悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア

ノベルバユーザー173744

不味い悪夢を食うのに疲れた獏(ばく)は、塩辛い哀しみを食うことにした。

 即、関平かんぺいは、父の関聖帝君かんせいていくんを通じて東王父とうおうふより、同年代を生きた神医しんい華佗かだが訪れる。

が、

「何じゃぁ、つまらん。ただ寝とるだけではないか」
「寝ている?記憶とかは?」
「ん?何ともないわ。ピンピンしとるな」
「ならば、何故‼」

子龍しりゅうは訴える。

「……あれは二つの魂がほぼ融合しておる」
「あれとは⁉」
「お主の嫁は、あれではないがあれでもある」
「意味が解らない‼」

 じれたように怒鳴る子龍に、華佗は後ろを振り向いた。

「お主、あの女人が幸せにならぬように、逃げる女人に、東王父様より借り受けた厄介なモノを憑けたな」

 姿を見せたのは関聖帝君と、その側近の周倉しゅうそうが捕らえてきた長身の男。
 小野篁おののたかむらである。

「知らぬ‼ばくなど憑けておらぬ」
「わしは獏とは言うとりはせんが……?」
「……‼……知らぬ‼」
「どう言うことだ‼」

 子龍は男の元に寄り、胸ぐらを掴んだ。
 三国時代でも長身の方の子龍よりも、篁は長身である。
 しかし、一応武芸に秀でていると言われていても、直に戦場に立つ子龍とは気迫も実力も段違いに違う。
 子龍は片腕でつり上げる。

「うっ…ぐぐっ……」
「……言え……言わねば殺す……」
「……や……やめっ……てくれ……」
「子龍、やめよ」

 関聖帝君に手を出されるが、

「黙れ‼貴様には聞いていない‼こやつに聞いているのだ‼何をした⁉私の妻に‼」
「あの女は……」
「妻をあの女呼ばわりするな‼」
「子龍どの」

怒り狂う子龍を、関聖帝君と孔明こうめいが引き剥がす。

「……篁どの?」

 首をかしげ微笑む。

「もしかして貴方は……転生を繰り返し、自分から逃げようとした子龍どのの奥方に、役目を果たさぬ獏を文字通りばくし、子龍どのの奥方に憑けたのではありませんか?」
「なっ……」
「そう言えば、400年程前に、役目に飽いたと言う獏がいたと聞いています。『悪夢は不味い』と言う獏に、自分の遊びの対象である桃子とうこどのの傍にいればいいと……言ったのですね?」
「……め、目印だった……」
「どういう意味だ‼」

 怒鳴り付けようとした子龍に、慌てて関聖帝君は押さえ込む。

「……私から、あれは逃げる。だから……解るように……」
「貴方のなさっていることは、嫌がられるでしょう。ストーカーですよ?犯罪者ですよ?その上に罪を重ねますか?彼女が地獄に落ちるような苦しみを何度も味わわせ、自分の元に堕ちてくるのを望んだのですか?それこそ、まさに地獄の所業ですね」
「あれは‼」
「自分のものだとか言いませんよね?貴方のもの?おかしいでしょう?桃子どのはものではない‼」

 孔明は言い放つ。

「どれ程、桃子どのをもてあそべば良いのです?彼女は一個人で、貴方だけのおもちゃじゃないんですよ⁉ガキが……桃子どのを馬鹿にするのをやめるが良い‼」
「わ、私にとって……」
「利用しやすい、たわむれの相手だったのですよね?これが、閻魔大王の腹心ですか、ちゃんちゃらおかしい」

 捕らえている、周倉に告げる。

「申し訳ありません、この方は私の妻の友人ですので、二度と会いに来ないで下さい。彼女が生まれ変わる度に苦しみに突き落とし、それを見ていた人間を私は好きになれませんし、彼女に会わせません‼」
「この男はどうなんだよ⁉」

 示された腹心に、孔明は、

「悔やみ、哀しむのも良いですが、もう少し柔軟さが欲しいですね。で、身勝手な男は帰って下さい。東王父様より、閻魔大王の元に連絡が参りますのでよろしくお願い致します」

慇懃無礼に追い払った後、

老師ラオシ。桃子さんは……」
「どこかに隠れておるが、早めに捕らえて引き離さないと、元は人間の女人の心が、獏に飲まれてしまう。元々自我の薄い存在。消えてしまうであろう」
「では‼」
「待て。獏は警戒心が強い。そう易々と捕まらぬ。それに現在女人に取り憑いておると言うことは、その哀しみを美味と思っていると言うこと……」

子龍は告げる。

「では、私が‼妻に会います‼」
「どうすればよいのでしょう?」
「……仕方がないのう……」

 首をすくめ、方法を説明するのだった。

「悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く