学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第11話 平穏な日常が欲しい

*第11話 平穏な日常が欲しい*


アラクネとの戦いを終え、その後、会長さんを家まで送り、長い1日が終わった


そして数日が過ぎる…

俺は現在、学校にいる

俺はいつも通り山積みにしたラノベを読んでいるわけだが…
………………………………………………
…………………………………………………………………………………………………………………読みづらい

その理由は…

「あの〜、会長さん…?
なんでさっきから" 俺のすぐ隣で俺の顔を見ている "んですか?
何か顔についてます?」

「べ、別に新の顔をじっと見つめていたわけじゃないんですけど‼︎」

「「「っ‼︎」」」

なんか周りがどよめき出したんですけど…

アラクネとの戦いが終わった後からずっとこの調子だ…

『い、今、あの西園寺さんが神藤のことを名前で呼んだぞ⁉︎』

『どうなっているんだ⁉︎』

『知らねぇよ‼︎俺に聞くな‼︎』

『しかもあんな近くで話して…
羨ましい‼︎呪ってやる‼︎』

『なんでよりによって学校一のオタクと言われている神藤なんだよ‼︎』

『神藤殺す‼︎神藤殺す‼︎殺す‼︎殺す‼︎殺す‼︎殺す‼︎…』

『リア充爆発しろ‼︎』

『あいつ彼氏なんかいたの‼︎』

『知らないわよ⁉︎』

『でも、あの神藤となら別にうらやましくもなんともないじゃん?』

『いるだけまだマシよ‼︎
しかも、神藤はオタク要素を除けば普通にいい男だし‼︎』

『え?あんた、もしかして神藤のこと狙ってたの?』

『な、なわけないでしょ‼︎
…あぁ、あんな近くにっ…クゥッ‼︎
西園寺のくせに羨ましい…‼︎』

『……。』

うわぁ〜なんかとんでもないことになってる…

ってか、一名発狂してるし…会長さんも生徒会長なのに嫌われてるのかよ…

『じ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜…』

まだ会長さんは見ているし…

はぁ〜本当に俺に平穏な日常は訪れるのかね…

するとチャイムが鳴った…なんと神的タイミング!
チャイムさんマジリスペクトっす‼︎

でも、ラノベが全然読めてない‼︎‼︎
くっそぉー‼︎

「席につけ〜授業を始める‼︎
っとその前に始業式そうそう転入生の紹介だ。」

教室が騒めき出す

『転入生⁉︎マジで⁉︎』

『この学校、偏差値高すぎるから転入なんて、ほとんどありえないって言ってもいいのに‼︎』

『女子かなぁ‼︎女子かなぁ‼︎美少女かなぁ‼︎』

『イケメン男子こい‼︎美少年カモォーーン‼︎』

「ほらほら、静かにしろ‼︎」

う〜ん転入生かぁ〜…どうしよう…嫌な予感しかしない…
なんてったって…ドアの向こうにある命…

明らかに人間のものじゃないし⁉︎
しかも知ってるし⁉︎
この命⁉︎本当に苦手なんですけど" あの人 "だけは‼︎

ってか、会長さん‼︎いつまで見てんだよ⁉︎

「では、紹介する‼︎入ってこい‼︎」

扉が開いた…
転入生が教室に入ってくる…

『女子だぁ‼︎しかも美少女だぁー‼︎』

『『『FHOOOOOOOOOO‼︎』』』


予想が的中したぁ"ぁあ"あーーーーーーーーーー‼︎


「ほら静かにせんか‼︎さて、自己紹介をしてもらう。」

「佐藤 桜姫と言います。よろしくお願いします。」

『『『FHOOOOOOOOOO‼︎』』』

「静かにしろ‼︎では何かコメントを頼む」

「えぇ〜と、その前にちょっといいですか?」

「ん?構わんが、ってなんで“柔軟体操”をする必要がある⁉︎」

ヤベぇ"ぇ"ぇ"ぇ"ぇ"ぇ"ーーーーーーーーーー‼︎

こっちの存在に気づいてる‼︎‼︎
ヤバイどうしようヤバイとりあえず…

安全確保のためにラノベをゆっくりと鞄の中に全てしまう…

「よし!準備OK‼︎」

こっちは全然準備OKじゃない‼︎‼︎‼︎

「では‼︎」

そして、助走をつけて飛んだ…

飛んだと言ってもジャンプしただけなんだけど…

ただし

" 俺に向かって "…

「あ〜〜ら〜〜た〜〜‼︎」


「ギャアアアアアアアアアアアアアアアア"ァ"ア"ァ"ア"ァ"ー‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎⁉︎」


そして俺の真上に落下

そして、机と机の間のスペースに投げ出された…

ヤバイ、逃げないと…ギャッ‼︎

背中からがっちりと抱きつかれた

ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ


「新ー‼︎久しぶり〜‼︎
元気にしてたかこのやろう‼︎
全く可愛いな〜❤︎
あ〜、久しぶりの新だ〜❤︎
もっと抱きついてやる!えいっ!えいっ!」


「ギャー‼︎やめろ!マジでやめて‼︎
って体をまさぐるな⁉︎
ちょっ‼︎マジで誰か助けて‼︎姉さん‼︎マジでやめて‼︎」


『『『姉さん⁉︎』』』

「このやろ!このやろ!
参ったか‼︎参ったか‼︎?」

「参った‼︎参った‼︎降参‼︎
だから、本当にやめて‼︎」

「参ったか〜じゃあ、これで最後だ〜‼︎」

「まだやっ―――っっっ‼︎⁉︎⁉︎」

まだやるの⁉︎と言おうとしたところで続きが言えなかった
というか言葉を出せない
なぜかと言うと姉さんの唇が、俺の口を塞いでいたからだ…


『『『え"ぇ"ぇ"ぇ"ぇ"ーーーーーーーーー⁉︎』』』


「ちょっ‼︎新⁉︎」

うぅ、意識が持ってかれる…
そこで、俺の意識は飛んだ…
本当に平穏な日常が欲しいよ………


『『『神藤が泡吹きながら気絶したぁ"あ"あ"⁉︎』』』


「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く