日常日記

ノベルバユーザー173744

妹とネットフリマ

妹が突然、バイブルが欲しいと言い出した。
バイブルとは、聖書ではなく、妹の昔はまっていた小説である。
戦国時代……特に上杉謙信様や直江景綱さんは知っていたが、私にも新しい世界を教えてくれた本である。

しかし、もう、かなり古く、売ってないと思われる。
その為、Ama○onなどで全巻売っていないかとチェックするが、一冊ずつで、送料を考えると諦める。
で、ネットフリマで探したのだが、全40冊、状態は不明、抜けが二冊あり、ついでに着払いで7500円とあり、止めた。

「姉ちゃん……読めんと思うと欲しいんだけど……」
「Kindleで購入できるよ?」
「嫌だぁぁ。本は、読むものだもん!」
「じゃぁ、買って、全巻揃えて、一気に売るんじゃないわ。特にお気に入りの本は今のように後悔することになるやんか」
「だってぇぇ……」

言いながら必死にネットフリマをチェックしている。
私がネットフリマに入っているからそこで買うと言っていたのだが、

「ねぇねぇ。ねぇちゃん。私もする」
「ハァ?」
「友達紹介してや。ポイントが貰えるよ」

妹に言われ紹介のキーワードを教えると、妹がもう使わないという歩数計を出品した。
もう、かなり昔のポケモンの歩数計である。
すると、出品して30分で売れた。

写真を撮ったり、出品商品の説明は私がしていたのだが、私は売れず、妹が売れた……かなりショックである。
しかし、出品して早々、ごり押しをして、値下げを要求する人がいて、妹が困っていた。
こちら側は古いとはいえ大切に包装し、電池のチェックもして、説明書がない代わりに使用方法も書き込んでいたのだが、三分の一値下げしてくれ。そうしたら即買ってあげる。
とあり、

「姉ちゃん……値下げしたほうがいい?」
「あほ。一週間売れなかったら値下げやけど、出品してすぐやん。送料込みで1000円まで下げてるのに、これ以上下げろって要求するのに従ったらいかん。一応、送料がかかるからこれくらいならって書いこうみ?」

妹は素直に書くと、即返答で、

「やっぱり、もうちょっと下げてくれだって……」
「無視しとき。ごり押しされて売ったら、また来るよ」
「うん……」

と話していたら、困惑したように、

「姉ちゃん……これ、何?」
「は?あれ、売れとるやん。しかもごり押ししてた人やないわ。こっちに購入希望申請しない方法を選んどいたけん、こっちの希望の値段で売れとるわ。よかったね」
「うわぁぁ!急いで発送せないかん!」

と慌てて準備をしていた。
ネットフリマ初心者頑張れ!と思ったのだった。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く