話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第5話 ○○さんに正体がバレる

*第5話 死神、○○さんに正体がバレる*

それにしても、何故あのアラクネが化身を放ち、暴れさせているのか?
その行動は自分の意思なのか?
それともあのアラクネを操れる程の何かがあるのか?
それは、本人に聞くしか無いか…
取り敢えず今は、急ぐしか無い‼︎

そして、もう一度all lifeを使い、正確な位置を割り出す。
見つけた。ここは、日本?
しかも、一光学園の近く?
何故こんなところに現れた?
取り敢えず、場所は割れた。
足に魔力を集中させ、地面が割れない程度に思いっきり蹴った。

※ちなみに魔力とは、魔法を使うためのエネルギーみたいな物である…

見えた。化身だ。
ん?化身の前に誰かいる?
まずい、吸収されてしまう‼︎

化身は、見た目が召喚した獣神が表す獣の形をしており、なおかつ体が大きいため、ずっと使っていると化身を出した主人の魔力が大量に持って行かれる。
それを防ぐために化身本体が食事をするような形で、生きている生物を丸ごと体内に吸収し、魔力とは別に運動するためのエネルギーにする。
そのため、目の前に動物や、魚、鳥、"人間"などが出てみればどうなるかは想像ができるだろう。

そして、今回現れた獣神は、アラクネ = 蜘蛛の神
化身の形は" 巨大な蜘蛛 "。

吸収される前に防がないと、取り返しのつかないことになる‼︎
さらに、足に魔力を集中させ、加速する。
化身が、吸収しようとした瞬間、少しジャンプして体をグイッとひねり化身の体を思いっきり横に蹴り飛ばす。
蹴り飛ばされた化身は横に吹っ飛び、壁に当たり刺さった。
そして、ジャンプしている途中…
視界に入った吸収されかけていた人…そして、目があった瞬間、息がつまる。
時が止まったような気がした。

「あんたは…」

「えっ?」

そう、学校から帰る途中の" 会長さん "だった…
そして、地面に足がつく。
よりによって、知人にバレてしまった…ってか、なんでこんな時間に学校にいるんだよ…もう直ぐ7時だぞ…

「えっ、どうやってあの化け物を吹っ飛ばしたの…?あんなにデカいのに…その足で…。
人間じゃ、そんな事…できるはずない…のに…。
どう…やって……?」

うう、気分が悪くなってきた。
嫌な感じだ。
絶対にバレ無いようにしていたのに…
バレてしまった…俺が人間じゃない事を…目の前が、だんだん白くなっていき空間がねじ曲がっていくような感覚を覚える…。
その時…

「後ろ‼︎」

何かが肩に触れた…会長さんの手だ…俺をどかせようとしている?
その瞬間、どうゆうことかが分かった。
背後から、先ほど蹴り飛ばしたはずの化身が飛びかかって来た。

『ギッジャア"ア"ア"ア"ァ"ァ"アア‼︎』

独特な声を上げながら背後から飛びかかって来る化身…
目の前には、どうにか俺をどかせようと必死になっている会長さん…
幸いにも、会長さん以外に人はいないみたいな…
まぁ、しょうがないか…
必死どかそうとしている会長さんを両手で抱きかかえるようにして持ち上げ、そのまま、全身に魔力を送り込む。抱きかかえたとき、会長さんが「ひゃっ⁉︎」と可愛らしい声を上げていたがそのままかかえた。
そして、地面を蹴り、背後から飛びかかって来る化身を避け、少し距離をとる。

「ふぅ〜、会長さん、聞きたいことはたくさんあるでしょうが後にしてもらえます?
それともう一つ。」

「うぇっ?」


「今から起こる事は、誰にも言わないと誓いますか?」

「そ、それよりも…は、早くおろしなさいよ‼︎」

ちなみに、今会長さんは俺に両手で背中と膝を抱きかかえられている。
要するに、" お姫様抱っこ "っといった形だ。

「おろしてもいいけど?また、化身に吸収されかけるよ?」

「うぅ…」

チラリと化身を見た会長さんは、身震いした。

「で?今から起こる事は、絶対に誰にも言わないと誓えるの?」

再び問うと。

「何で、誰にも言だたらダメなのよ!警察に通報しないと‼︎」

「警察じゃ、アイツは倒せないよ。
というか、今度は警察が吸収されるだけだ。
それと、誰にも言わないと誓えるのなら、お前を、"無傷"で助けてやる。」

そう言い切ると。
会長さんは、目をパチパチさせ、怒ったように

「あんた何様よ‼︎ 
あんたなんかがあの化け物を倒せるわけないじゃない‼︎」

確かに、そう思われてもしょうがない。
学校では絵に描いたようなザ・オタクって感じだったからな…
でも、さっき、蹴り飛ばしたのが効いていたのか、化身はなかなか攻撃を仕掛けてこないが、再攻撃してくるのも時間の問題だ。
だが、少し違和感を感じる。
いつもだったらさっきの回し蹴り一発で消滅してもおかしくない。
考えられる理由は、" 相当な魔力をつぎ込んでいる "か、" 何者かによって強化されている "のどちらかだ。
まだ、会長さんが何か言っている。

