話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ばななをもいだら完熟王

紙尾鮪

05「第2せいこう後編」

 「6点」
 ……かなり僕の考えに近くなってきました、だけどあと少し確信が欲しいっ!

 「っちどうやら真性のMの様ね……選択ミスだわ」
 いや真性のMじゃない……他にも要素があるはずなんです。

 「貴方の番よ、まぁ10点満点の差は埋めれられないでしょうけどね」
 皮肉の数だけ乳肉が増えるんですか?

 「え、えっとお願いします」

 「地面に俯せになれ」
 なっ自分にですか?中々生意気ですが、考える時間が欲しいですし……

 「こ、この状態は……マッサージじゃ!ぬるぬるマッサージじゃあ!!」
 ぬるぬるマッサージってまさかあのぬるぬるマッサージです?つまり僕にゅりゅにゅりゅのにゅちゅにゅちゅにされるのです?

 僕はしかも敏感なのににゅりゅにゅりゅのにゅちゅにゅちゅにされてしまったら、失神してしまうですよ。

 「じゃあいくぞ」
 ……気持ちよくない、なにこの力任せの揉み様、いや揉んでない握ってるよ。痛い痛いよ!力入れすぎ!僕は痛いの嫌いなの!やめてよ!

 「どうだ!気持ちいいだろ!」
 ……これだから醜人は、いやDTが

 「手を退けろ、下手くそ」

 「は?」
 は?じゃない、退けろって言ってるんだよ

 「てめぇみてぇな自己陶酔クソDTオナ○ー野郎に僕の宝体を触る権利ねぇよ。肥溜めにお○○こ入れて腰振っとけですよ」 
 イライラするなぁ、触りたいのはわかるけど自分だけが気持ちいい思いは僕は嫌い、激しくすれば気持ち良くしてるって思うとかホントDTだよね気色悪い。

 「コイツ何言ってんだよ」「あーあ、こりゃ終わりだな」「所詮乳袋がねえやつは堪忍袋もねぇ用なもんだ」「しーっかく!」「しーっかく!」

 「じゅ、10点!!」
 ……っふやはり僕の読みは当たってましたね、この人はドM!これは巨乳魔女と同じですがまだ読みが甘いです、ただのドMでしたら第1せいこう?の時に10点を出されています。
 つまり肉体ドMではないという事!そこから出される答えは精神ドM!
 僕が第1せいこうに拒否しただけで4点ももらえたのが証拠!
 つまり詰るナジル事によって高得点を取ることが出来る!!
 ま、まぁ下手くそなのは予想外でしたが。

 「それだけではないんだ」
 下手くそガチムチ野郎!

 「自分は不治の病を患っているんだ……それは」
 それは……ゴクリ

 「小児性愛……そう言う病さ」
 つまりロリコンですか

「ばななをもいだら完熟王」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く