学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第14話 姉さんの怒り

*第14話 姉さんの怒り *
夕食の材料を買い終え帰宅途中、姉さんは復活していた…先ほどの寂しいという感情は弱くなっていた…
「姉さん…一つ聞いてもいいか?」
「な〜に?」
「何聞かれるか…分かっているよな?」
「……。」
すると、姉さんの顔からニヤニヤとした笑いは消えた…
「うん…分かっちゃうよね…新は今、all lifeを使ってるんだもんね…」
「あぁ…」
しばらくの間、俺と姉さんは一言も喋らなかった…
そして…
「姉さん…何で…寂しさと同時に…"恐怖"を感じていたんだ…?」
「……。」
「姉さん…ちゃんと話してくれ…そうしないと分からない…」
「……。」
「俺は、姉さんの事が"心配"なんだよ…」
「………そ……」
「もう少し大きな声で言ってくれ…聞こ…「嘘‼︎」」
「新‼︎私にもそんな嘘は分かるよ‼︎ずっと一緒だったからね‼︎ずっと、新のことが好きだったからね‼︎‼︎」
「……。」
そう…姉さんが言うとおり…
俺には分かっていた…
何故、姉さんが寂しさを感じ…恐怖を感じていたか…
姉さんが俺のことを好きだったことも…
姉さんの息が荒だっていた…
そして…姉さんの感情に"怒り"が加わった…
「私が今‼︎怒っていることも分かっているよね‼︎」
「……あぁ…」
「何で怒っているかも分かっているよね‼︎‼︎」
「…あぁ……」
「何で私がこんなに怒っているか‼︎言ってみなさいよ‼︎」
「……俺が…"人間と…関わり合っている"からだ…」
「分かっているなら‼︎…何で‼︎‼︎何で‼︎‼︎‼︎」
「…会長さんが……昔の俺に…似ていたからだよ…だから…助けようと思った…」
「その後‼︎ "誰が悲しむ"のか分かってるわよね‼︎‼︎」
「…俺だ…」
「私も悲しむの‼︎私も新が悲しんでいるのを見ると悲しくなるの‼︎‼︎」
「……。」
「それに‼︎そんな新を見るのは、もう嫌なのよ‼︎‼︎」
「……。」
「なのに…なのに‼︎どうして分かってくれないの‼︎‼︎」
「……。」
「何でよ…何で……」
「っ‼︎」
姉さんの目から涙が流れた……
全て…全て、俺が悪いのだ…俺が…また…"同じこと"を繰り返す可能性があるからだ…
もし…会長さんを助けられたとしても…絶対にハッピーエンドにはならないのだ……
「分かっているよ…分かっている…だけど…見捨てれなかったんだよ…俺だって…俺と似た思いをしている奴がいたら‼︎俺と同じ結末にならないように助けたいんだよ‼︎‼︎」
「……。」
「だから…頼む…俺に…会長さんを助けさせてくれ…」
「……後悔はしない?」
「あぁ…絶対に助ける…あんな思いは2度としたくない…」
「……分かったわ…」
「…ありが「ただし…」」
「…助けると決めたからには、あの子を…絶対に助けなさい。いいね?」
「あぁ…」
絶対に同じ結末にはしたくない…
今度こそ…今度こそ助けるんだ…
そう、心に決めた…
「さぁ〜て‼︎…早く家に帰って、新に夕食作ってもらわなきゃね〜」
と言いながら、姉さんは体を伸ばした。
「泣いたらお腹すいちゃったよ〜」
「…姉さん」
「ん?な〜に?」
言わなきゃって…思ってた…
「姉さん…いつも心配してくれて…ありがとう…」
姉さんは驚いたようだ…俺がこんなことを言うのは初めてだからだ。
ちょっと、恥ずかしいけど…
すると、姉さんは満面の笑みを浮かべ…
「どういたしまして」
そう答えた…
「じゃあ、帰ろっか。」
「あぁ、帰って久しぶりにラーメン作らないといけないしな。」
「楽しみにしているよ!新のラーメン‼︎」
「おう。楽しみにしとけ。」
こうして…俺は、本格的に会長さん助けを始めることになった…
「そういえばさぁ〜」
「ん?」
「まだ、新から答えを聞いてないんだけど?」
「何の?」
「告白の」
「ブフッ‼︎」
「で、どうするの?」
「え、え〜と……」
「私は本気だよ?」
「…今は…答えを出せない…」
「そっか…予想はしてたけど…やっぱり、そう答えるか…」
「………。」
「じゃあ、もっともっとアピールしないとね〜」
「…っ⁉︎」
「じゃあ、私はこう宣言する…『絶対に新をおとしてみせる‼︎』」
「……。」
「覚悟しておいてね♪」
「…りょ、了解…」
面と向かって言われると調子が狂うな……

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く