「そ、それに、あんなのは、自衛隊に…

「誓うか、誓わないか早くしろ‼︎じゃないとお前が傷ついちまうんだぞ‼︎俺は、そんなところは見たくないんだよ‼︎」

キレてしまった。
イラついていた。
俺は、嫌いだったんだ…"人が傷つくところ、死ぬところを見るのが"
死神とは思えないだろ?
人間が想像した死神なんか知らん。
現実はこうだ。
死神は、人が死ぬのが嫌いで、そして"怖かった"
そんな俺に会長さんはビックリしたのか会長さんが少し固まった。
そして…

「わっかたわよ!誓う…誓えばいいんでしょ!誓えば!」

そう言い放った。

「絶対に誰にも言わないな?」

「言わないって言ってるでしょ!だから…どうにかしなさい‼︎」

「分かった…」

俺は、深呼吸し、会長さんを地面にそっと僕の後ろに降ろし、僕は、化身と向かい合い、右手に力を入れた。

「来い!デスサイズ‼︎」

そして、手に魔力を送り込むと手の先から黒い雷が散り出して次第に雷が大きく、長くなり、やがて、藍色をした無刃の鎌になった。

「う…そ……」

会長さんの震える声が聞こえた。
そりゃ誰だってこんなのを目の当たりにしたらそうなるか…

「刃、展開‼︎」

そう言うと、無刃の鎌の周りに淡く白い光が集まって行き、鎌のサイズより三回り程大きい黒く光る刃が付いた。
そして、回復したのか、化身が飛びかかって来た。
やはりおかしい。化身にしては早過ぎる。
鎌の峰を化身に向け構え、飛びかかってきた化身をガードする。攻撃力も普段より高い。
そして、ガードした状態で化身を押し返し、化身の足をデスサイズで3本ほど切り裂いた。

「凄い…」

だが、切り裂いた傷口からすぐに足が生え元に戻った。トカゲの尻尾かよ…
今度はこちらから攻撃を仕掛けに行く。
からだを少しかがめ、勢いよく地面を蹴った。
すると、化身はこちらを向き、口からいくつもの糸の玉を吐いた。
流石蜘蛛だな。
その糸の玉を切り裂きながら突き進み、化身の胴体に向かって思いっきりDeathscytheを振り下ろすが、糸が刃にへばり付いていたため、刃が通らない。

「燃えろ‼︎デスサイズ‼︎‼︎」

そして、魔力を送り込む。
すると、刃から光の粒子が吹き出し、黒い炎を上げた。

「斬れろおおおおおおおおおおおおおおおおおお‼︎」

刃にへばり付いていた糸が燃え消え、そのまま、デスサイズを振り下ろした。
化身の体にヒビが入り、真っ二つに砕け散った。

『ギュワ"あ"あ"あ"あ"ぁ"ぁ"ぁ"………』

化身は叫びながらだんだんと体を光の粒子に変え消滅した。
そして、俺は、デスサイズに魔力を送るのをやめると、光の粒子に変わり、消えた…
後ろにいる会長さんに声をかけた。

「お〜い、会長さん無事か?」

会長さんを見やると、口をぽか〜んと開けて座っている会長さんがいた。
だめだこりゃ。
会長さんに近づき、しゃがんで、会長さんと目線を合わせ、目の前で手を振ってみる。

「はっ!」

お、戻ってきた。

「平気か?会長さん」

「な、な、な、なんなのよあんた‼︎え?どういうこと?て、手から大鎌出したり。あ、あ、あんた、何者なのよ‼︎」

「う〜ん、答えたいのは山々なんだが…とりあえず場所を変えよう。見られたらまずいから。」

そう言って、俺は、服も粒子に変え、制服に戻った。

「立てるか?」

手を伸ばした。
すると、会長さんは、少し戸惑いながら手を掴み立ち上がった。
会長さんが立ち上がったところで、俺は考えた。


どないしましょう、この状況……


「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く