話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第39話 記憶

*第39話 記憶*

どれくらい時間が経っただろうか…
重く暗い時間が過ぎてゆく…
本当にどうしたらいいんだよ…
ふと、何者かが新に向かって近づいて来た…
「コラ、神藤‼︎お前今何時だと思っているんだ‼︎」
ゆっくりと顔を上げると…
「もお、11時半だぞ‼︎いくら成績が良くてもっ…?」
その人はそこで言葉を止めた…
「どうしたんだ?神藤?何があった?」
急に説教が止まり、心配そうな声をかけてくる…
「別に何もないですよ…」
「何もなくはないだろう?目が真っ赤だぞ?」
「別に真っ赤じゃないですよ…」
「嘘つけ、格好をつけているつもりか知らんが、泣いていたんだろ?」
その言葉にハッとなり、涙を拭う…
「格好もつけていませんし、泣いてもいません…」
「まぁ、いいが…何があったんだ?私でよければ話してみろ?な?」
「……別に“華菜かな”には関係ないだろ…」
ゴツンッと頭を小突かれた…
「誰が“先生”のことを名前で呼んでいいと言った?」
「…すいません…“藤澤ふじさわ先生”…」
「うむ、よろしい。あと関係なくは無い。私は神藤の担任だからな。」
「……。」
そう言うと藤澤先生は俺の隣に腰かけた…
「ほれ、私に話してみろ。」
「……例えばですけど先生…大切な人を忘れて、すぐ近くにいたにもかかわらず思い出せず、ある日突然大切な人を思い出してしまい、思い出したことを隠そうと逃げてしまったら…先生はどうします…?」
「ふむ…なかなか難しい質問だなぁ…そうだな〜…私だったら…すぐにその人に会いに言って…抱きしめて…忘れる前に戻ったかのようにその人の名前を呼ぶかな」
「………。」
「しかし、神藤にも似たようなことがあったんだな?」
「…何がです?」
「…私はな、おそらくだが…大切な“誰か”を忘れている…」
「⁉︎」
「高校3年生の時にそう思った…」
「………何故そう思ったんですか?」
「…実はな…私は高校二年生の二学期になるまで…ずっと“言葉を話さなかったんだ”」
「………。」
「話さなかったと言うより…話すことが怖かったんだ…だが、“突然話すようになった”…何故だかは分からない…そこで、何故話すようになったか考えてみた…だが、そのことを考えるたび、誰かの声が脳裏に響いたのだ…誰だか全く分からない…そして、その声が響いた瞬間…何故か……」
そう話している途中…突然、藤澤先生の目に涙が浮かんだ…
それに気づくと急いで涙を拭う…
そして、再び語り出す…
「…そして、気づいた…私は“誰かを忘れているのではないか”と…大切な…大切な誰かを……でも、忘れてしまった…私もいつか……神藤みたいに思い出すことができるだろうか…」
「………。」
「…はは…私が偉そうに言える事ではなかったな。」
そして、苦笑した…
目の奥には、悲しみを感じる…
「……いつか…いつか出来ますよ…」
「…え?」
「…僕の言うことは信用しないほうがいいですが…でも、きっと、思い出すことができますよ…」
自分は何を言っているのか?
なぜそんなこと言った?
思い出すことは“不可能”だとは自分でも分かっているだろう?
それでも、言わずにはいられなかった…
「…はは、私が元気付けるはずが、逆に生徒に元気付けられてしまったよ…」
そして、藤澤先生……華菜は空を見上げた…
つられて見上げると、都会ゆえに満天の星空とまではいかないが、星々がポツリポツリと輝いていた…
「さてと、神藤…今日のところは見逃してやろう…その代わりだ…」
華菜は、じっと俺を見つめ…
「大切な人の所に行ってこい。」
「……それは先生としてどうなんですか?」
「いいから、今日くらい格好つけさせろ。」
「…先生はいつもクールで格好よくて魅力的ですよ。」
突然の言葉に驚いたのか、華菜は目を見開き、そして何かを察したのか、微笑んだ…
「はいはい、お世辞をどうも、ほら行ってこい。」
「はい」
新は立ち上がり走りだした…が、
途中で振り返り、足を止める
「先生」
「ん?どうした?」
「格好いいって言うのは褒め言葉にならないかもしれないですけど、華菜が魅力的な女性って言うのは俺が保証しますよ。」
「なっ‼︎⁉︎」
予想外のことを言われたのか、急に華菜の顔が赤く染まる…
「では、さようなら‼︎」
「って先生と呼べ‼︎それと最後まで格好つけさせろ‼︎‼︎‼︎」

* * *

華菜と別れた後、家まで一直線に走った…
そして、家の目の前に立ち、気をなだめるように深く深呼吸する…
そして、ゆっくりと扉を開けた…
その瞬間…
胸のあたりに何かが飛んできた…
バランスを崩し尻餅をついた…
飛びついてきたもの…
ゆっくりと胸のあたりに目をやると…
「ヒッグっ…おかえり…新…‼︎」
顔を涙でぐしょぐしょに濡らした邪神…いや、母さんだった…
そして、そっと抱きしめた…
「ヒッグっ…聞こえてたよ…‼︎思い出してぐれてありがとう…‼︎」
「…ああ、そうか…今の“母さん”には隠し事をしても全部筒抜けなのか…」
そして、母さんと言った瞬間…
わんわんと泣き出した…
地面についた両手を離し…
ゆっくりと抱きしめた…
そして、こう言った…
「ただいま…“母さん”…そして、“おかえり”…」
「うん…‼︎ただいま…‼︎」

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く