悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア

ノベルバユーザー173744

桃子は輪廻応報と思っていたようです。

 桃子とうこは、文字通り地獄の時を味わうようになったより昔を、ふと……思い出していた。



 通常、中国の思想では魂魄こんぱくのバランスがよい状態が生きており、死ぬと魂魄が別たれる。
 魂は左の云と言う漢字に当てはめられるように、雲のように漂い空に上る。
 逆に魄は左の白と言う言葉から白骨を指し、地に残る。
 魂の中に記憶されていたその時の記憶は通常全て消去されるのだが、わずかな記憶が残っているものらしい。



 先程、子龍しりゅうに花のようだと言われた時に、自分が昔、誰かにそう呼ばれていたと思ったのだ。

 そんなことはあり得ないのに……。



「貴方……お帰りなさいませ」
「ただいま。どうだ?無理はしていないか?」

 長身の夫を見上げ頬笑む。

「大丈夫ですわ。男の子だと良いのですが……貴方に似た凛々しい……」
「それは困る。この頑固者で、そなたに苦労ばかりかける不器用者に似ては、今のようになる……」

 夫は、哀しそうに唇を噛む。
 ただ一度の失態……しかし、それは主が夫に命じた一言の為に、周囲から責められ配置換えとなった。
 夫が悪い訳ではない。
 それなのに……。
 そっと手を取り、さほど膨らみもない腹部を当てる。

「大丈夫ですわ。貴方。私もこの子も信じております。貴方のお力を……ね?」
「ありがとう……」

 腕が伸びそっと抱き締める。

「そう言えば、参謀になられる逸材を、主は紹介されたらしい。けれど、あの二人が気が合うとは思えない。私がその方の手となり足となり、動くことになると思う」
「貴方はとても知識が深く、経験も才能もある方。参謀になられる方もきっと貴方を認めて下さるわ‼」
「そなたに言われると、そう信じてしまいそうだ」

 あはは……明るく笑う声に、

「まぁ、信じて下さいませんの?私は、そういう勘は外したことはありませんのよ?」
「そうだったそうだった」
「んもう。貴方はいつも笑うのだから……」
「そなたは、野ウサギの子のように、頬を膨らませているな」

笑顔と甘い甘い声。
 愛おしくて、ギュッと抱きついた。

「そなたや子供たちの為に職務を全うしよう」

 耳元で声がする。

「子供たちが大きくなった頃には平穏な時が来る……その頃には、二人でのんびりと過ごそうか」
「えぇ、そうね。一緒にいましょうね」



 その約束は果たされることはなかった。

 参謀が来てから、参謀の手足となり、動くようになって忙しくなったのだ。
 その参謀が去った後、新しい参謀が来てからも……。
 もう一人息子が生まれても、夫は忙しく帰ってくる時刻は遅く、出ていく時間は早かった。

「済まないな……」
「いいえ。大丈夫ですわ。子供たちも解っています」

 昼間、上の子は、父親が普段家にいないことをからかわれたと泣いていた。

「お父様は、私たちの為に頑張られているのよ。だから、貴方を嫌いではないのよ。お仕事が大変なの。お父様も、貴方のように会いたいと思っているわ」
「ホント?お母様」
「えぇ、本当よ」

 抱き締め頭を撫でた。
 子供たちも……私も、本当は寂しかった……けれど、それを言うと、夫を苦しめてしまう。
 それが辛かった。



 何とか微笑みを浮かべ、

「お怪我やお体だけは……ご無理はなさらないで下さいませ」
「……そなたには、本当に辛い思いをさせている。もう少し我慢してくれ……」
「大丈夫ですわ。貴方。貴方のことだけが心配……」



 ふっと、桃子の瞳が開いた。
 ぼんやりと視線をさ迷わせる。

「桃子?」

 子龍の問いかけに、微笑んだ桃子は、

「あぁ、良かった……ご無理はなさらないで下さいませ。貴方のことだけが心配です……」

そう告げると、目を閉ざした。

 子龍は愕然とする。

「いや、そ、そんなことはあり得ない……で、でも……」
「どうされましたか?」

 孔明こうめいは問い掛ける。
 いつになく動揺している長年の友人の存在に……。

 子龍は何度も躊躇い、目を閉ざし、告げる。

「彼女は……私の妻の、生まれ代わりのようです……私は、償わねば……なりません」

「悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く