学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第47話 やはり俺がイタリア留学をするのは間違っていた。

* 第47話 やはり俺がイタリア留学をするのは間違っていた。*

* * *

黒服の男達によって“拉致”られてから数分後…
車は見覚えのある屋敷に入って行き、俺たちは車の外へ出され、屋敷の中に連れ入れられた…

そして、今現在、俺は、“鎖で米俵のように拘束され、フルボッコにした黒服の男達の上に胡座あぐらをかいていた”…

因みに、委員長さんはというと、その様子をただただ呆然と見ていた…

「な〜、セバス?何で俺こんな所にいんの?」

俺は扉の前にいる白髪の老人に声をかける

「はい、私目は死神様を屋敷に招待してはいかがと、姫様にご提案しただけでございます…。」

「じゃあ、何で俺たち(俺と委員長さん)は拉致られたんだよ?」

「はい、対抗なさったからかと…」

「いや、普通抵抗するだろ?
空港の前でwelcomeっていってレッドカーペッドなんか普通ひくか?」

「それくらいは、貴方様の身分を考えればお分かりでしょう…」

「いや、それ世界機密だからね?
何、堂々と死神の名を公開してんだよ?」

「それに至っては、申し訳ございません…」

「それと、もう一ついいか?」

「はい…何でしょうか…?」

俺は、“扉の奥”にまで聞こえるほどの大きさで言った


「“いつまで“エリザベスお嬢”はそこに隠れているのですか”?」

エリザベス…俺は愛称で“リズ”と呼んでいるが、余りそう呼びたく無いので、あえてそう呼んだ。

「エリザベス…?
エリザベスゥウ‼︎⁉︎」

急に委員長さんが声をあげた…
そういえば、居たんだった…
完全に存在無視して話してたよ…

とりあえず平常心を保ち、委員長さんに問う

「ん?どったの?
委員長さん?」

「エリザベスってまさかだとは思うけど、あの有名なエリザベス女王⁉︎」

「の、子孫にあたる人だよ…」

「な、何で神藤君がその人と知り合いなの?」

「いや〜…仕事の関係で…」

「本当にどんな仕事をしているの…?」

「まったくだ…」

「自分のことでしょ…」

「そうでした…」

本当にどんな仕事をしているんだろうね。俺。
王族の血筋と知り合いって…
側から見たら異常な仕事だよな〜…

その様子をセバスは笑顔で見ていた

「はは…愉快なお友達ですな…」

「そりゃどうも…」

「……流石…と言った所でしょうか…?
確かに、エリザベス姫様は、扉の向こうにお見えになられます…
ですが、姫様は、少々お怒りのご様子でして…」

「う〜ん…確かにそのようだね?
何かあったの?」

確かに、リズの感情は怒りを含んでいる

「……………貴方は、相変わらず鈍感のようで…」

「いや、察してはいるけど、“そう思いたく無いだけ”。」

「…因みに、どう察されたのですかな…?」

「ん?いやどうせ、俺が委員長さんと一緒に留学してきた事と、俺がちっともここに顔を出そうとしなかったからだろ?」

「………………よく、お分かりのご様子で…」

「いや、顔を出そうとしなかったのは少しは悪いとは思ってるけど、委員長さんはしゃーないだろ?
まさか、期末試験のツートップが留学するとは俺は知らなかったんだし?」

「………………ご最もでございます…」

「それと、顔はなるべく出したく無いよ。
いつ襲われてもおかしく無いし?」

「………………何故そう思われるのですか?」


「いや、だって、エリザベスお嬢って言ったら“欲望の塊”のような感じじゃん?」


セバスは少しキョトンとした顔になり、吹き出した

「ぷっ、はははははは‼︎
確かにそのとうりでございます。」

「へぇ〜?
セバスも意外に笑うんだね〜
でも、今のタイミングで笑ったらエリザベスお嬢が余計お怒りになられるのでは?」

「ははは、確かにお怒りになられてしまうでしょうが、今日は、エリザベスお嬢の未来の“夫”となる方が来ておられるので、罰は少ないでしょう。」

「へ?」

委員長さん一人だけが驚きのあまり、声をあげた。

「………………いや、だからさ?
俺がいつエリザベスお嬢と結婚するって言った?」

俺は呆れたようにそう言うと。

「ははは、言ってはいませんね。
しかし、姫様が、空間になられた事ですので私目はそれを全力でサポートさせていただくまでですからね。
それに、相手が死神様であれば、私目も大歓迎であります。」

