日常日記

ノベルバユーザー173744

ショックに打ちのめされている。

月曜日に病院に行った。

最近流行している風邪のこともあるし、自分の体が普通の人以上に弱っていることは理解していたが、胃がうずく為に気になっていたのだ。

元々胃腸が弱いのは理解していた。
いや、すぐにストレスにやられ、キリキリと痛みだしのたうち回る。
中学校の時の教室にいるときや、大学受験の勉強中などいられないと保健室に行き、ベッドで休むか湯タンポをかり、お腹を暖めつつ教室に戻って授業を受けていた。

胃腸の薬を飲んでいるので大丈夫だろうと思っていたのだが、最近胃腸が痛み出すことが多く、相談したのだ。
すると、意外な事を言われた。

「刹那さん。刺激物が内臓の粘膜を荒らすので、口にいれないでください。前にも言ったと思いますが、悪化しています」
「えっ?刺激物って唐辛子とかですか?」
「えぇ、辛子も、ミョウガも山椒、わさびも当然駄目です」
「ミョウガも山椒も苦手なので口にしてませんが……最近は生姜湯……」
「駄目です。お酒も、胡椒も、マスタードも胃腸を荒らすので口にしないでください」

ガーン‼

目の前が真っ白になった。
自分の体がそこまで弱っているとは思わなかったのだ。
特に今の時期、生姜湯は体を暖めるのに普段から口にしていた。
それもダメなのか……。

余りにも悲愴な顔をしていたのか、先生に、

「これ以上悪化すると、胃腸炎が進行します。ご自分の事だから解っていると思っているかと思いますが、貴方の体は、内臓は弱いし、ストレスで悪化しやすく、現在は薬で悪化を抑えている状態なので、口にするとますますボロボロになりますよ」

その言葉に、素直に、

「解りました……頑張ります」

と、薬をもらって帰ったのだが、本当に落ち込んだ……。

わさびは、大好物のお刺身にちょっとつけるだけでも駄目……。
山椒や、シナモン、ミョウガにマスタードは苦手なので口にしないが、生姜が口にできないのが厳しい……。
それよりも、ミント系は‼ついでにカフェインはどうなんだ……‼
お茶に、コーヒーにタブレットに……刹那は自他ともに認めるカフェイン中毒なのだ‼

「……駄目だよなぁ……」

がっかりしながら帰っていった。



三日経ったが、お世話になっていた生姜は止めたが、お茶は止められなかった。
代わりに緑茶やプーアール茶はやめて、焙じ茶に変えてみた
でも、

「……丈夫になりたい……」

またキリキリと痛みだした胃腸を押さえながら呟いたのだった。
ちなみに……現在、胃腸がうずくので、ご飯が口にできない……。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く