話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

プロローグ,第1話 謎の少女が五月蝿い。

*プロローグ*

今、街で巨大な蜘蛛型の化神が暴れている。

驚くか?体長は人間よりデカイぞ?
そんな奴が街で暴れてたらひとたまりもないわな。
正直言って俺が1番驚いている。
なんてったってその巨大な蜘蛛は"知り合いが召喚した"もので、その知り合いは只今"行方不明"。
しかも、今からその巨大な蜘蛛を討伐しなくてはならないのだから…
何故そうなったか?
そんなこと、こっちが聞きたいよまったく…
そして、視界に巨大な蜘蛛が現れた。
ん?
蜘蛛の前に誰かいるんですけど…
あ〜あ、腰抜かしちゃってる…
蜘蛛は今にも襲いかかろうとしていた。
蜘蛛が襲いかかる前に足に力を入れ地面を蹴り、飛びながら"人間ではありえない力"で蹴り飛ばす。
すると蜘蛛は横に吹っ飛び、近くにあった壁に突き刺さった。
蹴り飛ばした際に襲われそうだった誰かが視界に入った。

その人はよく知っている人だった…

「え?………あんたは……」

「は?」

できれば会いたくなかった……


バレてしまったのだ人間では無いことを…


*第1話 謎の少女が五月蝿い。*


俺は今年で高校2年,一光学園イッコウガクエンに通っている神藤新だ。
見た目は特別カッコいい訳でもなく、いたって普通。
告白経験はゼロ。
ちなみに、彼女を作りたいとも思わない。
趣味が楽しいし、仕事もしなければならないからだ。
ん?どうした?
ああ、仕事?なぜしてるかって?
う〜ん…
いや、仕事している親父がいるんだけどね?
なんていうか〜"足りない"からだな。
弟もいるし。
家に、引きこもっている知り合いもいるしね…
まぁ、とりあえず仕事の話しはいずれ話すとして、そろそろ、学校に行かなければならない。
今日は一学期の始業式だ。

* * *

さて、新しい教室わっと…2-Aかぁ。
取り敢えず教室に向かう。
教室に着いたところで、当然の如く自分の席を探し…おお〜あったあった、ラッキー窓際じゃん。
何となく窓際が嬉しい。
この気持ちがわかる人は多いんじゃないのかな?

席に着き、鞄の中から、"5,6冊"本をを出す…

その本は、表紙には可愛らしい少女が描かれている。
いわゆるライトノベル、通称ラノベだ。
はい。これが俺の趣味です。
モテる可能性はゼロに近いだろ?
まぁ、楽しいしから気にしてないし
さっきも言ったが、彼女を作りたいとも思わない。
そのうちの一冊を手に持ち読み始める。
うん、面白い!楽しい!
やっぱりラノベは良いもんだな〜
キャラクターも可愛いし!
と、黙々とラノベを読んでると教室のドアが開き、一人の少女が入ってきた。
黒くサラサラとした髪は胸の辺りまでのび、髪型はサイドテール。
目は少しつり目、少し寂しい胸を張り、堂々とした態度だったが、なぜか少し暗い雰囲気がある…
でも、まぁ多分男子からの人気は高いだろう。
二次元とかで言う、ツンデレ的な感じだからな。
見た目が。
まぁ、気にせずラノベ読もうっと。
ちょうど良いところだし!
という訳で、再び読み始めると、何やら視線を感じるんだが…
まぁ、気のせいかな?
それにしても、この作者ラノベ書くのうまいな〜
アニメ化も期待出来るだろう。

「ねぇ…」

いや〜アニメやるんだったら良い会社が作ってくれると嬉しいんだがな〜

「…ちょっと…」

このイラストもパナいな〜
この色使いがたまらないな〜

「…聞いてるの…?」

…う〜ん、さっきから声をかけられてるような気がするような…

"まぁ、いっか "

それより続き続…


「ねぇ、聞いてるのって言ってるでしょうが‼︎」


…う〜ん、できればスルーしたかったんだが…
スルーできないもんだな…
なるべく人とは話したく無いんだけど…
「聞こえてんだったら返事ぐらいしなさい‼︎」
まぁ、返事ぐらいはいいか…
「あいあい、聞こえてますよ…。
何かごようですか?」


「あんた、学校間違えてるんじゃないの?」


「どうやったら間違えるんだよ⁉︎」


思わず、ツッコミを入れてしまった。
学校はないだろう、学校は‼︎

「…。じゃあ、あんた、教室間違えてんじゃないの?」

ん?マジで?
取り敢えずもう一度確認してみるか…
(名簿を見る)…確かに自分の名前がある…。
うん、間違える訳ないわな。
もう一度席に着く。
ラノベを読む。
本当にこのラノb…


「結果ぐらい教えなさいよ!」


…いちいち声がデカイな……

「間違えてなかったぞ…」

「ハァ⁉︎、そんな訳ないでしょ!」

「ハァって言いたいのはこっちなんだが、一様聞いとくけど何でそう決めつけるんだよ…」

まぁ、だいたい理由はわかるんだけどね…


「そんな、気持ち悪い本を積み上げて、気持ち悪い本読んで気持ち悪い笑い方してる奴がこのエリート高校のエリートクラスにいる訳ないじゃない‼︎」


う〜ん、予想どおりだった。
ってか、3回も気持ち悪いって言うなよ…。
う〜ん、取り敢えず、仕返しついでに軽く挑発しとくか。


「は〜い、残念でした〜。リアルにここにいました〜(笑 (棒読み)」


棒読みで挑発すると余計うざく聞こえる…。
さてと、どんな反応をするかなと…。

「あんた、"退学"にするわよ?」

………………………………
……………………………………………は?

「いやちょと待て⁉︎挑発されたぐらいで退学にするなよ⁉︎ってか何様だよ⁉︎」

「何様って、私は、私よ」

「意味が分からん⁉︎」

「ハァ⁉︎私を知らないっていうの⁉︎」

「さっきの言葉とどうつながっているのかは知らんが、お前誰だよ‼︎」

と、そこでチャイムが鳴り響いた。
気づけば、同じクラスと思われる生徒がいつの間にか教室の中に。
そして、俺たちのことをチラチラと見ていた…
それに気づいた彼女は、顔がカーッと赤くなりスタスタと立ち去った。
チャイムナイス‼︎と思わず叫びたくなったが我慢する…
チャイムが鳴ったって事は始業式か…
ここの高校は、入学式と始業式を合同で行うから時間がかなりかかる。
面倒くさいな…
ここの校長の話…長いんだよなぁ…とてつもなく…
まぁ、彼奴が黙るきっかけが出来ただけよしとするか…

「あんた、今失礼な事考えてなかった?」

いつの間にか近くに戻って来た……
本当に五月蝿い…
ってか人のこころでも読めるのか…
できる訳ないけどな、"アレ"を使わない限りはな……

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く