日常日記

ノベルバユーザー173744

ねえ教えてくれない?

傷ついて、悲しくて泣くくらいなら、もう誰も好きにならない。

こんなに辛い思いをして涙を流すなら、もう誰も好きにならない。

僕の心なんて壊れれば良い。
すでに月のように欠けているバラバラな心など、砂のように崩れて宇宙の風に舞って、天の川になってしまおう。
醜い僕の心でも天の川になったら、誰かは綺麗だと言ってくれるだろう。

ねぇ?君はそんなに僕が憎いのかな?

何で?理由を教えてよ?

君が僕のどこが嫌なのか、理由を。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く