学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第15話 暴走した2体目の獣神…

*第15話 暴走した2体目の獣神…*
その後、家に帰って夕食のラーメンを作り全員で食べたんだが…
『ズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん』
会長さんが物凄く凹んでいた…
「お〜い、会長さん?ラーメンが口に合わなかったのか?」
「違うわよ…」
「ほんじゃあどうした?」
「………すぎるのよ…」
「なんて?」
「美味すぎるのよ‼︎あんたのラーメン‼︎‼︎『ゴツッ‼︎』」
「「痛い‼︎」」
会長さんが急に立ち上がったため、会長さんの頭が俺の顎にクリーンヒットした…
「何するのよ‼︎」
「急に立つからだよ‼︎」
「うぅ…」
痛そうに頭をさすっている…
「美味かったら何で凹む必要がある?」
「凹むわよ‼︎」
「だから何でだよ…」
「料理はねぇ‼︎」
「う、うん?」
「私の趣味であり得意分野だったのよ‼︎‼︎」
「ソレとコレに何が関係があるんだよ…」
「武器が減ったのよ‼︎‼︎」
「……は?」
「今度、弁当を作る計画が台無しじゃない‼︎これより美味しい料理なんか作れるわけないじゃない‼︎‼︎」
「…なんの話だよ……」
「だ・か・ら‼︎新に弁当を作ろうとしてたのよ‼︎‼︎」
「は?誰が?」
「私がよ‼︎‼︎」
えぇ〜と…どういう反応すればいいのこれ…
「要するに…俺の作った料理に勝つ自信がないと…?」
「そうよ‼︎‼︎」
「……。」
「はぁ〜…せっかく作ってあげようと思ってたのに…」
そんなに落ち込まれても困るんですけど……。
「えぇ〜と…じゃあ作ってくれよ。弁当。」
「え?」
くるっと首をこちらに向けてきた。
「えぇ〜と、もう一回言ってくれない?聞き間違いだよね。新が私に弁当を作ってくれって言ったような気がしたんだけど…気のせいよね。」
「いや、そうやって言ったんだけど…」
「え‼︎な、何でよ⁉︎どうして⁉︎」
「いや…そんなに露骨に残念がられると俺が困るし…それに、食べてみたいからかな。会長さんの料理。」
「明日作ってくる‼︎」
「返事早っ‼︎」
「何が食べたい⁈何が食べたい⁈」
「ちょ、ちょっと落ち着け会長さん。」
急にどうしたんだ本当に。作ってくれって言った途端にテンション上げて…
感情は…喜び…まぁ、喜んでいるならいいか…
「何が食べたい⁈」
「わ、分かったから。えぇっと〜、ほんじゃあ卵焼きかな…?」
「分かったわ‼︎じゃあ、もうお暇させてもらうわ‼︎明日の準備があるから‼︎ほんじゃあ、また明日‼︎‼︎」
そう言って会長さんは、猛スピードで扉を開け帰って行った…何なんだ…本当に…
『『ジト〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜』』
そして、背後から物凄い視線を感じるんだが…
「何だよ…?」
「「いや別に。」」
「希里は何だそのニタニタ笑いは⁉︎そして何で姉さんはスネてんの⁉︎」
「いや〜…少し羨ましいなと…」
「何が⁉︎」
「ジト〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
「姉さんは、声に出しながらジト目で見るの止めてくれる⁉︎」
はぁ〜…全くどうしたんだ…
と思っていたその瞬間
「…っ‼︎」
「どうしたんですか?兄上?」
「獣神だ…」
「っ‼︎それは本当ですか‼︎」
「本当に‼︎今回は誰なの‼︎」
「コレは…ビートルだ…」
「ビートル⁉︎甲虫類の獣神ですか⁉︎」
「あぁ…間違いない。」
「場所はどこですか‼︎」
「山だ…この近くにある山に出現した…"獣神と同時"に…しかも、今回の獣神は複数だ…」
「流石はビートルと言ったところでしょうか…獣神の魔力の量ではかなり多い方ですからね…」
「じゃあ、行ってくる。」
「待ってください‼︎兄上‼︎僕もお供します‼︎」
「ダメだ。」
「獣神は複数なのでしょう⁈でしたら、こちらも複数で相手をした方が早く決着がつきまふ‼︎」
「……そこで噛むなよ…」
「決着がつきます‼︎」
「……。」
「希里君の言う通りだと思うよ。3人の方がいいと思う。」
「姉さんも付いてくる気かよ……」
でも、確かに希里と姉さんの言うことは正しい…
「かなり危険だぞ…」
「構いません。」「構わないよ。」
「……。」
しょうがないか…
俺はゆっくりと希里と姉さんに近づき、2人の眉間に人差し指を立てた…
「link‼︎…all life共有‼︎」
そう叫び、魔力を送り込む…
「コレはっ‼︎」「凄い…」
そして、2人の眉間から指を離した…
「コレで会話とビートルと化身の位置がわかるだろ?くれぐれも、無茶はするなよ。何かあったら連絡しろ。」
「「はい‼︎」」
「じゃあ行くぞ‼︎‼︎」
「「おぉー‼︎‼︎」」
そうして、2体目の暴走した獣神、ビートルとの戦いが幕を開けた…

* * *

その頃…ある山の中の大きな屋敷で…"もう1人"、獣神に気づいた男がいた…
「……ビートルか…久々に会うな…」
男はゆっくりと立ち上がり…部屋の奥に飾ってある刀の前に歩み寄った…
そして、その刀を腰に差し…庭へ出た…
「行くか…」
そう言うと、男はゆっくりと足を曲げ…"人間ではありえない力"で地面を蹴り、目にも留まらぬ速さで木々を飛び、山を降りて行った…
「待っていろ…我が"弟子"よ…儂が止めてやる‼︎」

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く