世の中凡人を探す方が難しい

青キング

ロリ先生のプライベート

 「篠藁くん篠藁くん」
 嬉しそうに俺を手招きする。
 「なんだよ爽、指名手配犯でも見つけたのか」
 「ムゥ、なんでそうなるの」
 唇を少しだけ尖らせて不満そうだ。
 軽口だから気にするな。
 「で、なんで手招きしたんだ?」
 「あそこだよ見覚えあるでしょ」
 爽が指差している先を見ると、そこには俺達のクラスの担任でロリコンを骨抜きにする小学校低学年体形。それに相応した無邪気な笑顔を兼ね備えたロリチャンピオン、小伯こえき 理阿りあ先生じゃないか。
 「入学式の日にクラス中を騒がした先生だったよね」
  懐かしそうに入学式の日を思い出している。
 小伯先生は一人で繁華街を歩いてるようだけど何をしに来ているのだろうか?
 スキップ気味に良いことでもあったかのようにウキウキしている。
 見た目が見た目だから誘拐されそう。
 「気づかれないように追いかけよう」
 「やめといた方が良いけど・・・・・・心配だからなあの先生」
 「僕もそう思う!」
 爽が共感の声を上げている間に、小伯先生はビルの中に入っていった。
 ゆっくり俺達もビルに近づく。
 入り口の横に階ごとの説明が記されているプレートを発見した。
 下から徐々に説明を見ていく、どうやらいろんな店が集合したビルのようだ。
  ええと、一階は結婚相談所。まさか先生独身のことを悩んでたのか。
 二階は監督相談所? 誰が来るんだよここ!
 三階は愚痴発信所? 発信してどうする?
 どうせまた下らないのが・・・・・・四階は休憩所。まぁ平凡だね。
 五階は休憩所。またかよ。
 六階は・・・・・・?? 旧鶏所?????
 「多分これきゅうけいじょだね」
 昔は鶏を育てて肉を生産してたのかな?
 六階のインパクトが大きすぎて、何が来ても納得できるような七階はあれ? 
 七階からは、ほとんど店がないようだ。
 最上階だけあるようだ。なになに結婚相談所。
 要するに一階の結婚相談所が混んでいたら、最上階まで行けと? 七階に設けようよ。
 「篠藁くん」
 俺の服を引っ張ってくる。
 「どうした」
 「このビルの中は嫌な予感するね」
 ある意味な。
 爽は行こう、と残念そうに肩を落とした。
 きっと小せ先生のプライベートやなんなりを知りたかったのだろう。
 俺達は奇妙なビルから釈然としない心持ちで離れていった。

 「何でまやってさユニフォーム姿なの?」
 「なんスカ突然」
 秋菜はの唐突な疑問にまやが狼狽している。
 それはも気がかりだった。
 まやの服装はユニフォームか制服どちらかしか拝見したことがない。
  まやとは中学からの付き合いだから慣れたけど、秋菜さんは今年知り合ったばかりだからね。
 「折角だから今日一式揃えちゃいましょう!」
 「何言い出すっス! 私は野球大好きだからこの格好してるだけっスヨ!」
 秋菜さんが嫌がるまやの手を引っ張り無理矢理ブティック店へ入店しようとする。
 必死に抵抗するまやだが、秋菜さんの力はそれを上回っていた。
 「力強いっスヨ、引っ張る力がー・・・・・・引っ張りすぎるとファールボールになるっスヨ」
 私もまやの見たことない姿が見れると思うと少しドキドキしてきた。

「世の中凡人を探す方が難しい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く