日常日記

ノベルバユーザー173744

最近のネタ

妹とやり取りをする。
昔から姉妹で年子なだけに、阿吽の呼吸である。
喧嘩はするが、あまりひどい結果になることはない。
同性のお陰だろうか。
同じく年子の兄は全く解らなかった。

オタク姉妹のネタはやっぱりゲームか小説の話で、刹那は、現在しているゲームの話をする。
2つしているゲームだが、その内1つをやめて、戦国時代をモチーフにしたゲームをしようか……でもそうすると、もう1つのやり込んでいるゲームがおろそかになりそうだと愚痴る。

「だからさぁ?ヒナしない?上杉謙信様とか出てるよ?」
「うーん……うちしたいのがあるんよね〜」
「えっ?前にできんなったあれかね。ピッカー!の」
「うん。もう一回しようかなぁ〜って」
「チャレンジャーやなぁ……」

一回辞めたゲームはもう一回繰り返さない。
面倒だからである。

「でも、外に出て動き回るんやろ?私は一回やったけんなぁ……」

それに、歩いているとぶつかるのだけは嫌だ。
タブレットも容量をとられるし……。

「最近、姉ちゃん、食べれよる?」
「うーん、昨日食べたら、お腹壊した……」
「……どんだけ弱いねん。姉ちゃんの胃腸は」
「お分かりの通り……それにね?布団に横になると、腰痛が悪化する……」
「あぁ……あれだね。私もだよ」

お互いため息をつく。

「でもさぁ〜ねーちゃん、ちゃんと病院行きなよ」
「うーん……明日起きれたら。寝込んでたから行けなくて、怒られるよなぁって……嫌だなぁ……」
「行けなかったんだって言いなよ」
「うーん……そうする」
「じゃぁね〜。あー話した〜。電話切る〜」

電話は切れる。
さすがに、妹はマイペースである。
明日は病院に行って怒られようと思ったのだった。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く