学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第57.5話 闇

*第57.5話 闇*



* ■■■■■ *



真赤な炎…


炎がゆらゆらと揺れる…

兵士達が、皆それぞれ武器を持ち、皆がそれを天に掲げ、レッドカーペットを挟むように整列する…

その兵士達によって作られた道の先には、十字架を象った、玉座が置かれている…


巨大な扉が音を立てながらゆっくりと開く…


扉の向こうから、将軍達を後ろに控えた、我らの主様がコツコツと足音をたてながら、歩いてきた…

主様が玉座につくと、我らはひざまずき、忠誠の儀を行う…

主様が、頰杖ほおづえをつきながら、「さがれ」と、その牙を光らせながら、歩兵達を部屋の外へ追い出す…

主様が一つため息をし、呆れたように言葉を放つ…


「“パサライト”また失敗したのか…」


「いやいやいや!!申し訳ありませんねぇ!!我が主様ぁあ!!」

パサライトこと私はそうこたえた…

「デスがねぇ!!主様ぁあ!!我らの計画には全く問題はあませぇん!!計画は順調でござぁいまぁああすぅ!!!!」

「ふざけるのも大概にしろ、パサライト。王に無礼であるぞ。」

「いやはやこれは失礼ぃいしましたぁ!!!!“九尾”のあにさんの機嫌を損ねる程バァアカァでは無いんでぇねぇえ!!!!ハァイ!!!!」

一番最初に突っかかってきたのは、やはり九尾だった…

「まぁよい…」と主様が言うと、九尾は黙った…

「それより…」と主様が続けた…

「メデューサの化身、“八岐大蛇ヤマタノオロチ強奪ごうだつ”…実に見事だ…褒めて遣わす…」

「嗚呼!!主様自らの賞賛ん!!真に嬉しいデスねぇ!!!!これに勝る喜びはあるのでしょうかぁあ!!ヒャハァ☆」

「だが…」と主様は続け、「死神の拉致…もしくは死亡予知記録デス・プリダクション・レコードの強奪の失敗、敗北…いい目では見ることは出来んな…」と殺気を放ちながら主様は言った…

「いえいえ!!今回はどちらも狙いとはしていなかったのでございますぅ!!死亡予知記録はかなぁらぁず!!!!私目が主様ぁの元に捧げてぇーみせましょうぅ!!!!」

「ふん…」と主様は言う…

「では、今回の敗北…何が目的で行った…」

「ええ!!!!そうでしたぁ!!私ともあろうものがぁ!!主様への報告を忘れているとはぁ!!!!なんという無礼をぉ!!!嗚呼!!どうか哀れなる私目の失態をお許しくださいぃ!!!!」

「さっさと報告しろ…」と主様は殺気が滲み出た声でそう言った…

「実はぁデスねぇ!!我らの主様ぁの“正体”!!!!それに“勘づいた者ぉがいましてぇ”!!!!その者へぇの御挨拶!!!!並びに、“葬り”にぃ!!私目の支配下にある八岐大蛇をぉ使いましたぁ!!!!そしてぇ!!!!見事見事に目的を完遂ぃしたのでございますぅ!!ハァイ!!!!」

主様がピクリと眉を顰める…
「なんだと…!!!?」と九尾の兄さんが驚きの声を上げる…

「…して…我の正体に勘づいた者は誰だ…」


私の口元は恐らく、ニヤリと笑っていたでしょう…

そして、私はその名を口にする…



「ハァィ…幻想種、“ルシファー”!!!!…死神ぃには“黒子”と呼ばれてぇいるメイドォでぇござぁいまぁすぅ!!!!ハァイ!!!!」



「ほぉう…ルシファーか…………者か…ふふふ…フハハハハ…ハハハハハハハハハハ!!!!!!面白い!!実に面白い!!ルシファー…ククク…“あの”ルシファーか!!…ハハハハハハハハハハ!!!!パサライトォ!!実に良い働きであった、褒めて遣わす。ハハハハハ!!!!」

「ありがたきぃいい!!幸せぇ!!」と私が答えた…

「して、次は誰を戦場に出すか…言うまでもないか…」と主様がふふと笑う…

「ハァィ…もう準備は出来ておりぃまぁすぅ…ヒャハァ☆☆」と私が答え、笑いながら、天井を指さす…

すると、“天井に吊るされた鳥籠とりかご”がガタガタと揺れ動く…


『『ホロォ゛ロロロロ゛ロ゛ロォォオ゛ロロロロォ゛ロロロロォロ゛ロ゛ォロロロロォオ゛!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』』


「八岐大蛇に続きぃ!!この獣神もかぁなぁりぃ良い出来デェス!!あの死神もぁああっと驚くでございましょうぅ!!今からでも楽しみですねぇ!!!!ヒャハァハハハハハ☆☆☆☆☆☆☆☆」






『ホロ゛ロォ゛ロロロロオ゛ロロロ゛ォォオ゛ロロロォロロロ゛ロロロ゛ロ゛ロロロオ゛ロロロロロロォロロロロロロオ゛ロロロロロロォオ゛ロロロロ゛ロロロオ゛ロロロォォロロロロロロロォロロ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』






「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く