話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第13話 姉さんの異変

*第13話 姉さんの異変 *
その日の学校の帰り、ふと気になったことがある。
姉さんは、転入してきたのはいいが、どこに住むのか?
「姉さんってこれからどこに住むんだ?」
「え?新の家だよ?」
「ふ〜ん、そうか…は?」「え?」
「ん?」
「はぁ⁉︎いやちょっと待て‼︎うちに泊まるのかよ‼︎」
「どどどどどど、同性⁉︎」
「って、いつの間に会長さん居たんだよ‼︎」
「さっきそこで新が見えたから追いかけてきたら…」
「……。で?どういう事だ姉さん。」
「え〜と、簡単に言えばただで住めるから。」
『……。』
「あと、新が居るから‼︎」
「お前はさっきそのせいで反省文書かされてなかったっけ⁉︎」
「まぁ細かい事は気にしない気にしない〜」
「気にするわ‼︎ってか、今日の夕食の量変えないといけないやん‼︎何か一品付け足すか…」
「え?」
「ん?どったの会長さん?」
「え?いや?気のせいかな〜…」
「うん?どうしような〜…姉さんはなんか食いたいもんあるか?」
「新が作るものなら何でもいいよ〜」
「そうか…まぁスーパーで決めるか…」
「聞き間違いじゃなかった‼︎‼︎」
「急にどうしたんだよ会長さん…」
「まさかだとは思うけど、あんたが家事やってるの⁉︎」
「そうだけど?あ、今日は豚肉が安かったっけ?」
「主婦か‼︎」
「…俺が家の家事をするのがそんなに意外か?」
「うん‼︎‼︎」
会長さんが物凄い勢いで首を縦に振った…
俺、真面目に泣くぞ…
「そんなに信じられないんだったら、会長さんもうちで夕食たべてくか?」
「い、いいの⁉︎」
「いいけど?1人も2人もそう変わんないから…で?どうするの?」
「いただきます‼︎」
「ん、了解…なんか食いたいもんあるか?」
「え〜と、そうだな〜、じゃあカップ麺‼︎」
「…お前絶対に俺が料理ができるって認めないつもりだな…ほんじゃあラーメンでいいな?」
「カップ麺?」
「一から自分で作るんだよ…」
「作れるの⁉︎」
「あぁ、確か麺のストックもあったはずだしな。」
「なんか心配になってきた…」
「お前どんだけ疑ってんだよ‼︎」
ふと気づいた…
姉さんの顔…笑っているはずなのに…読み取れたものは…『寂しい』という感情…
どういうことだ…?
「姉さん?」
「ん?なになに?新〜新〜」
と言いながら抱きついてくる…おかしい…手が震えている…そして抱きつく強さが強まった…
「ちょっ‼︎何やってるのよ‼︎ん?」
俺が会長さんに向けて唇の前に人差し指を立てた。
そして、抱きついている姉さんの頭を優しくなでた…
すると、姉さんの抱きつく強さがよりいっそう強まった…何があったんだ?本当に…
姉さんに聞こえないように、言葉を発した…
「…link…」
そして、会長さんの肩にそっと触れた…
「何よ?」
「いや何でも?」
そして、頭の中で話しかける…
『会長さん、会長さん…』
「だから何よ?」
そして再び会長さんに向けて唇の前に人差し指を立てた。
「?」
そしてその状態で…
『会長さん…今、会長さんにlinkっていう魔法を使ってる…この魔法は指定した相手と頭の中で会話するとことができる…』
「え?『こういう事?』」
『そういうこと…初めてにしては上手いな…』
『えへへ』
『表情に出さなければな…まぁ、いいや…あとで俺の家の前に着いたら俺が会長さんは俺の家で待っててくれって言うから、その時は断らないでくれないか?』
「な…『何でよ…?』」
『姉さんの様子がおかしいんだ…』
『どういうことよ…?』
『わからない…だから頼む…2人で話す時間をくれ…』
『…わかったわ…』

* * *

「会長さんは、ちょっと俺の家で待っててくれないか?ちょっと姉さんとスーパーで買い物してくる。」
「…わかったわ…なるべく早くね。」
「…了解、希里が帰ってきていると思うから、事情を説明しといてくれ。」
「わかった。」
「ほんじゃあ行ってくる。行くぞ姉さん。」
「うん‼︎行こう‼︎新とデートだ‼︎」
「デートじゃねぇよ‼︎」
会長さんが白い目で見ている…とりあえず急いでスーパーへ向かった…

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 黒百合提督

    同棲が同性になっています

    0
コメントを書く