「はぁ〜…一様言っとくけど、俺はエリザベスお嬢と結婚する気なんかさらさら無いぞ〜。」

「ははは、それはどうでしょうか…
………………おや?」

すると、セバスは何かに気づいたらしく、眉をひそめる。

「ん?どったの?」

「いえ、板の間に扉を開いたのかと…」

見ると、セバスの後ろで、閉められていたはずの扉が開いていた。
そして、そこにはリズの姿はなかった。


* * *

誰がいつの間に開けたのか、全く気づかなかった。
扉の向こうには既に人影はない。
神藤君が、言っていたエリザベスさんの仕業なのか…?

すると突然、神藤君の背後に人影が現れ、白い二本の腕が伸び、新の首に抱きつこうとする…

が…その腕は空を掴む…

見ると、その瞬間、神藤君は目にも留まらぬ速さで首を縮めていた…

しかし、腕は、その逃げた神藤君の首をすぐさま抱きつく…

が…またもその腕は空を掴む…

神藤君は、拘束された黒服の男達の背中に手をつき、“腕の力だけで”逆立ちし、その勢いで腕から逃れるように飛び退いた…

そして、見事に着地した神藤君は、“眉間にしわを寄せながら”、その腕の持ち主に礼儀正しく言った…


「お久しぶりですね、エリザベスお嬢…今回は何のご用ですか?」


すると、そう言われた白い腕の持ち主…少女は、スッと立ち上がった…


「…………貴方が私の元へ参られるのをずっと待ちわびていました…
私の未来の…
いえ…
“約束された未来の夫”…………

“死神様”…❤︎」

少女はそう言った…
死神様…?
どう言うことだろう…?
神藤君に向けて言っているようだ…
約束された未来の夫…?
この二人にどんな関係があるのか全く知らない私は、ただ、それを見ていることしかできなかった…


* * *


「私のことは“リズ”と呼んでくださいと言ったはずでしたけど…?忘れてしまいましたか?死神様?」

「いえいえ、忘れてなどはいませんよ?“エリザベスお嬢”?」

「まぁ〜また、そうやって呼んで〜怒りますよ〜?」

とか、言いながらリズはホッペをフグのようにプク〜ッと膨らましていた。

「あと、私とお前の約束された未来なんか存在しません。」

そうキッパリと言い切ると

「あらあら〜そう照れなくていいのですよ?
まぁ〜そんな所もとても愛しいのですけれど〜
アハァ❤︎」

「そうですか。できれば早く私の事など綺麗サッパリ忘れて欲しいんですけど?」

「あぁ〜そんなドSな死神様も、いいですわぁ〜❤︎」

あぁ〜できれば声に出して言ってやりたい、“死ねばいいのに〜”と〜‼︎‼︎

人が死ぬ所は見たくないけど、できればこれは悪い夢だと思いたい。
本当にリズだけは苦手だ…
“姉さん以上に”…

一番厄介なことに、リズは、政府と密接な関係がある。
要するに、昔、リズは俺に仕事の依頼をしたことがあると言うことだ…

その後、何でか知らないが…

ふと、リズの方を見ると…


「ハァ〜〜❤︎❤︎❤︎」

とか、甘い声をあげながらくねくねと動きながら、赤く染まった顔を手で覆い、指の間からこちらを見ていた…


何で、俺の周りってこんなのばっかりなんだろう…?


とりあえず、今思ったことを声に出す


「じゃ、俺帰るわ〜」


「ダ〜メ〜ですわ❤︎」


「いや、俺、留学しに来たんだから、ここにいる必要はないだろ?
だから、普通〜に留学したいんで帰る。
行くぞ、委員長さん。」

「え?え、はい。」


「その必要は、ありませんわよ?」


「「…………………………は?」」

そして、俺の予想をはるかに上回ることを口にした…


「だって、その留学先が、ここ、要するに、私の屋敷なんですもの❤︎」


…………………………………………
…………………………………………………………は?

「「はぁああ‼︎⁉︎⁉︎」」

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く