悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア

ノベルバユーザー173744

彼女は猛烈に憧れていた人に会い……。

「髭‼」
「五月蠅い‼ジジイ‼」
「死んだ年は上だがのう……それほど、変わらんかったと思うんだがのう?」

 くくくっと楽しげな声に、

「五月蠅いわ‼ジジイ‼」
「同じことしか言えんようになったら、老化の始まりぞ?大丈夫か?髭‼」
趙雲ちょううん‼黙れ‼」

五月蝿いなぁ……と思っていた真侑良まゆら改め桃子とうことなった怪我人が、その名前にくわっと目を見開く。



『趙雲』と言えばあの、趙雲‼
 桃子の愛しの究極の恋愛対象ではないか……ゲームなどの。
 それが目の前のいるのか?
 声優でも、キャラでも……いや、本物が見られるだけでいい‼

 人見知り、人間恐怖症が、『趙雲‼』に勝った‼

「趙雲さまぁぁぁ‼」

 ガバッっと身を起こした桃子に7人がぎょっとするが、すぐに、目の前に見えた髭親父に、号泣する。

「うわぁぁん……髭親父、嫌だぁぁ……わぁぁん、ずっと夢にまで見た趙雲さまにお会いしたかったのにぃぃ。赤顔、髭親父……趙雲さまがこんなのだったら嫌だよぉぉ……」

 泣き出した桃子に、慌てて、

「桃子どの‼これはうちの父です‼趙雲将軍ではありませんよ⁉大丈夫です‼趙雲将軍は美形です‼」
「何を抜かすかー!息子が‼わしの血を引いとると言うのに、失礼な‼」
「うるさいのぉ……桃子どのだったかの?お体は如何かの?」

関聖帝君かんせいていくんの体が蹴り飛ばされ、姿を見せたのは、25歳余りか、桃子が今まで見た美形を優に越えた美貌の主。
 艶やかな黒髪、整った顔立ちに、少したれ目の黒目の大きな青年を、ぼぉぉっと見つめ、次の瞬間、

「もう、これで消滅してもいい……うぇぇぇ……趙雲さまに会えたぁぁ……」

ビエビエと泣きじゃくり始める。

「いや、桃子どの?消滅してはなりませんぞ?私は、貴女と友達になりたいのだが……駄目だろうか?」
「と、友達に……‼」
「貴方はとても賢く、学問もお詳しいと伺っておりますのでな?孔明こうめいどのも……」
「趙雲さまがいいです‼」
「ガーン‼嫌われている、初対面で……」

 孔明の声に、涙声で、

「一応末端でもお伺いしております……孔明どのは奥方とご令嬢である仙女がおいでと伺っておりますので、変な噂がたって、お二方を悲しませたくはないのです……それに、趙雲さまにお会いしたかったのですぅ……また地獄に落とされてもいいですぅ……」

泣きじゃくる桃子の一言に、冗談の影もないと悟った周囲は蒼白になる。
 諸葛孔明しょかつこうめいは、

子龍しりゅうどの‼しばらく、この方についてあげて下さい‼桃子どのでしたね?子龍どのと元気になるまでお話など如何です?」
「いえ、もう、お会いできただけで……」
「それは残念です。桃子どのと私は友人で、これで会えぬなど……」

美貌の主が眉をひそめ、悲しげな顔をする。

「桃子どの……友として、元気になるまで会いに来ても宜しいですかな?」
「で、でも、趙雲さまにご迷惑になってしまっては……恋人の方がおられたら悲しまれますよ?と言う程綺麗でもないので、思われませんが……外見の年もおばさんですし」

 えへへ……

と笑う桃子に、子龍は、

「は?ご自分の外見の年はお分かりになられぬのか?貴方は今、だいたい15歳位ですが?」
「えっ?嘘?」
「本当ですよ」

水盤を示し自分の顔を見た桃子は、

「えぇぇ?趙雲さまを見たら……自分が平凡で……良かったです‼」
「平凡……」

泣き顔ではあるが、大きなたれ目の少女である。
 美貌とは違う、幼い印象の顔立ちに髪は長い。
 身長くらいは伸ばしているだろうか、しかし、真っ黒ではなく、濃い茶色である。
 可愛らしい……と言うだろう。

「えっと、これだけ伸ばしたのは昔ですね。やっぱり重いです。切っちゃいましょう。すみません。スッパーンと、肩まで誰か切っちゃって下さい‼」

 その言葉にぎょっとする。

「と、桃子どの‼肩までスッパーンと⁉それほど美しい髪は早々知らぬ。もったいないではないかな?」
「趙雲さまに誉めて頂けた‼髪‼どうしよう‼気を失いそうな位嬉しい……」
「いや、気絶されておるではないか‼」

 きゅぅぅ……ぽてっと、寝台に横たわる……舞い上がり気絶する桃子に、さすがの子龍も絶句する。

「ジジイ。頼んだ。この奇っ怪な生き物を調教せい」
「うるさいのぉ。髭親父。お前自身が調教されろ‼まずは……関平かんぺいどの」

 ニッコリと笑い、呼び寄せる。
 先からおろおろとしていた少年である。

「桃子どのとわしは友人同士。でも、二人でおれば桃子どのが不安がると思うのだが、時々私や、黄夫人方とお話の際には共にいて貰えぬか?」
「は、はい‼」
「では、桃子どの……」

 呼び掛けられ目を開けた桃子は、子龍を見て、

「うわーん……夢じゃなかったぁぁ……趙雲さま‼赤いおじさんより、趙雲さまのお顔を見ていたいですぅぅ‼」

と泣きじゃくるのを見て、関平は、

「趙雲どのオタクってこんなに変な人が多いんだ……恐ろしい。地獄に落ちてもいいって言ってた……」

と改めて思ったのだった。

「悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く