悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア

ノベルバユーザー173744

周倉により連れてこられた獣を見て……

 伝説により産み出された武将、周倉しゅうそうが先触の後に訪れるのだが、頭の上に肩に、両腕に乗せた生き物に子龍しりゅうは唖然とする。

「そ、それは……」
「いえ、紫蘭しらん坊っちゃんの可愛がっている白虎びゃっこの子供なのですが、こちらのお嬢さんが家で飼いたいと……」
「白虎……四神ししんの……?」
「いえ、普通に人界のホワイトタイガーの子供で、最初はこのが可愛いとおっしゃられていたのですが、上の兄弟もついてくると……」

 額を押さえる。

「えと、息子たちは……」
「お嬢さんが『お兄様?飼って良い?』と言われると……」
「……帰りなさいと言えませんな。ですが、娘や妻に危害は……」
「まだ小さいので、甘噛みですが、今のうちにちゃんとしつけをしておくと良いと思います」
「困った……」

 子龍は呟く。
 妻の桃桃タオタオは興味津々に見つめている。

「奥方、抱かれますかな?一番大人しいのは、これです」

 抱かされるのはひょろっとした痩せぎみの子供の虎。
 ちょっと大きい猫位である。

「一番上のはくです。これを制御すれば、他の三匹は大丈夫です」
「伯……、先、季と言われたな?他の二頭は、ちゅうしゅくとか?」
「よくお分かりで。紫蘭さまが付けられたのです」
「ネーミングセンスが……」

 言葉を止める。
 悪いとは言わないようにする。
 犬猿之仲の関聖帝君かんせいていくんとやりあっても、余計な喧嘩は吹っ掛けないようにするのが子龍の鉄則である。
 恐る恐るだが抱いた桃桃は、綺麗な毛並みを撫でて、

「わぁ……艶々ですわ」
「伯はそれでも賢い子ですので大丈夫かと……」
「えと、だが……」
「多分、白竜殿もうまく行くかと。赤兎せきとも大丈夫でしたので……」

周倉は穏やかに笑う。
 髭もじゃの男だが愚直なまでに生真面目な、人が産み出した神仙である。

 が、すたたっと走ってきた白竜が、

「邸に入れるな。私が自由にできなくなる」
「白竜どのなら……」
「駄目なのは、主だ‼」
「は?」

振り返ると、引きぎみに立っている子龍。

「貴方?」
「す、済まない‼私は……生き物が苦手で……」

 真っ青な顔になると、そのまま崩れるように倒れる。

「貴方?貴方‼」
「見るな‼」

 白竜の声に、目の前には次第に収縮していく子龍は、ちまっと細長い生き物に変化する。

「貴方?キャァァ‼」
「あぁ……これで離婚だ」

 顔を背けた白竜の横で、

「龍ですわ‼えっ?爪爪、何本ですか?キャァァ‼龍‼触れるなんて‼夢ー‼」

白竜の背中に白虎の子供を乗せて、夫だった生物を抱き上げる。

「キャァァ‼たてがみフワフワ、鱗は固いのかと思っていたのに、フニフニ……角も小さい。まぁぁ‼ちっちゃい爪は……五本‼カメレオンとか、とかげさんみたいですわ」

 白竜が引く程、舞い上がっている桃桃である。

「旦那さまは大丈夫でしょうか?でも、だっこしていたいですわぁぁ」
「いや、一応、生まれがこれで、逆に犬に追いかけられて苦手なんだ。他の生き物にも怯えられ、逆襲を受けて……」
「生まれ?」
「子龍は、生粋の龍だ。ハーフではない……あ、一応、本人は知らなかったんだ‼別れるとか……」
「まぁぁ‼何でですか?こんなに可愛いのに……普段もとっても素敵でかっこいいですけど、この姿も可愛いですわ」
「普通、旦那が人間じゃないってショックじゃないのか?」

 ため息をつく馬に、桃桃は複雑に微笑む。

「人間の方が恐ろしいこともあるのです。それに、旦那さまは優しい方。龍であっても何も変わりませんわ……旦那さま?眠ったふりはしなくて大丈夫ですよ?」
「気がついて……」
「貴方が何でも、大丈夫です。でも、龍だったなんて何て素敵‼爪をもう一回‼」
「桃桃‼私はペットではなく……」

 ウニウニと逃げようともがくが、桃桃は、

「可愛いですわ‼どうしましょう‼」
「いやいや……、桃桃。主に一応威厳を持たせてやってくれ。主」

庇おうと近づく白竜の背中の虎を見て、小さい龍は慌てて嫁の首に巻き付き、

「嫌だぁぁ‼虎がぁぁ‼生き物……噛まれる‼追いかけられる‼遊ばれるぅぅ‼」
「……周倉……あぁぁ‼ちっこいの置き去りで逃げた‼うおぉぉ‼やめんぁぁぁ‼人の足に登るな‼背中に爪を立てるなぁぁ‼」
「貴方?大丈夫ですよ?ほーら、おちびちゃんいらっしゃいな?」
「ぎゃぁぁ‼」

子龍と白竜には阿鼻叫喚の場となったのだが、桃桃には動物好きの極致……龍をだっこできたという幸せに身もだえしていたのだった。

「悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く