悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア

ノベルバユーザー173744

牛車……都と違う景色……

 為時ためとき惟規これのりに後を託し、出立する。
 牛車ぎっしゃには、為時と桃子とうこは共に乗った。

 牛車の数を減らすことで、費用を減らすことができる。
 そして桃子を守ることが出来る。
 目を離さない……そして、その間に桃子の好きな漢詩を教えていくのである。



 外もあまり見せないようにしていた。
 晴明せいめいは言っていた。
 かなりの能力者だと……自分には力はないと思うが、父として、妻の忘れ形見の、この娘を失いたくはなかった。



「……それにしても、越後は上国じょうこく。それなのに税が少ないというのが解せない……」

 ふと呟く。



 出立前に、情報を得て、どのような政務を行うかを考えようとしていたのだ。
 上国、中国ちゅうこく下国げこくと言うのは、当時のその国の裕福さのランクである。
 ちなみに伊予も上国であり、伊予はイワシを始めとする魚介類を都に納めた。
 越後も上国なのだが、食物……海の幸山の幸等や田畑を耕して収穫して税として差し出す状況が、かなり、自分の前任者の時代に悪化していたのだ。



「もしかしたら、前任者の方は、高い税をかけて取り上げたもののそのほとんどを懐にいれたのですわ。確か、道長みちながさまの甥に当たる伊周これちかさまは、どこから得たのか日々ランチキ騒ぎを起こしていると噂ですし。私はそういう方は好きではありません」

 きっぱりと言い切る少女の幼さの中の強い意思……潔癖さに、微笑む。

「私は伊周どのにどうこうは言えないけれど、国の様子を見て、国を肥やす、その方策を考えようと思う。桃子も手伝ってくれるかな?」
「はい‼お父様。私は頑張りますわ‼」

 瞳をキラキラさせる娘に、本当は娘らしいことを一つ教えることもできなかった為時は残念に思う。
 好奇心は旺盛な為、管絃はそれなりにこなしたが、身なりに気を使うことなど……。



「そなたは、お母さんに似ているというのに、すまぬな……飾りの一つ与えてやれなかった……」
「いいえ、私は、お父様に勉強を教えて頂けるだけで十分でございます」
「そなたも、倫子のりこさまの元で学ぶ間、色々と言われたのではないか?」
「いいえ。何も」

 桃子は首を振る。

「財宝よりも、私はお父様に勉強を教えて頂けるだけで幸せです。それに、お兄様とお話をするのも……本当に私が男であったら、お父様とお兄様の手助けができるかもしれません。その事が残念でございます」
「桃子が息子なら、私はお母さんの思い出のよすがを思い出せなくなってしまう……娘で良かった……」

 為時は子煩悩である。
 何かと口うるさくなってしまう息子のことも本当は自慢に思っていて、宮中では、親馬鹿で知られている。
 娘を抱き締め頭を撫でると、

「少し疲れただろう?旅は長い。体に悪い。無理はしてはならない、良いね?」
「はい、お父様。到着してから、あちらを見るのが楽しみですわ」
「越後は寒いそうだ。雪も多く、海は波が荒いとか……」
「海?湖……琵琶の湖のことですか?」

桃子の言葉に微笑む。

「琵琶のうみは、普通の水だけれど、越後の海は塩水だよ」
「塩水……」

 ポカーンとする娘に微笑み、

「楽しみにしていなさい。でも、大人しくね」

と釘を指したのだった。

「悪夢を食べるのは獏、命を狩るのがヴァルキュリア」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く