学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第58話 ヒーローは記憶の中に眠る

*第58話 ヒーロー記憶の中に眠る *




八岐大蛇との戦闘、結果…


勝者 : 死神 神藤


幻想種 : ルシファー 黒子、消滅…




この戦いで、新は大切な人を失った…
それと同時に、新の体に変化が現れた。まず、髪や全身の毛が何も描かれていない画用紙のように真白な白髪に変化。そして、両目、瞳が美しい熱帯魚の生息する海の様な青色に変化した。そしてもう一つ、武装が常に豪炎化状態に変化した、ついでに言うと、炎の色も赤や黒から、瞳と同じ、青色の炎だ…

だが、武装を解いた瞬間、髪も瞳も元に戻った…

もう1度、武装して見るが、髪も瞳も武装も、元に戻っていた…

付け足すと、deathデスsupiaスピアを使っても、刺したものが氷結することもなかった…


トールが言うには、そもそも、氷弾アイスバレットとは属性型の氷に近いもので、トールは新自身が持っている魔法をで自身の形を組み換え、想像通りの武器となるらしく、氷弾などの、魔法の種類を超えたTRANSトランスなど“不可能”だったそうだ…


何故、悪魔型である新が属性型(氷)の魔法が使えたのか…

魔法を二種類持っている神、獣神、幻想種など見たことも聞いたこともない…


そして、一つの“可能性”が生まれた…


神藤新、死神の使う魔法が悪魔型でも属性型でもなく、“全く未知の型であるという可能性”だ…


だが、基本的には悪魔型と見ていいみたいだった。何故なら、現時点で、魔法を使おうとしても、悪魔型しか使えていないからだ…

謎は深まる一方だ。付け足すと、“面倒な事が増える一方だ”…

例えば、そう…


「一つ聞いてもいい…?神藤君…。」


「死神様!!死神様!!あの蛇の様な化物と死神様が使っておられた魔法みたいなものは何ですか!!説明を求めます!!」


ほらやっぱり、聞いてきやがった…

現在進行形で、新は、面倒臭い事になっているのである…
理由は簡単、二人同時に、化身、八岐大蛇を目撃し、魔法を使っているところを見られたからだ。全く…セバスと黒服達は何をやっているのか…仕事をしろよ仕事を…俺だってやってんだからさぁ、死神としての仕事。

ふと、空を見上げた…

そこに広がるのは当然の如く、真暗な夜空だ…
街が明るいせいで、星は少々見えた。東京よりは良く見える。当たり前だ、都会から離れた場所なんだから当たり前だ…


ハハハ…黒子さん…必ず帰って来いよ…それまでには、もっと、強く…強くなるからさ…


見上げる空は、ただ、黒く、真黒で、光は少しだけ光る星のみであった…



■ ■ ■



とりあえず、新は屋敷へ戻り、リズの部屋を借りて自分の招待を明かした…

すると、驚いたことに、2人は全く怖がることは無かった…むしろ、「何その厨二病心をくすぐる設定!!羨ましい!!羨ましい!!え!!爆ぜろリアル、弾けろシナプス、Van!shment Th!s World!!ってやってみて!!」「死神様が神様!!嗚呼!!神!!なんといい響きなんでしょう!!私の恋したお方は神様だったなんて!!嗚呼♡♡♡もう、キリスト教を辞めます!!死神様だけを崇めますぅ!!」などと言って割と喜ばれたが、新からして見れば、胃が痛くなる一方であった…

セバスと黒服たちには、八岐大蛇の正体は、前に、勝負を挑んできた、アホ研究者共が、死神を超える指名手配犯捕獲兵器を作って、新自身と戦闘して、どちらが強いかを競い、勝ったほうが、指名手配犯の捕獲の任務を任せると言う、実に面倒臭い事が起きて、圧勝した新の仇討あだうちに八岐大蛇型ロボットで暗殺を目論んだが、返り討ちにし、スクラップにしておいたと伝えておいた。ついでに、自分のせいで迷惑かけたから、軍の強化の報酬をゼロにしてくれるよう頼んだところ、セバスがやや驚いたが、分かったと深く頷いてくれた。




■ ■ ■



その日、中谷 蒼はこんな“夢”を見た…


自分の幼い頃の記憶の夢だ。幼い時、蒼は暴走した大型トラックに跳ねられそうになったことがあったそうだ。その時、蒼に“ヒーロー”、勇敢なるヒーローが現れたのだ。そのヒーローは蒼を超人じみた身体能力で暴走したトラックに跳ねられる事から守り、助け出したという。

