話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

最強の劣等生

mizuki

プロローグ

現在の時刻は7時。現在は春なので、太陽はしっかりと昇っている。
そののどかな光が、集合住宅の一角にある窓に差し込む。

「ふぁ~あ」

その部屋の主が光を浴びて目を覚ます。
眠そうに目をこすりながら、体を起こす。

「もう朝か。今日はアレがあるからな~」

アレとは何か。春という季節からわかるように、学校の入学式である。
この世界の名は、アルデガンド。そして今日はアース学園の入学式である。


_______________________________________________________________________________
「とりあえず朝飯だな」

そういって男は部屋を出て、リビングに向かう。
朝食を作るのが面倒だと思った男は、冷蔵庫の中を確認する。

「なんかねぇかな~。・・・お、いいもんあった」

そういって男はパンを取り出し、短い時間で朝食を終え、学校へ行く準備を始めた。
とはいえ、荷物はもう用意しているためにやることといえば身だしなみを整えることぐらいだ。

男は、冷たい水を桶にため、顔を洗ったり、歯を磨いたりしから制服に着替えた。

「んじゃ、学校に行くか」

そういって男は家を出た。







「最強の劣等生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 志麻リス

    スッゴク面白そうですね!
    続き待ってます‼

    0
コメントを書く