学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第20話 武神vs兜

*第20話 武神vs兜*

「久しぶりに手合わせをしてやろう」
『グオォオ"オ"オオオオ‼︎』
刀を鞘に差し構え、心を落ち着かせる…
そして、目を閉じた…
その瞬間…
『グオォオ"オ"オオオオォォ‼︎‼︎』
巨大な化身が叫んだ…
そして、途轍もなく大きな羽音を立てながら角を突き出し、突進してきた…
が、1メートルほど近づいたところで…
「消えた⁉︎」
希里の驚きの声が聞こえてきた瞬間…
カッと目を開き…
「居合…"神隠し"…」
化身が背後に現れた。
違う。
化身は斬られたのだ…
武神に触れる瞬間…武神の居合によって…
化身は体を両断され、切口から光の粒子が吹き出していた…
だが、その化身の上にはビートルがいない…
「なかなかやるのお?」
すると、武神の頬に傷が刻まれた…
後ろを振り返ると、日本の刀を持ち、鎧を身につけた男、ビートルが平然と立っていた…
『………。』
「ふん?お主は叫ばんのか?」
『………。』
「まぁ、良いが…」
改めてお互い刀を構えた…
しばらくの時が過ぎ…
"二人共同時に消え"た…
ギィーーーーーーーーーーーン!‼︎‼︎
二人が元いた場所の間で、武神とビートルが刀を交えた…
両者の力はほぼ互角…と思えた…
「武神がおされている…」
と希里が呟いた…
「ーッ‼︎」
刀と刀がぶつかり合い、辺りに金属と金属がぶつかる音が響いた。
そしてその間、少しずつ…少しずつ、武神は血を流した…
理由は簡単だった…
「ビートルの方が早い⁉︎」
そう、早い…早過ぎるのだ…
武神が刀を振るう速度よりもビートルの振るう速度の方が早いのだ…
「ーッ‼︎これがお主の強さならまだしも‼︎操られ‼︎強化されている強さなら‼︎操っている奴は腹がたつ‼︎‼︎兜はそんな事までして強くなることは望んではおらんだろう‼︎‼︎こんな偽物の力で儂に勝っても嬉しくは無かろう‼︎‼︎操られ‼︎苦しいだけだ‼︎‼︎だから‼︎兜の師として儂が‼︎儂が兜を救わねばならんのだ‼︎‼︎ークッ‼︎」
「武神さん‼︎後ろ‼︎‼︎」
「何っ⁉︎」
先ほど切り裂いたはずの化身が"再生"をしていた…
ーッ⁉︎この状況で彼奴は止められんぞ‼︎
それに‼︎あんな重傷を負っているにもかかわらず"再生などできるはずない"のに‼︎
「ーッ‼︎」
「まずい‼︎僕が止めな…
「あぁ…」
その時、希里の隣で何が動いた…
ソレはのそりと立ち上がり飛んだ…
「兄上⁉︎ダメです‼︎そんな体じゃあーッ⁉︎」
飛んでいった者…
ソレは間違いなく新だった…
希里と桜姫の武装の一部を使って傷口を塞がれた新だった…
だけど…"違う"…
「アレは…兄上?なのか?…」

* * *

「ークッ‼︎どうすれば‼︎」
背後にいた化身は完全に再生し、武神に向かって突撃した。
ークッ‼︎避けられん‼︎と思ったその時…
ズッ、ガーーーーーーーーーーーーーン"‼︎‼︎
化身が跡形もなく"粉砕"された…
背後に"突然現れた者"によって…

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く