話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ばななをもいだら完熟王

紙尾鮪

00「転移しちゃってもいいじゃない」

 僕は美しいし可愛い。
 けどねこの世界では評価されないんだ。
 皆口を揃えて
 「キモチワルイ」
 って言うんだ。
 けどそんな事を言うやつは決まって
 醜人シュウトなんだ。
 だから僕はそんな事を言われても何も思わない。
 だってブタが使う言語を理解しようとする人は少ないでしょ?
 だから色々と生きていく中で色々と障害があったけど、まぁ僕は美しいからそんな障害乗り越えれるんだけど。
 まぁ可愛いからって媚び諂って生きるのも、それは醜人の生き方だもんね。

 まぁあと問題なのが

 「ハァハァハァ……君のお○○こ欲しいなぁ……」
 こういう輩。
 あっ言い忘れてたけど僕は男です。
 男の娘って知ってるかな?
 男なのに女の子の格好をしてる人の事なんだけど、
 女装癖との違いはね。
 圧倒的な可愛さ?
 いやむしろ男の娘が僕?
 このミニマムボディに女顔。
 誰をも魅了するこの声。
 そして無駄な毛の無さ。
 ぷりっぷりのお尻。
 ちなみに乳首は桃色です。

 「ハサミでちょっきん?カッターでシャッ?どれが良いかなぁ」
 いやその気持ちは分からなくもないけどさ、僕痛いの嫌いなんだけど……

 「ハサミでちょっきんちょっきんしてむにむにのお○○こをもぐもぐごっくん!」
 えっちょっとほんとダメだって。
 可愛い僕の可愛いのを食べたいのは痛いほどに分かるけど。
 そんな事したら僕男の娘じゃなくなるよ?
 男の娘という言葉消えちゃうよ?

あっ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『男子○学生の遺体が○○公園の茂みから見つかりました。男子○学生は下腹部を切断され、暴行を受けたようで、恐らく先日から発生している通り魔の事件の内容と酷似しており、警察は犯人の行方を追っているようです』

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ……死んだのかな?
 うんお○○こあるってことは死んだのか……
 あーあ勿体ないなぁこんな最高の体がこの世から無くなってしまうなんて……

 『てぃんぽーん』
 何?この変な音。
 けど何か心地の良い……

 「やぁ」
 誰?
 この涎が増水時みたいにすっごい出てる人。

 「君みたいな可愛い子が死ぬのは私は嫌なわけです。なら他の所へ行かせればいいじゃない、何がいけないんだよコンチクショウ!」
 まぁわかりますけど……
 そんな簡単な話なのかな?

 「ねぇ知ってる?HENTAIは凄いんだよ」

「ばななをもいだら完熟王」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く