ろをちょこちょこ動いてさ」

「怖いこと言うなよ。確かに疲れてるって言えば、疲れてるけど」

「じゃあ、来なよ。ほらっ」

「あぁ、悪い。今日は恵梨香と約束してんだよ。じゃあなー」

「チッ……またあの雌豚か……」

「何か言った?」

「何も言ってないわ。ただ、雌豚野郎早く死ねばいいのに(笑)と言っただけよ」

「あ、そう……何かかなり長くなった気がするけどいいや。とりあえず、じゃあな」

「うん! じゃあね! とでも言うと思った?」

「うん、思ってたよ。真弓はそんな事をしないって信じてた!」

「えっ? そう? 嬉しい! 私もそんな事をしないって思ってたの!」

「だろ? じゃあ、もう行くよ」

「うん、じゃあね! バイバイ!」

「あ、逃げられた……絶対、渚君を手に入れてみせるんだなら!」

✣✣✣

「恵梨香! 待たせたな! ごめん……色々とあったんだ」

「くんくん、くんくん。あの女の臭いがする。臭い」

「あの女? 何言ってんだよ」

「アイツよ。アイツ。あの薄汚い雌犬学級委員」

「あぁー。真弓のことか。って、そんな言い方はないだろ」

「夕君にいつも迷惑かけてる、アイツ。だから許せない」

「あぁーそうか。俺の事を思ってくれたんだな。ありがとうな、恵梨香。よしっ、じゃあ昼飯でも食おうか?」

「ねぇーちょっと待って。夕君、その前にその女と何があったのか教えて」

「やだ」

「お、今日は唐揚げか! いいね!」

「夕君の大好物だから入れたの!」

「有り難い、んっ、ん美味いよ! 物凄く美味い!」

「へへっ、良かった!」

(やっぱりチョロインだぁ……)

 ✢✢✢
「図書室はやっぱり静かだなぁー」

「な、渚君……」

「おっ、朱里か。どうしたんだ?」

「あ、あの……私の初めてをあげようかと思って」

「何言ってんの? 頭大丈夫?」

「だ、大丈夫。既成事実作れば大丈夫」

「おい。危ないこと言ってんな!」

「大丈夫大丈夫。私が優しくするから」

「いや、遠慮しとく」

「ちょいと待ちな。私のカッターが火を吹くよ」

「火じゃなくて血にしようね!」

「もうぉー。なんですかっ! なんですっか! 随一の美少女朱里ちゃんが喋りかけているのにその反応!」

「はぁーい。やっぱり、チャットシリーズはヤンデレ化無理だな」

「おぉーい。岬。どうしたんだ? そんな柱の後ろに張り付いて」

「いやぁー。何となくだけどヤンデレ感出てるかなって思って」

「貞子間の方が出てるぞ。髪型整えろよ、ボサボサだぞ。それと学園一の美少女なんだからその格好はやめろよ」

「何その? 決めつけ! やめてよ」

 結論チャットシリーズはヤンデレ作品にはならない。

「チャット始めたら、危ない女が現れた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く