学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第8話 アラクネ再び ~前編~

*第8話  アラクネ再び  ~前編~  *

本当は誰かに助けてほしかった…

でも、私に手を差し伸べてくれる人は誰一人といなかった…

神藤 新という男を除いては…

嬉しかった…

本当に嬉しかった…

でも…私はその望みはあっという間に消えてしまった…

私の目の前に広がる光景…

顔に付く赤くほのかに暖かい" 血 "……

その血は紛れもなく新の物であった…

私をかばったために…

嫌…いかないで…私を一人にしないで……


そして、私の後ろにあるものに気づいた…


空間に" 穴 "が開いている…


そう例えるしかなかった…
その穴から一人の目を閉じた女性がゆっくりと出てきた…

その女性は、ボーイッシュな髪型、美しい白銀の髪、すらっと伸びた脚、まさに美女といった感じだった…

だが、あるものが目に入った…
彼女の背負われた、赤い歯車のような物…
そして、彼女が手に持つ紅い刃の白銀の槍…

すぐに気づいた…
この女性が新を殺した人そのものだった…
そして、その女性はゆっくりと目を開けた…
" 真っ赤 "な目を…


『ギュヴァワ"ア"ァ"ァ"ヴア"ァ"ァ"ア"‼︎』


狂ったように叫びだした…
それと同時に、背中から赤い鎧のような…

赤い昆虫の脚…蜘蛛の脚が3つい生えた…
叫ぶのをやめるとこちらに気づいたのかゆっくりと笑い、口が裂け、不敵に笑いだした…

物凄い殺気で溢れていた…体が自由に動かない…
嫌だ…死にたくない……

女性はゆっくりと近すぎ、手に持っていた槍をゆっくりと振り上げた…………

死にたくない……死にたくない…
助けて…助けて……助けて…
………新……
そして、槍は振り下ろされた…


ヴァア"アア"ア"ァァ"ァ"ァ"ン"‼︎


そんな音がした…

あれ…?
痛みがない…感覚もある……
そして、眩しい光が見えた…
青く…眩い光が私の前にあった…
その光がバリアのようなものを作り槍を防いでいた…


「その石はね俺の魔力でできているんだよ。」


聞こえるはずのない声が聞こえた…


「さっきの化身との交戦のときに会長さんを持ち上げたときに会長さんのポケットに入れておいた。」


その声は紛れもなくさっき槍に貫かれた新のものであった…


「いや〜ビックリしたよ。
まさかあんなときに襲ってくるとは思ってなかったからね。」


だが、新はまだ槍に刺されたままだ…


「よっかったね会長さん。
刺されたのが俺で。」


そう言うと、新の背中から黒い影のようなものが出てきた…
その影はだんだんと形を変え…鎌のような形になった…
そして、刺さっていた槍の背中から後ろの部分を斬り裂いた…


「言ったよね?会長さん。
俺は人間じゃない。
死神なんだよ。
“死ねないんだよ”。」


新はゆっくりと動き、残った槍を自分で抜いた…
すると、周りに飛び散った血がだんだんと黒い粒子に変わり、新の体に戻っていった…

そして、傷一つ無くなった…


「それで…」


その瞬間空気が変わった…


「アラクネどういうことか説明してもらおうか?ん?」


物凄い殺気だ…
女性から受けたものより何十倍はある…


「その目からすると…誰かに操られているのか…」


女性の赤く光る目を見てそう言った…


「どれだけ俺を怒らせれば気がすむんだろねそいつはぁ"‼︎‼︎」


その瞬間、新の体から大量の黒い粒子が噴き出した。黒い粒子…いや、赤みがかった黒色だった。
まるで血が酸化したような色をしている…
そして、天に右手をかざし叫んだ


「来い‼︎デスサイズ‼︎‼︎」


すると、右手に濃密な黒の雷が落ち、新を黒く包んだ。
やがて姿を現した…右手には化身との戦いのときとは比べ物にならないくらいの巨大なデスサイズが握られていた。

燃えている…
服が真っ黒な炎を上げている…


「刃展開‼︎‼︎」


黒い刃はさらに巨大化した。
刃の大きさは新の2・3倍はあるだろうか。
新の目が血走っていた。

すると、新がアラクネと呼んでいた女性が動いた。
持っていた槍を新たに向け、地面にヒビが入る程の力で地を蹴り、新に突撃した。

新はそれをデスサイズで衝撃を受け流すような形で後ろの茂みの方に投げ飛ばした。
そして、投げ飛ばしたアラクネを追って新も茂みの方に物凄いスピードで走って行った。


「いけない…追いかけなきゃ……」


なぜかそう思った…危ないことは承知だった。
だけどそれよりも、私を助けるために戦ってくれているのに私だけが安全な場所で隠れているのが嫌だった。

そして、私も茂みの中に走って行った。

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く