学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第19話 敗北

*第19話 敗北*

「ハァ…ハァ…新…‼︎」
嘘だよね…負けてなんかいないよね…
私の…私達の"傷を全て自分に転送"していないよね…
嫌だよ…もう…新が傷つくところなんて見たく無いよ…
お願い…無事で居て…今行くから‼︎
まだ間に合うと思っていた…
まだ、助けられると思っていた…
自分のせいで傷ついて欲しく無い…
だが、その思いは簡単に撃ち砕かれた…
『グォアオ"オ"オゥ"ーー‼︎‼︎』
化身の声がした…途轍もなく大きな声…
恐らく…私達をバラバラに吹き飛ばした化身だろう…
そして姿を現した…巨大なカブト虫の形をした化身…
そして……
「ーッ‼︎新‼︎‼︎」
大量に体から吹き出た魔力に包まれ、傷だらけの新が地面に倒れている姿が目に入った…
「新‼︎‼︎」
嫌だ…消えて欲しく無い…急いで新の元へ飛んだ…
「新‼︎新‼︎しっかりしてよ‼︎」
返事が無い…
「起きてよ‼︎お願い‼︎起き…」
ヌチャリと手に何かが付いた…
「ーッ‼︎」
血だった…黒く…酸化した血…
よく見ると、自分の足も黒く染められていた…
自分が降りた場所…それは…新が流した血が水溜りのようになっている場所だった…
新の顔を持ち上げ自分の方に向かせた…
新の頬には一筋の傷が刻まれていた…
間違いなく…私が受けた傷と同じ位置だった…
『グオォオ"オ"オ"ーーー‼︎‼︎』
「…さぃ…」
私のせいで…新が傷ついてしまった…
私がついて行くと言ったせいで…
「…ご…さぃ……」
私のせいだ…
「…ごめん、なさぃ」
『グオォ"オ"オオオ"ォ"オー‼︎」
「嫌だよ…いかないで…一人にしないで…」
ポツリポツリと新の顔に雫が落ちた…
「オ"オ"ラァア"ア"アア‼︎‼︎」
何かが化身に激突した…
「よくも…よくも‼︎僕の兄上をこんな風にして平然とできますねぇ‼︎ビートル‼︎‼︎」
激突したのは怒りに満ち溢れた希里だった…
「貴方だけは‼︎貴方だけは許さない‼︎‼︎」
希里は化身に突き立てた鬼炎を力任せに振り切った
化身はやや後ろに動かされただけだった…
「ハァア"アア"ア"ア‼︎‼︎」
鬼炎を構え直し再び突撃した
『キィーーーン‼︎』
辺りに金属と金属が打つかった様な音が鳴り響いた…
希里が突撃した先を見ると、鬼炎を刀一本で受け止める誰かがいた…
「何故邪魔をするんですか‼︎武神さん‼︎‼︎」
武神と呼ばれた男は、深緑色の着物を着、頭には傘を被り、腰に刀の鞘を差していた。
その男はゆっくりと答えた
「邪魔するつもりは無いが…今回は…少しな…会議以来だな鬼神殿、それと女神殿」
「よくそんな風に挨拶ができますね‼︎‼︎今僕がどんな顔しているか見て分かりませんか‼︎‼︎‼︎」
「おぉ、怖い怖い。鬼神殿が怒りになられるのも分かるが…今回は儂に譲ってくれんかのぉ?」
「…何故ですか…?」
「弟子の説教に来たんだよ。それと、今の鬼神殿は地球ごと破壊しかねんからな。」
「……分かりました。譲ってあげます。」
「すまんな…ああ、それともう一つ、死神殿の傷口を布か何かで全て圧迫するように抑えておいてくれ。これ以上魔力が外に出ると本当に消滅するぞ。」
「…分かってます、後はよろしくお願いします…」
「おう、任せとけ」
希里はゆっくりと降下し倒れた新の元に降りた
「さてと…」
その男は顔を化身の方へ向け
「ビートル…いや、"兜"…久しぶりに手合わせをしてやろう」

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く