その日、蒼はヒーローに憧れた。私を助けたようなヒーローに…
蒼が空手や柔道、合気道などを習い始め、オタ活をし始めたのは、そこからだったのかもしれない…
とにかく、蒼はヒーローが好きだったのだ。憧れたヒーローが…

だが、ある日、そのヒーローが、足に重症を負っていた事を知った…
両足、脛骨の“亀裂骨折”、右、第4、第5中足骨、左、腓骨の骨折の“助骨骨折”…
蒼一人の命と引換に受けた代償だ…
普通、こんな重症はしないだろう。だが、そのヒーローの助け方がその重症を引き起こした…
蒼を抱き抱えて、暴走しているトラックを“駆け上がったのだ”…
は?って思うかもしれない。だが、そう喩えるしかないのだ。もっと分かりやすく言うなれば…そう、今日、“神藤君がリズさんと私を助けたような”…

あの時のヒーローは神藤君だったのだろうか…?
いやいや、そんなはずはない…だって、そのヒーローと会ったのはもう“10年以上前のことなのだから”…
でも、何か関係があるのだろうか…?
神藤君は今日の話を聞く限り、人間ではない、いわゆる神様だ。だとすると、私達と歳はかけ離れているのだろうか…?もし、そうなら…あの日出会ったヒーローは…



* * *



八岐大蛇との戦闘が決着し、次の日…

食堂で朝食をとっている最中、委員長さんこと蒼がこんな提案を持ちかけた…

「せっかくイタリアに来たのだから“観光しない”…?」

「…観光…?」

「そう」と委員長さんが言った。

観光か…確かに、イタリアは観光地としては有名だ。イタリアと言えば、マカロンや、パンナコッタ、ティラミスなどのスイーツ、世界遺産のコロッセオや、ピザの斜塔、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院にあるかの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』、あの『モナ・リザ』が展示されている、世界的に有名なルーヴル美術館。まぁ、他にも観光できるところはなさ沢山ある。

「観光か…悪くないな。いいよ。」

「やった…!!」

「で、何処に行くんだ?」

「ええっと…」


「ちょっと死神様ぁ!!!!私抜きで話を進めないでくださいましぃ!!」


「ん?居たのかリズ。」

「居たのかってぇ〜!!ずっと居ました!!私は死神様の半径……え?今なんて…?」


「半径何!!!?半径と俺になんの関係があんの!?!?」


マジで寒気がした…
ところが、リズは口をポカーンと開けたまま、何故か、顔を少し赤くしている。俺なんか言ったかな…別になんもおかしなこと言ってないよな。うん。

「い、今…“リズ”っとおっしゃいました…?」


あ、ヤベ…


「言っていませんが、お嬢。」

慌てて、新は元の口調に戻した。無意識のうちにリズと読んでしまったようだ…うん。バレてる。
…どうやって誤魔化そう…

「観光だったら、お嬢に聞いた方がいいぞ。何てったって、“エリザベス1世の隠し子だからね”。イタリアの中だったら詳しいと思うぞ。」

すると、リズは「え、えへへ♡」と言って照れた。よし、誤魔化せた。

「へぇー…へ?」

「うん?どったの委員長さん。」

「エリザベス1世?」

「うん。それがどうしたの?」

「え?あのエリザベス1世?」

「うん。あのイングランド女王のクソビッチ。」

「死神様ぁあ!!お婆さまはビッチじゃありませんよぉおお!!!?」

リズがツッコムが(どうやらリズにも家系のプライドはあるらしかった…)何故だかわからないが、委員長さんはポカーンと言った顔をしており、( ゜д゜)ポカーンというアスキーアートと完全に一致していた…

「エリザベス…」

「うん。だから委員長さん、ここ来た時自分で言ってたじゃん…?」

「え…?私が言ってたのは違うエリザベスなんだけど…」


「は?」


「うん。」

「え?委員長さんはどのエリザベスだと思ったわけ?」

「ええっと…こう…“白色のデッカい鳥みたいな”…」


「銀○だぁああああああああああ!!!?!?!?!?!?!?」


「そのエリザベスの中身かと…」

「何で○魂の方を思いついちゃったのかな!?!?」

「飛行機に乗ってるに神藤君に貸してもらって読んでたから…」


「アレェエエエエ!!俺が悪いのかコレ!?!?!?!?!?」


「てっきり、そっちかと…」

ダメだこの人…2次元と3次元がわからなくなってきてる…いったい何が委員長さんをこんな風に…あ、俺か…

と、1人納得しながら委員長さんを変えてしまった自分にショックを受けるのであった…


「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く