日常日記

ノベルバユーザー173744

餃子を作るぞ

今日は、病院の近所のスーパーにいくと、餃子の具が100g50円だった。
昔中国の友人に教わって水餃子をつくったので、気軽に餃子の皮を買い、400g買い、作ることにした。

具も出来ているし昔作ったしと気軽に手にしたのだが、難しかった……。
まずは皮が薄くすぐに破れる。
それに、手でこねた水餃子の皮のように伸びないため、中にあまり入れられない。
入れると閉じ口が閉じられない。

うむむ……

30枚一袋を買ったが、具が余る……。
もう一袋買うと、皮が余る……。
悩んだが、30個にして、残った具は、つみれのようにして、乾燥した海藻ともやしと共にスープを作り、餃子は冷凍庫に放り込んだ。

最近作っていなかったので、ものすごく疲れた上に、小さい一口サイズの、餃子つみれ(?)を6個入れるとお腹に負担になる。
薄味でほとんど塩と醤油しか足していないというのに、久しぶりのコテコテ料理に涙目になった。
料理をするのは好きな方だが、身体がついていかない。
作るのも食べるのもかなり疲れる。
自分自身の体力の無さが情けない。

ちなみに、餃子は明日妹の家で、お酒は飲まないが、餃子パーティと言うか晩御飯を一緒に食べようと作ったものである。美味しいと良いなぁと思いつつ、つみれ入りスープにウップと吐きそうになりながら、明日の餃子は大丈夫かとお腹を撫でたのだった。
昔よりペタンとなったお腹がちょっと嬉しかったりする。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く