日常日記

ノベルバユーザー173744

首のストレッチを侮っていた……

日曜日の朝市の後、ひどい肩こりと、頭痛に苛まれていた。
昔から肩こりと、頭痛はあった。
小学生からである。
視力は中学までは1.2は最低あったが、二年生に急に視力が下がり、一年で0.05まで落ちた。
コンタクトレンズは友人がしていたが、時々、

「コンタクト落としちゃった!探して!」

とか、

「コンタクトずれちゃったよ〜」

ボロボロ泣きながら鏡のあるお手洗いなどに駆け込むのを見ていたので、怖くて出来ない。
と言うよりも、ずぼらで、面倒臭がりなので、ひどい時には眼鏡をかけたまま熟睡する読書好きのため、コンタクトを忘れて寝る自信があり、諦めたのである。

兎も角、元々の体質で肩こりと頭痛もちだったのだが、7年前……一月に、首が痛くなり、ついでに、左手の薬指と小指が麻痺した。
そして、つるようになった。
左手の甲に、手のひらも痺れる。
酷くなると包丁で何か切ろうとすると、手の抑えが効かない。

病院に駆け込むと、即、

「ストレートネックです。それに、骨がねじれて神経を圧迫し、左手が痺れているのでしょう。電気治療とストレッチを続けてください」

と言われた。
精神的にも肉体的にもストレスがかかるので、気をつけていたのだが、現状維持が続き、そしてこの度、月曜日に、右手の薬指と小指も痺れるようになった。

「……神経圧迫だね」
「そうですね。気をつけてたのになぁ……」
「とか言いながら、小説をネットに投稿したり、ネットで調べ物をしたり、読書したり、姿勢をよくしなさい。ついでに腰痛も悪化してるんでしょう?」
「なんでバレたんです?言ってなかったのに!」
「片足を引きずってる」

私の足は、左右の長さが違う。
その為、坐骨神経痛になり腰にくるのである。
それに、不眠症のため睡眠導入剤を服用する人は寝返りを打てない。
その為、仰向けで寝ると、腰に負担がかかり、腰痛になるのだ。
腰を悪くすると体が歪み、頭痛、肩こり、膝や足首にまで痛みが伝播する。
体全体をカイロプラクティクスなどで整えてもらい、定期的に通うとこう言った痛みもなくなっていくのだが、いかんせん、カイロプラクティクスは最初は体を整えてもらっても、元に戻ろうとする為最低でも二週間に一回は約半年続けて通う必要がある。
だいぶん落ち着いてきたら、月に一回になるのだ。
通ったことはあるが、痛くないが、かなり驚く。

ゴキっ!
バキバキ!

痛くないのに音が響くのだ。

「お客さんは右と左の足の長さが違うのは、ここが悪いから、ここをこうやって……」
「で、首のここがずれてるから、車に酔いやすい」

ゴリッ

首ふり人形のように、首が動き、痛くはないが見る見る首や肩が軽くなる。



思い出すと、自分の体は柔らかい方だが、首が左右に曲がらなかったり、横に曲げると肩とつながる筋が痛がって悲鳴を上げる。

「やっぱりマッサージしかないか……頭痛がするよ〜」

最近の暑さに茹だったタコのようにでれーんとなるのだった。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く