学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第22話 白い光

*第22話 白い光*

* * *

ここは…何処だ…?
暗い…けど…なんだか…暖かい…
悪くない気分だ…
そのとき、目の前に白く光る女性が現れた…
微笑みながら…頭を撫でてくれる…
ああ…"またこの夢"か…
貴女は…誰なんだ…?
彼女は質問に答えず、ただ、微笑みながら頭を撫でるだけだ…
なんだろう…悪い気はしないのに…
なんで…
こんなに"悲しく"なるんだ…
自然と頬に涙が伝った…
ポツリ…ポツリと落ちていく…
すると、女性は撫でるのをやめ、遠く離れていく…
待って…行かないでくれ…
離れたくない…
何故かそう思ってしまった…
行かないで……****‼︎
あれ…?なんで…だ?名前は知らないはずなのに…
痛い…痛い…頭が破れるように痛い…
誰なんだ…貴女は誰なんだ…
俺の…何なんだ…
そして、彼女は暗闇の中に消えていった…

* * *

「ただいま‼︎‼︎」「ただいま戻りました‼︎‼︎」
「おぉ、おか「ちょっと叔父さんそこどいて‼︎‼︎」…はい…って新‼︎⁉︎どうしたんだその体⁉︎」
「説明は後です‼︎父上‼︎とりあえず邪魔ですからどいてください‼︎‼︎」
「…はい……」
「おじゃまするでござる……」
「おお、武神君じゃないか‼︎どうしたんだい急に?くるなら言ってくれればよかったのに〜♪」
「ゼウス殿…今はそんな気分じゃないんで…」
「…その傷、何があった…それに新は…」
「…新が…兜の左肩を砕いた…」
「ーッ⁉︎どういう事だ‼︎もっと詳しく説明しろ‼︎」
「分からねえんだよ‼︎‼︎分からねえからここに来たんだ‼︎死神殿から直接聞くためにここに来たんだ‼︎‼︎」
「…悪かったね…ちょっと先走っちゃったよ…」
「…すまん…俺もゼウス殿に怒りをぶつけるつもりはなかったんだ…」
「………。一つ聞いてもいいかな…?」
「ああ…構わぬ…」
「ビートル君の肩を砕いたときの新…もしかしてだけど…腕がデカかったりしなかった…?」
「ーッ⁈何故その事を知っている‼︎」
「やっぱりか…」
「何か知っているのか‼︎教えてくだされゼウス殿‼︎‼︎」
「…この話はとても複雑だ…そう簡単に理解できるものでは無い…明日…女神と鬼神も呼んで…それから話す事にするよ…それと…あの"お嬢さん"も呼んだほうがいいかな…?」
「誰ですござるか?そのお嬢さんとやらは?」
「…アラクネ戦の時の人間の被害者…それと新が助けると決めた女の子だよ…」
「…何故その者を呼ぶ必要があるのです?人間には関係無い事でしょう?」
「…いや、彼女だけは関係があるんだ…新が彼女を助けたときにに"過去を話してしまった"からね…」
「………。」
「それに、もう一つ理由がある…」
「もう一つの理由とは何ですか…?」
「………。彼女が、もしかしたら新を"救ってくれる"かもしれないんだよ」
「死神殿を…?死神殿の何を救うというのです?死神殿は何も問題無いように思えるが…」
「そう…そこが厄介なんだよ…」
「?」
「新自身が自分の"本当の過去を知らない"んだよ…」
「なっ⁉︎どういう事ですかそれは‼︎そんな事儂は聞いた事無いぞ‼︎し、死神殿が自分の過去を知らない⁉︎そんなことありえるわけ…」
「あるんだよ…あったんだ…新が無意識のうちに"自分自身の記憶を消すほどの悲劇が"…」
「…自分で自分自身の記憶を…消す?死神殿が…?」
「詳しい事は明日話すよ…今日は家に泊まってきなさい」
「いや…言葉を返すようで悪いんだが………」
「ん?どうしたんだい?」
「ここ…"ゼウス殿の家では無い"ですよね?"死神殿の家"ですよね?」
「………。まぁ細かい事は気にしない〜♪」
「その言葉を腕をワキワキしながら言わないでください…本人に怒られますよ…」
「んじゃ、さっきの事女神と鬼神に伝えといてね。女神にはお嬢さんの事もね〜♪ほんじゃあバ〜イバ〜イキ〜ン」
「だから怒られますよ‼︎‼︎」

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く