日常日記

ノベルバユーザー173744

最近連続の内臓ネタの最終の敵!

「えぇぇ!」

刹那は悲鳴をあげた。
サラダが食べられないではないかぁぁ!

今回試したのは、ニンジンとごぼう、レンコンとコンニャクを入れ、ゴマと練りゴマとマヨネーズ醤油で味をつけたごぼうサラダである。

普通、体に食物繊維を多く取り、お腹を綺麗にと言われるのが普通だが、繊維の多いものは消化に悪く、私のお腹には良くない。
でも食べたい……と調子が良くなった時を見計らい、ちょっと食べた。
すると即である。

やっぱりごぼうか、レンコンもそうだな……。
吐かなかっただけはましだが、元々さほどシンプルというか肉食系ではないのだが、野菜系が食べたい。
鳥の唐揚げや千斬切せんざんき、竜田揚げは好物だが、若い頃は毎日の昼食と夕食はおにぎりとキャベツの千切りを冷水でしめて山盛りにして、花かつおをかけてレモンを絞って食べるのが習慣だったのだが……。

「うー。今回は前よりもひどかった……」

涙目になる。

最近、何が食べられるか駄目かをきちんと自分の体に理解できるように食べてみることにしているが、ここまで食べられる範囲が狭まると、ここまで食べられないのか!というショックと、現代の食は、どれだけ食べられるものの多さと、香辛料が増えているのか……江戸時代や歴史物を勉強している時にその食を勉強しているものの、最近の食べるものと違っているなぁ……まずは自分の食を見直そうと思ったのだった。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く