日常日記

ノベルバユーザー173744

ほぉ……こんなものが来ちゃったよ。

今日の15時頃、携帯のバイブレーションがポケットを揺らした。
基本音楽は大好きだが、パニック障害と言う病のために好きな曲を入れているのにバイブレーションにしている。
今の携帯は自動電源オンオフがあるため使っている。
不眠症が悪化しているので、夜中に電話は勘弁と、ガラケーで古い型でも良いので、自動電源オンオフがあるものを選んだのだ。
前の携帯は、自動電源オンオフはついていなかったので、かなり追い詰められた……。

兎も角、今回の音に、友人だろうかと携帯を開けた。
すると、

『INFO』

『問題を検出しました』

と書かれていた。

「はぁ?何だろう、これ?」

と、一応確認したかったこともあり、クリックすると、

『注意!
電話番号やURLの記述があります。
送信元に心当たりが無い場合はご注意ください。』

とあり、クリックすると、

『有料動画(※期限付き無料動画を含む)未納料金が発生しております。本日連絡なき場合法的手続きに移行しますアマゾン相談係03-6260-9580』

(原文このまま)

と書かれていた為、噴き出した。

「ハハッ!笑える~!」

どう見ても、詐欺。
ちなみに、家族が被害を受けたので、解っている上に、

「携帯で有料サイト観ることはないよなぁ……ついでに、タブレットを操作して、小説を書いたり、ゲームしたりするのに、暇はない!ついでに、有料サイト見るなら、ネットフリマに出品されとるテディベアちゃんを見るわ~ボケェ!」

と言いながら、文章を記し、即警察に通報。

「すみません~。こんなメールが来たんですけど」
『あぁ、担当に代わりますね』

と代わってもらい、一応説明しておく。

『あぁ、ありそうな会社名だね~掛けてないよね?』
「いえ、かける代わりに、ネットで電話番号調べたら、詐欺の番号でしたって書かれてました。それに有料サイト見ませんもん」
『あはは、はっきり言うなぁ』

と担当の警察官さんに笑われ、一応何かあったときにと連絡先を聞いておいた。
で、

「よろしくお願いいたします」

と電話を切ると、知り合いが、

「どうしたの?電話どこに?」
「えっ?あぁ、警察にです」
「えぇぇぇ~?何か?」
「架空請求でそのあと振り込め詐欺ですね。メールが来ました」

携帯を見せる。
絶句され、

「貴方、見るわけ無いし、笑えるわ……」
「そうですよね。一応警察に伝えといたのです。対処はやっぱり無視。電話番号変更はお金かかるし、メルアド変更しても大変なので、そのままにして、お笑いの記念に残しておこうと思います」

笑うと、

「あら、貴方も、図太いわねぇ」
「いやぁ、騙された馬鹿知ってるんで。あはは!」
「こんなのに騙されるなんて、解るでしょうに」
「ですよね~?」

と二人で頷いた。


本当にあります。
騙されないようにご注意ください。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く