学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第45話 いざ参らん‼︎イタリアへ‼︎

* 第45話 いざ参らん‼︎イタリアへ‼︎*

木々は生い茂り、鳥は優雅に囀る…
耳をすませば聴こえる河野のせせらぎ…
木々の間をすり抜ける爽やかなそよ風…


ここは、とある“山”…


“武を極めた神”…


“武神の住む山”…


「いや〜、悪いねぇ〜。別にお茶なんか良かったのに〜」

「…喉が渇いたと駄々をこねたのはどこの誰ですかな?“ゼウス殿”?」

「ハッハハー、そういえばそうだったね“武神君”」

そこで、武神はゼウスにお茶を振舞っていた…

「いや〜、やっぱり武神君のお茶は美味いね〜。何か入れ方にコツでもあるのかい?」

「コツですか?“そんな物はありません”。
長年お茶を立てていれば何となくどう入れたら“その人好み”のお茶の立て方が分かってくるのですよ。」

「へぇ〜、確かにこのお茶は私好みの味だね〜。
私はこのちょっとだけ濃いめのお茶が好きなのだよ。
私が飲んだ中では武神君以上に美味いお茶は飲んだ事がないよ〜」

「褒めても何も出ませんぞ?」

「いやいや、本音だよ?」

「それより、こんな山奥に何しにきたのだ?
早く本題に入ってもらいたいのだが。」

「う〜ん、せっかく場を和ませようと思ったのに〜
せっかちだね〜」

もう一度手元にあるお茶を口に含む。
ふぅ、と息を吐く

「今日君に会いに来たのはね、前に新に頼んで嵐ちゃんに“ビートル君の解析”をしてもらっていたんだけど…
“その結果が昨日出た”。」

「⁉︎兜の解析⁉︎いったい兜に何をしたのだ‼︎‼︎」

「兜?
ああ、武神君はビートル君のことを兜と呼んでいたんだったね。
うん。解析って言っても、ビートル君の体の“魔力”を少し調べてもらったんだよ。」

「魔力、ですか…?」

「うん。
私が思うに、新に戦闘を挑むなどそんな“無謀な事”しないと思うんだよね〜
だから、新がビートル君をフルボッコにした後、失神してたからとりあえず私がセフィラ化させといたんだよ。
で、調べてもらったんだけど……

案の定、“二つの魔法”がかかっていたよ…」

「魔法⁉︎兜にか‼︎⁉︎」


「うん。
その二つの魔法の一つは、身体能力、魔力値を向上させる魔法…
そして、問題なのは二つ目つの魔法…

かなり強い“洗脳魔法”だよ…」


「洗脳魔法⁉︎
やはり兜も操られていたのですか‼︎⁉︎」

「うん。
アラクネちゃんとはまた違うタイプの魔法だけど。
アラクネちゃんにかかってたのは完全に魔法をかけた“相手の思い通りに動くタイプの魔法”…
ビートル君にかかっていた魔法は、

相手の“思考回路を操るタイプの魔法”だったよ… 」

「なっ‼︎⁉︎」

「つまり、ビートル君の思考が“新から死神の座を奪う事に上書きされていた”んだよ。」

「だ、だが、そもそも死神殿から死神の座を奪う事などできるのか?」


「出来なくもない…
例えば…新に“ビートル君にかかっていた同じ魔法”をかけるとか…
または…

新の“死亡予知記録”を奪うとか…   」


* * *

その頃一方、死神こと神藤新は飛行機の中にいた…

「はぁ…ついに来てしまった…行きたくねぇなぁ〜イタリア…」

「まだそんなこと言っていたの?
いいじゃない?イタリアだよ?」

「だから、イタリアは別にいいんだけど、“リズがいる事が問題なんだよ”…」

「どんなか嫌ってるのよ…
というか、リズってどんな子なのよ?」

「う〜ん…一言で例えるなら…

“悪魔”?」

「そんなに⁉︎」

「う〜ん…別に尖った尻尾と角がが生えているわけじゃないんだけどさ〜…」

「いや、そんな事は分かるわよ…」

「…なんというか…めっちゃ怖い(ガタガタブルブル…)」

「神藤君がそんなに怯えているの初めて見たんですけど…」

「それと、“もう一つ心配がある”…」

「もう一つ?」

「ああ…もう一つの心配事…それは…」

「それは?」


「家の中で家事まともにができる奴がいない。」


「それは確かに大問題だね‼︎⁉︎」


「大丈夫かな…希里たち…」

正直言ってものすごく心配だ…
希里は家事はできなくもないが…
料理の方が…ちょっとな…
おそらくだけど、希里が料理担当をしたら食事が楽しいものではなく料理との“戦争”になるだろう…

一方、姉さんの場合はと言うと…

家事全般がほぼアウト…

一度洗濯物やらせてみたら、“洗濯機が爆発するという謎の事件が発生した”。

嵐の場合は、そもそも部屋から出てこない時点でアウト…

親父は、おそらく…
今頃、武神の家にでも逃げてるんじゃないか?


『ヘックショイッッッッ‼︎』←ゼウス


『風邪か?』←武神

『う〜ん?そうかなぁ〜。
あ、言い忘れてたけど、しばらくの間“ここに泊まっていくからね”?』←ゼウス


『何故そうなる‼︎⁉︎』←武神


他に誰か家事ができそうな奴は……あ、いるわ…
多分、お願いすれば直ぐにでも完璧にこなしてくれるだろうと思われる人が“一人”いたわ。
よし、イタリアに着いたら電話してみるか。

これでほぼ家事の問題は解決した。
後は…やっぱり、リズだよな…………
本当に会いたくねぇ…


* * *

とある薄暗い部屋…
少女は豪華なソファーに腰掛けていた…

すると、ドアがコンコンとノックされる…

「はい?どなた?」

『姫様、セバスです。』

「入りなさい…」

『いえ、このままで結構です…
一つ連絡があります…
先ほど、一光学園の留学生が日本をたったようです…』

「そう、いよいよ明日なのね…‼︎」

『その通りでございます…
その事についてご提案があるのですが…』

「ふん?提案?」


『はい…
明日参られる死神様を含めたお二人をホームステイでは無く、この城に“客人”として招待てはいかがでしょうか…』


「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く